専門医の医師の求人/募集/転職転職事例一覧 > 脳神経外科 男性医師 55歳の転職事例

転職事例

脳神経外科 男性医師 55歳

NO IMAGE

脳神経外科専門医
脳神経血管内治療専門医

前職

脳神経外科:外来、病棟管理、手術

矢印 現職

脳神経外科:外来、病棟管理、手術


転職のきっかけ

前の職場では、脳神経内科治療を実施しておらず症例数も少なかった為、もっとバンバンオペを熟したいと感じ始めたため。

新しい職場へのご要望

脳神経外科医として手術や救急対応を行いスキルを維持できることが条件でした。ですから、医療機関に関しては、すでにある程度の症例数が見込めるか、現在は症例が少ないとしても今後の拡大が見込める施設・脳神経血管内治療に携われる施設を希望しました。

転職活動の経過

登録して翌日から毎日2件づつくらいご紹介頂きました。ただ脳血管内治療は実施していても症例医数が少なかったり、症例数はあっても待遇面が希望と合わなかったり中々すんなりはいきませんでした。
ただ都内で症例医数は少なかったのですが年俸も予想よりはるかに上回る金額だったり条件がすごくよくしてくれて、病院からは私が入って症例数を伸ばして欲しいとお話を頂き期待に応えたいと思い入職を決めました。

入職3ヶ月後の感想

自分への期待に裏切らないように今はやるべきことをやるだけです。
ただ前職場より通勤時間もかからずオペも今までより入れてこれからが楽しみです。

専門医局の担当者の対応

私のわがままで色々ご迷惑をかけてしまいましたが、都度病院に掛け合ってくれて今は専門医局さんにお願いして本当に良かったと思います。

転職事例一覧へ お問い合わせ
専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医局の脳神経外科 男性医師 55歳の転職事例ページです。

医師のプロフィール(性別、年齢、医療機関の形態、年収等)、転職のきっかけ、新しい職場へのご要望、転職活動の経過、入職3ヶ月後の感想、専門医局の担当者の対応等をまとめています。

その他の転職事例は一覧にまとめていますのでご覧ください。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
消化器内科系専門医(取得希望) 男性(30代) 消化器内科系専門医(取得希望) 男性(30代)
まだまだこれからですが、臨床能力の向上と、専門...
腎臓内科専門医 (男性40代) 腎臓内科専門医 (男性40代)
就職前にトライアル勤務もできましたので大変円滑...
脳神経外科 男性医師 45歳 脳神経外科 男性医師 45歳
今までは、脳神経外科医として患者の急性期部分を...
内科専門医 48歳 男性 内科専門医 48歳 男性
転職して2年目に入りました。 2年目からは年収が1...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ