専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 急性心筋梗塞を2時間で発見(京都大)

学会ニュース

急性心筋梗塞を2時間で発見(京都大)

[2014.4.26]

心筋梗塞の早期診断へつながるたんぱく質を京都大のグループが発見、広島市で開かれている日本病理学会で26日発表した。

 

京都大の鶴山竜昭准教授(病理学)らは研究で、心筋梗塞を発病直後の患者5人の心筋を、レーザーを使って調べてみた。すると、あるたんぱく質の濃度が、患部では減ったものの、血液中では3、4倍に増えていたことが分かった。これによって、心筋梗塞は、心臓の血管がつまり、周りの心筋が壊れる。心筋が壊れることで、たんぱく質が心筋から血液中へと流れ出すということが考えられる。

 

今まで、急性心筋梗塞は症状と心電図で判断をしていたため早期診断は難しく、診断までには発病5時間ほどの時間がかかっていた。しかし、今回の研究結果により、血液中のたんぱく質を測ることで2時間ほどで診断がつき、重症度もわかるという。

新着学会ニュース
日本結核・非結核性抗酸菌症学会からのお知らせ「第95回 日本結核・非結核性抗酸菌症学会 総会・学術講演会予告第95回日本結核・非結核性抗酸菌症学会総会・学術講演会の事前参加登録開始」に関して

[2020.2.17]

全文見る

日本結核・非結核性抗酸菌症学会からのお知らせ「第95回 日本結核・非結核性抗酸菌症学会 総会・学術講演会予告第95回日本結核・非結核性抗酸菌症学会総会・学術講演会の事前参加登録開始」に関して

日本結核・非結核性抗酸菌症学会が「第95回 日本結核・非結核性抗酸菌症学会 総会・学術講演会予告第95回日本結核・非結核性抗酸菌症学会総会・学術講演会の事前参加登録…

日本外科学会からのお知らせ「患者レジストリ及びコホート研究調査」に関して

[2020.2.14]

全文見る

日本外科学会からのお知らせ「患者レジストリ及びコホート研究調査」に関して

日本外科学会が「患者レジストリ及びコホート研究調査」に関して発表した。   この度、〈クリニカル・イノベーション・ネットワーク(CIN)推進支援事業〉…

エイズ治験薬政府が治験方針 新型肺炎の患者に投与

[2020.2.14]

全文見る

エイズ治験薬政府が治験方針 新型肺炎の患者に投与

 14日、竹本科学技術相は閣議後記者会見で、新型コロナウイルスに感染し肺炎を発症した患者に対し、既存のエイズ治療薬を投与し、安全性と効果を見極める治験に乗り出す…

日本救急医学会からのお知らせ「新型コロナウイルス(2019-nCoV)感染症への対応」に関して

[2020.2.13]

全文見る

日本救急医学会からのお知らせ「新型コロナウイルス(2019-nCoV)感染症への対応」に関して

日本救急医学会が「新型コロナウイルス(2019-nCoV)感染症への対応」に関して発表した。    新型コロナウイルス感染症(2019-nCoV)対応で,多くの方々が尽力さ…

国内初成功 重い心臓病のカテーテル手術で人工弁取り付け成功

[2020.2.13]

全文見る

国内初成功 重い心臓病のカテーテル手術で人工弁取り付け成功

 重い心臓病患者の胸に小さな穴を開け、細い管(カテーテル)を通して人工弁を取り付ける手術に国内で初めて成功したと、大阪大の澤芳樹教授(心臓血管外科)らが12日…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「急性心筋梗塞を2時間で発見(京都大)」(2014年4月26日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
形成外科専門医 女性(37歳) 形成外科専門医 女性(37歳)
よく見られる美容クリニックとは異なり、スタッフ...
小児科専門医 男性34歳 小児科専門医 男性34歳
公私ともに新しい生活になりましたので、戸惑うと...
形成外科 女性医師 38歳 形成外科 女性医師 38歳
美容形成外科は未経験なので毎日が新鮮で日々勉強...
循環器科専門医 男性(39歳) 循環器科専門医 男性(39歳)
これまでは先ず勤務があり、その合間に家庭と自分...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

ページトップへ