専門医資格取得方法

放射線科専門医

公益社団法人日本医学放射線学会

概要日本医学放射学会放射線科専門医制度(以下、専門医制度)は、優れた放射線科専門医(以下、専門医)を認定することにより、放射線治療・放射線医学の向上発展に資し、医療および保険衛生の向上ならびに放射線障害を防止し、国民の福祉に寄与することを目的とする。

放射線科専門医:放射線科専門医(以下「診断専門医」)または放射線治療専門医(以下「治療専門医」)の育成のため、その前段階として、診断専門医および治療専門医のいずれにも求められる放射線科全般に及ぶ知識と経験を一定レベル以上に有する放射線科医。
診断専門医:放射線科全般に及ぶ知識と経験を一定レベル以上に有すると認められる者に与えられる放射線科専門医資格を取得した上で、診断領域に関してさらに高水準の専門的知識と技術を有すると認められる放射線科医。
治療専門医:放射線科全般に及ぶ知識と経験を一定レベル以上に有すると認められる者に与えられる放射線科専門医資格を取得した上で、治療領域に関してさらに高水準の専門的知識と技術を有すると認められる放射線科医。
資格1)日本国の医師免許を有すること。
2) 医師法(昭和23年法律201号)第3条および第4条の規定に該当しないこと。
3) 申請時において、初期臨床研修期間を含め5年以上の臨床経験を有すること。
4) 申請時において、3年以上本学会正会員であること。
6) 定められた研修期間、研修内容、研修施設等の条件を満たしていること。

必要書類日本医学放射線科学会の定める所定の書類に受験料を添えて提出。
認定方法放射線科専門医試験:放射線科診療業務全般を行うために必要な基礎的事項について筆記試験を行う。
診断専門医試験、治療専門医試験:1日目筆記試験、2日目口答試験(両試験ともに「放射線科専門医研修ガイドライン」に基づく
注)当サイトでは情報の更新には努めておりますが、その内容を保障するものではありません。詳細に内容確認をされたい場合は、各学会にお問合せ頂きますようお願い致します。
専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医局の専門医資格取得方法の放射線科専門医の取得方法のページです。
公益社団法人日本医学放射線学会の放射線科専門医の制度の概要や、受験に必要な資格、提出書類、試験等の放射線科専門医の認定方法をまとめています。
他の専門医の情報を確認されたい方は各専門医の一覧を掲載してありますのでご確認ください。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
内科専門医 女性 35歳 内科専門医 女性 35歳
患者一人一人に時間をかけて診察するスタイルは、...
小児科専門医 女性 32歳 小児科専門医 女性 32歳
入職してみると、小児科部長の治療方針や患者への...
内科専門医 48歳 男性 内科専門医 48歳 男性
転職して2年目に入りました。 2年目からは年収が1...
麻酔科専門医 男性(40代) 麻酔科専門医 男性(40代)
外科の先生方とも打ち解けて、充実した日々を過ご...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

ページトップへ