専門医資格取得方法

総合内科専門医

一般社団法人 日本内科学会

概要総合内科専門医は、地域医療、外来診療にあってはレベルの高い一般・総合内科専門医、病棟においては患者の診断、治療において総合的に判断できるレベルの高いホスピタリストとして、地域医療ネットワーク、病院内の医療チームの要として機能する一般・総合内科の指導医である。さらに、これらを実践できる医師の教育や方法論研究を担える能力を有する教育医・研究医・指導医である。
資格認定内科医の認定を受け、その後更に所定の期間、本会が認定した施設で内科臨床研修を修了した者で、受験申込み時連続して3年以上の会員歴を有し、受験する年度までの会費を完納している者。
必要書類受持入院患者20症例の一覧表、20症例の病歴要約、退院時サマリーのコピー、学会または論文として発表した臨床研究(基礎的な研究は除く)、またはfirst authorで報告した症例報告のいずれかで計2件の業績。
認定方法受験資格と提出書類を満たし、総合内科専門医資格認定試験に合格した者を総合内科専門医として認定する。
注)当サイトでは情報の更新には努めておりますが、その内容を保障するものではありません。詳細に内容確認をされたい場合は、各学会にお問合せ頂きますようお願い致します。
専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医局の専門医資格取得方法の総合内科専門医の取得方法のページです。
一般社団法人 日本内科学会の総合内科専門医の制度の概要や、受験に必要な資格、提出書類、試験等の総合内科専門医の認定方法をまとめています。
他の専門医の情報を確認されたい方は各専門医の一覧を掲載してありますのでご確認ください。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
総合内科専門医 女性(50代) 総合内科専門医 女性(50代)
多少なりとも医療過疎が進んでいるためかもしれま...
泌尿器科専門医 男性(40代後半) 泌尿器科専門医 男性(40代後半)
希望通りの職場でした。当直が減ったので家族と過...
精神科専門医 男性(37歳) 精神科専門医 男性(37歳)
精神科の場合、書類作成に時間を取られることが多...
病理科専門医 男性(40代) 病理科専門医 男性(40代)
施設ごとに仕事の仕方はありますし、各スタッフの...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

ページトップへ