用語集
  • 廃用症候群(ハイヨウショコウグン)
  • 生活不活発病とも呼ばれ、「廃用」とは身体機能を活用しない、使わなくなったことを示す。 身体機能の衰えは、皮フ、関節、筋肉、呼吸器、尿路、消化器など多くの部位に生じる。また身体的にだけでなく、精神的にも起こってくる。 特に高齢者では、数週間の経過の後、気がついた時には起床ができない、歩行ができないなどの状況になることも少なくない。活動性の低下の悪循環をきたすとさらに身体機能に影響し、寝たきりになってしまうこともある。

一覧へ

転職支援サービス 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医の医師の方が転職をする際に役立つ「お役立ち用語集」をまとめました。
「廃用症候群」の用語の意味を掲載しています。
その他にも臨床の現場で使う用語、転職時に役立つ用語をまとめております。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
皮膚科専門医(女性・40代) 皮膚科専門医(女性・40代)
転職先の病院内だけでなく、周辺地域からの皮膚科...
麻酔科専門医 男性(40代) 麻酔科専門医 男性(40代)
外科の先生方とも打ち解けて、充実した日々を過ご...
消化器科 男性 31歳 消化器科 男性 31歳
常勤医師は全員当直免除の体制で、内視鏡の症例数...
内科専門医 女性 35歳 内科専門医 女性 35歳
患者一人一人に時間をかけて診察するスタイルは、...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

ページトップへ