専門医資格取得方法

耳鼻咽喉科専門医

一般社団法人日本耳鼻咽喉科学会

概要耳鼻咽喉科・頭頸部外科の専門領域における医療、福祉に関する問題について、社会のニーズに応えて医の倫理にもとづき、専門医としての診療を適切に実施するとともに、学校保健や公衆衛生に関する問題に対処する基本的な能力を養うことを目的とする。
具体的には、外来診療、入院診療、検査、処置、手術、リハビリテーション、ハビリテーション別に到達目標が定められている。
資格1)日本国の医師免許を有する者。
2)連続して3年以上、日本耳鼻咽喉科学会の正会員である者。
3)日本耳鼻咽喉科学会が基準に基づいて認可した耳鼻咽喉科専門医研修施設において、研修カリキュラムに従い臨床研修終了後4年以上の専門領域研修(そのうち3年以上は耳鼻咽喉科専門医研修施設における研修でなければならない。)を修了した者。
必要書類1) 専門医認定申請書
2) 履歴書
3) 申請書類受領通知はがき(必ず送付先を表記のこと)
4) 受験票(氏名、所属地方部会名、性別、生年月日を記入、写真貼付のこと)
5) 医師免許証(コピー)
6) 医師臨床研修修了証明書(コピー、第98回以降の医師国家試験合格者のみ必要)
7) 専門研修施設における専門研修終了証明書(研修記録簿1頁にあります)
8) 研修記録簿
認定方法提出された申請書類をもとに受験資格を審査。審査合格者に筆記試験、小論文、口頭試問を実施する。
注)当サイトでは情報の更新には努めておりますが、その内容を保障するものではありません。詳細に内容確認をされたい場合は、各学会にお問合せ頂きますようお願い致します。
専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医局の専門医資格取得方法の耳鼻咽喉科専門医の取得方法のページです。
一般社団法人日本耳鼻咽喉科学会の耳鼻咽喉科専門医の制度の概要や、受験に必要な資格、提出書類、試験等の耳鼻咽喉科専門医の認定方法をまとめています。
他の専門医の情報を確認されたい方は各専門医の一覧を掲載してありますのでご確認ください。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
糖尿病専門医 女性(30代半) 糖尿病専門医 女性(30代半)
新しい勤務先に慣れてきたところです。希望通り、...
透析専門医 男性(40代) 透析専門医 男性(40代)
今ではかなり時間に余裕ができ、オンコールからも...
呼吸器内科専門医 男性 43歳 呼吸器内科専門医 男性 43歳
入職3か月後に内科部長に昇進し、現在は病院の診...
内科 女性 36歳 内科 女性 36歳
コンサルタントの方が事前に勤務条件について医療...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

ページトップへ