専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 涙で発電し血糖値を推定 コンタクトレンズ試作

学会ニュース

涙で発電し血糖値を推定 コンタクトレンズ試作

[2024.7.8]

 涙に含まれる糖分を使って発電し血糖値を推定する超小型装置を開発したと、京都大の研究チームが発表した。この装置を組み込んだコンタクトレンズを試作し、6月に米国で開かれた国際会議で紹介した。糖尿病患者の血糖値管理に役立つ可能性があり、今後、動物実験で安全性を確かめるという。

 

 京大の 新津葵一にいつきいち 教授(半導体設計)らは、涙に含まれる糖分量が血糖値の変化と連動している点に着目。

糖分が酸素と反応して発電する素子と、糖分量に左右される発電量の変化を記録する集積回路を備えた装置を考案した。

 発電量はごく少なく、1兆分の1ワット以下になることもあるため、回路の一部を自動的に「スリープ状態」にする技術で節電し、安定的に作動するようにした。

 装置の厚さは0・4ミリ以下。ハードコンタクトレンズの外縁部に組み込むと視野の邪魔にならず、通常のレンズと同等のつけ心地が見込めるという。記録された糖分量のデータはレンズをケースに戻した際に読み取る仕組みだ。

 

 現在、糖尿病患者は腕などに針を刺す測定器で血糖値を管理している。新津教授は「涙の糖分から血糖値の変化を把握し、低血糖に陥る前に光で知らせたり、糖分量の日々の推移を把握したりできるようになれば」と話す。

 


新着学会ニュース
日本産科婦人科学会からのお知らせ「遺伝性疾患を対象とした着床前遺伝学的検査(PGT-M)に関するご提案」に関して

[2024.7.18]

全文見る

日本産科婦人科学会からのお知らせ「遺伝性疾患を対象とした着床前遺伝学的検査(PGT-M)に関するご提案」に関して

日本産科婦人科学会が「遺伝性疾患を対象とした着床前遺伝学的検査(PGT-M)に関するご提案」に関して発表した。    日本産科婦人科学会(以下本会)では、遺伝性…

手足口病、38都府県「警報レベル」超え

[2024.7.17]

全文見る

手足口病、38都府県「警報レベル」超え

 乳幼児を中心に流行拡大が続く手足口病で、定点医療機関当たりの報告数が5.0を超え「警報レベル」に達したのは38都府県に上った。 これまで東北・北海道地方で「警報レ…

日本内科学会からのお知らせ「令和7年度 内科専門研修プログラム一次審査結果の公開」に関して

[2024.7.10]

全文見る

日本内科学会からのお知らせ「令和7年度 内科専門研修プログラム一次審査結果の公開」に関して

日本内科学会が「令和7年度 内科専門研修プログラム一次審査結果の公開」に関して発表した。   日本内科学会では内科専門医制度のプログラム一次審査を行いました…

8都道府県の熱中症搬送者数予測サイトを公開

[2024.7.10]

全文見る

8都道府県の熱中症搬送者数予測サイトを公開

9日、名古屋工業大のチームは東京や大阪、福岡など8都道府県の1週間先までの熱中症搬送者数予測値などが分かるウェブサイトの公開を始めたと発表した。 搬送者急増による…

日本循環器学会からのお知らせ「【8月17日(土)】健康ハートセミナー2024「健康ハートは“栄養と養生(療養)”」(健康ハートの日)」に関して

[2024.7.4]

全文見る

日本循環器学会からのお知らせ「【8月17日(土)】健康ハートセミナー2024「健康ハートは“栄養と養生(療養)”」(健康ハートの日)」に関して

日本循環器学会が「【8月17日(土)】健康ハートセミナー2024「健康ハートは“栄養と養生(療養)”」(健康ハートの日)」に関して発表した。   8月10日は…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「涙で発電し血糖値を推定 コンタクトレンズ試作」(2024年7月8日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
形成外科専門医 女性(37歳) 形成外科専門医 女性(37歳)
よく見られる美容クリニックとは異なり、スタッフ...
呼吸器専門医 男性(58歳) 呼吸器専門医 男性(58歳)
診療部長としてまだまだやることはありますが、業...
内科 女性 36歳 内科 女性 36歳
コンサルタントの方が事前に勤務条件について医療...
循環器科専門医 男性(39歳) 循環器科専門医 男性(39歳)
これまでは先ず勤務があり、その合間に家庭と自分...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook 医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

ページトップへ