専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本麻酔科学会からのお知らせ。「第61回学術集会 演題募集要項」について

ニュース

日本麻酔科学会からのお知らせ。「第61回学術集会 演題募集要項」について

[2013.10.24]

日本麻酔科学会が、2014年5月15日(木)~17日(土)に行われる「第61回学術集会演題」についての募集要項を
発表した。

■応募資格
筆頭演者、並びに共同演者は日本麻酔科学会の会員に限りません。非会員でも、査読により会長が許可した者の発表は
認められます。

■演題募集期間
開始:2013年11月1日(金)正午
終了:2013年12月2日(月)正午
※締め切り直前はアクセスが集中し、登録に時間がかかることが予想されますので、時間に余裕をもってご登録をお願い
いたします。
※12月2日(月)正午までは登録演題の変更は可能ですが、締め切り以降は、抄録内容・演題タイトル・共同演者情報等
一切の変更ができません。
重要な共同演者が漏れていることのないように十分ご確認ください。

■発表形式
発表形式は以下の3種類です。原則として、各演題の発表形式は学術集会実行委員会、学術委員会で決定いたします。
1) ポスター
発表5分、討論3分とし、ポスター前で発表
2) ポスターディスカッション
発表7分、討論5分とし、ポスター掲示
発表はポスター会場内でスライド4枚(研究の背景、対象と方法、結果、結論)を用いて行う
3)優秀演題
発表10分、討論5分とし、講演会場でスライドによる発表を行う(スライド枚数制限無し)。
審査員のみが質疑応答を行い、研究内容、発表の仕方、質疑応答などを審査する。
優秀演題ポスター会場内にポスター掲示も行う。

■演題応募方法
演題はすべてホームページ上から登録いただきます。募集要項の記載事項を確認の上、応募をしてください。
締切直前はアクセスが集中し、演題登録に支障をきたすことが考えられますので、余裕をもって登録をお願いします。
演題登録用ホームページの推奨OSはMicrosoft Windows XP、推奨ブラウザはInternetExplorer6もしくはInternetExplorer7です。
利用者のコンピューター環境が原因で演題の登録に不備を来しても事務局では一切責任を負いません。
新着学会ニュース
高病原性鳥インフルエンザ“H5N8亜型”千葉でも検出 国内2例目 

[2014.11.22]

全文見る

高病原性鳥インフルエンザ“H5N8亜型”千葉でも検出 国内2例目 

千葉・長柄町で11月18日、カモ類のふんから高病原性鳥インフルエンザウイルス“H5N8亜型”が検出されたと、環境省が21日に発表した。11月になって野鳥…

日本救急医学会からのお知らせ「平成26年度Ai学術シンポジウムの参加者募集」に関して

[2014.11.21]

全文見る

日本救急医学会からのお知らせ「平成26年度Ai学術シンポジウムの参加者募集」に関して

日本救急医学会が平成26年12月23日に行われる「平成26年度Ai学術シンポジウムの参加者募集」に関して発表した。   開催日時 平成26年12月23日(火・祝)13:0…

着床前検査。流産予防へ

[2014.11.21]

全文見る

着床前検査。流産予防へ

 体外受精による受精卵の染色体異常を調べる着床前スクリーニング(ふるい分け検査)に関して、流産を繰り返す女性を対象にした臨床研究の実施計画案を日本産科婦人科学…

日本放射線技術学会からのお知らせ「専門部会誌の電子化に伴う冊子体での配布中止と専門部会費の変更」に関して

[2014.11.20]

全文見る

日本放射線技術学会からのお知らせ「専門部会誌の電子化に伴う冊子体での配布中止と専門部会費の変更」に関して

日本放射線技術学会が「専門部会誌の電子化に伴う冊子体での配布中止と専門部会費の変更」に関して発表した。   平成27年度(平成27年3月1日)より、専門部会誌の…

「マイナンバーとは異なる医療等ID」必要性求める

[2014.11.20]

全文見る

「マイナンバーとは異なる医療等ID」必要性求める

 2014年11月19日、日本医師会・日本歯科医師会・日本薬剤師会は「医療等 IDに係る法制度整備等に関する三師会声明」を発表し、マイナンバーとは異なる医療IDが必要だと表…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本麻酔科学会からのお知らせ。「第61回学術集会 演題募集要項」について」(2013年10月24日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
泌尿器科専門医 男性(40代後半) 泌尿器科専門医 男性(40代後半)
希望通りの職場でした。当直が減ったので家族と過...
総合内科専門医 男性 36歳 総合内科専門医 男性 36歳
透析医療の立ち上げに関わることができ、自分の力...
救命救急科 男性医師 33歳 救命救急科 男性医師 33歳
救急と麻酔科の掛持ちなんてあまり聞いたことがな...
血液内科専門医 男性(35歳) 血液内科専門医 男性(35歳)
新しい勤務先では大学から非常勤でご高名な先生も...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook 医療機関の方々へご案内 医師の転職支援「専門医局」のスマートフォンサイト
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はコチラ
次回から自動でログインする

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

会員登録
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長
渡部 文昭 氏
自治医科大学附属さいたま医療センター一般・消化器外科 助教
吉澤利弘氏 吉澤 利弘 氏
NTT東日本関東病院 神経内科部長
望月智行氏 望月 智行 氏
医療法人財団献心会 川越胃腸病院 理事長・院長

過去のインタビューはこちら

諸留 誕 10.28 UP!!
Vol.6
税理士が話す勤務医のための確定申告
~一時所得編

諸留 誕(税理士法人アイ・パートナーズ)

>>その他の記事はこちら

ページトップへ