専門医の医師の求人/募集/転職 > 整形外科専門医の収入/転職情報

整形外科専門医の収入/転職情報

整形外科専門医の年収

整形外科医の年収は1,200~2,000万円以上がボリュームゾーンです。※一般公開されている求人票上の統計であり、経験、スキルにより異なります。
また都市部の近郊でも年収面での高待遇を得やすい科のひとつです。求人募集の件数も内科に次いで豊富と言ってよいのではないでしょうか。
医大を卒業後、基礎となる整形外科全般について約3~4年をかけて学び、その後、外傷(重度外傷)、脊椎、関節(人口関節)、スポーツ整形、手の外科、関節リウマチ、骨軟部腫瘍などのサブスペシャリティーを修得していきますが、多くの医師がその過程で整形外科専門医を修得されているようです。

整形外科専門医の転職や求人は、サブスペシャリティーに基づいての転職と言っても過言ではありません。
内科同様に毎年たくさんの求人募集のある整形外科ですが、サブスペシャリティーに照らして合わせてみると、その専門性によっては求人案件が非常に限られてくるケースも少なくありません。人口関節センターや、外傷センター、手の外科センターのようにマンパワーと設備を集積し、センター化を推進する病院も増えてはいますが、余裕をもった転職活動を心がけたいところです。

他方、専門性をさほど意識しない場合には、ベッド数100~300床くらいの一般急性期病院では、高齢者によく見られる整形外科での疾患やオペ、救急搬送に対応してくれる整形外科医を求める求人募集は数多くあります。オペ室や医療機器、スタッフが充実していれば、そこで専門性も活かし症例を重ねられるケースもあるようです。
いくつかの科と同様に整形外科の診療報酬は高めに設定されているため、医療経営的にもマンパワーさえあれば、力を入れたいという病院は今でも少なくはないようです。

整形外科専門医 17689名 (平成23年8月現在)

メスを置いた後も進路選択が豊富?

回復期リハビリテーション病棟が、2,000年に新設されてからすでに65,000床まで増加しています。今後、急性期~回復期~在宅へという大きな流れは2025年に向けた医療機能再編の枠組みは促進されていくでしょう。その際、人材が増加に追い付いていないのがリハビリテーションと言えるでしょう。(回復期リハビリテーション専門医1787名/平成23年現在)
脳卒中をはじめとする脳疾患後のリハビリを強化している病院も多く見受けられるため、脳神経内科的、または神経内科医に対しての求人も多いですが、同様に整形外科医に対しての募集もあります。


関連する主な専門医

整形外科専門医
手外科専門医 

整形外科専門医に関する学会ニュース

日本整形外科学会に関する講演会、学術集会の開催情報や学会からのお知らせを掲載しています。

日本救急医学会からのお知らせ「【救急科専門医 新規申請】認証資格者の公募」に関して

[2018.11.19]

全文を読む

日本救急医学会からのお知らせ「【救急科専門医 新規申請】認証資格者の公募」に関して

日本救急医学会が「【救急科専門医 新規申請】認証資格者の公募」に関して発表した。    救急科専門医新規申請の第1次(救急勤務歴)審査および第2次…

日本麻酔科学会からのお知らせ「非常勤麻酔科医アンケート」に関して

[2018.11.2]

全文を読む

日本麻酔科学会からのお知らせ「非常勤麻酔科医アンケート」に関して

日本麻酔科学会が「非常勤麻酔科医アンケート」に関して発表した。   非常勤麻酔担当医WEBアンケート調査:健全で継続可能な手術医療体制構築のために …

日本医学会からの知らせ「高難度新規医療技術の導入に当たっての医療安全に関する基本的な考え方」に関して

[2016.11.14]

全文を読む

日本医学会からの知らせ「高難度新規医療技術の導入に当たっての医療安全に関する基本的な考え方」に関して

日本医学会が「高難度新規医療技術の導入に当たっての医療安全に関する基本的な考え方」に関して発表した。    特定機能病院等の高度な医療を担う医療…

日本救急医学会からのお知らせ「指導医 新規・更新」関して

[2016.4.6]

全文を読む

日本救急医学会からのお知らせ「指導医 新規・更新」関して

日本救急医学会が「指導医 新あ規・更新」関して発表した。    指導医の新規および更新申請の受付を,4月1日より開始いたしました。申請される方は,…

日本救急医学会からのお知らせ「日本救急医学会指導医 申請資格審査」に関して

[2015.12.29]

全文を読む

日本救急医学会からのお知らせ「日本救急医学会指導医 申請資格審査」に関して

日本救急医学会が「日本救急医学会指導医 申請資格審査」に関して発表した。    2016 年に日本救急医学会指導医の申請を予定している方で、勤務歴が足…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医局は専門医をお持ちの先生方に、専門知識や臨床経験を存分に生かしていただけるステージへの転職支援を行っています。
病院、クリニック等の医療機関の人事ご担当者様向けには、専門医の募集・採用支援を行っています。医療機関の求人情報は無料で掲載しています。

地域別では関東では東京の医師の求人/募集神奈川(横浜/川崎)の医師の求人/募集埼玉(さいたま)の医師の求人/募集千葉の医師の求人/募集を掲載しています。

科目別では内科の求人/募集外科の求人/募集整形外科の求人/募集麻酔科の求人/募集脳神経外科の求人/募集放射線科の求人/募集などの人気科目の専門医の医師の転職情報を掲載しています。

常勤で毎日働かれたいドクターの方から、週2、3回の非常勤/アルバイトで働かれたいドクターの方まであらゆるニーズにお答えします。
特集では専門医のインタビューや専門医の取得方法、専門医資格の取得できる研修施設を紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
小児科専門医・アレルギー専門医(男性40代) 小児科専門医・アレルギー専門医(男性40代)
入職1~3ヵ月後の状況 就職先のクリニックは、残...
消化器内科 女性医師 36歳 消化器内科 女性医師 36歳
内視鏡の設備が整っていてやりがいを感じています...
内分泌代謝科専門医 男性(50歳) 内分泌代謝科専門医 男性(50歳)
通勤時間がぐっと短くなったことで有効的な時間が...
内科認定医 女性 53歳 内科認定医 女性 53歳
必要なら小児科も診るといったところを評価してい...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ