専門医の医師の求人/募集/転職 > 血液専門医の収入/転職情報

血液専門医の収入/転職情報

血液専門医の年収と転職

血液内科の年収と転職

血液内科専門医としての勤務医の年収幅は1,000万円~2,000万円(当直手当、オンコールなど変動給を含む)が年収額の相場といえそうです。
一般的な内科とは若干異なり、貧血のように誰しもに起こり得る症状だけでなく、急性白血病やリンパ腫、骨髄腫のような発症する頻度は少なくても、しかしとても重い疾患の治療にあたることが多いのが血液内科です。大学をはじめとする大きな医療機関をふくめた高度な医療設備の整ったがん診療連携拠点病院をはじめとする病院に症例が集まるのは必然かもしれません。バイオクリーンルームなどの血液内科での治療に必要な設備の数でみても、民間(市中)病院で血液内科に積極的に取り組む病院でも病院全体でバイオクリーンルームが1~2床という環境が多くみられます。

そのため、大学病院や関連の自治体病院のようにとはいかないまでも、それに準じた、または当たり前のように血液内科としての診療業務に専従であたることのできる環境をもつ病院施設という条件でと考えれば、地域ごとに転職先の候補と成り得る病院は、限定的になり絞りこまれてくることが予想されます。

民間(市中)病院の血液内科の状況(大学病院・自治体病院を除く)

一概に規定することは出来ませんが、大学病院や自治体病院よりも軽度な症例に対応することが多いのかと言われれば、必ずしもそうではないのが昨今の現状のようです。
血液内科的な疾患を抱える方々は、長期的な治療を必要とされることが多いため、現在の医療制度の都合や、諸々の理由で大学病院・自治体病院と民間病院の間で入退院の行き来があるケースも少なからずあるようです。

最近では民間(市中)病院でも病棟全体を無菌病床化する病院もあります。今後、このような病院に血液内科専門医が集まりチームとして稼働する場も、微増する可能性もありそうです。

関連する主な専門医

血液専門医
総合内科専門医
小児血液・がん学会専門医
臨床腫瘍学会専門医
造血細胞移植学会専門医
専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医局は専門医をお持ちの先生方に、専門知識や臨床経験を存分に生かしていただけるステージへの転職支援を行っています。
病院、クリニック等の医療機関の人事ご担当者様向けには、専門医の募集・採用支援を行っています。医療機関の求人情報は無料で掲載しています。

地域別では関東では東京の医師の求人/募集神奈川(横浜/川崎)の医師の求人/募集埼玉(さいたま)の医師の求人/募集千葉の医師の求人/募集を掲載しています。

科目別では内科の求人/募集外科の求人/募集整形外科の求人/募集麻酔科の求人/募集脳神経外科の求人/募集放射線科の求人/募集などの人気科目の専門医の医師の転職情報を掲載しています。

常勤で毎日働かれたいドクターの方から、週2、3回の非常勤/アルバイトで働かれたいドクターの方まであらゆるニーズにお答えします。
特集では専門医のインタビューや専門医の取得方法、専門医資格の取得できる研修施設を紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医局の求人のご紹介

[血液専門医]

血液専門医
【外来・専門外来】血液内科外来のほか、一部、一般内科も含み...
血液専門医
遺伝子検査(新型出生前診断)に伴う問診、簡単なご説明、採血...
血液専門医
【外来】週1~3コマ、患者数:20~40名 【病棟管理】患者数:...
血液専門医
【外来】糖尿病内科外来、週3~5コマ程、患者数:20名程/コマ ...

→ その他の血液専門医の求人

専門医転職事例
消化器内科専門医 男性 45歳 消化器内科専門医 男性 45歳
スキルを磨ける職場を得られたと喜んでいます。
眼科専門医 男性(42歳) 眼科専門医 男性(42歳)
新規クリニックではないので、もともと患者さんも...
神経内科専門医 37歳 男性医師 神経内科専門医 37歳 男性医師
内定から就職まで長い期間があったため、勤務スタ...
脳神経外科 男性医師 55歳 脳神経外科 男性医師 55歳
自分への期待に裏切らないように今はやるべきこと...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

ページトップへ