専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本糖尿病学会からのお知らせ。「第5回(2014年度)日本動脈硬化学会認定動脈硬化専門医資格認定審査」について

学会ニュース

日本糖尿病学会からのお知らせ。「第5回(2014年度)日本動脈硬化学会認定動脈硬化専門医資格認定審査」について

[2013.11.19]

日本糖尿病学会が、19日「第5回(2014年度)日本動脈硬化学会認定動脈硬化専門医資格認定審査」についての詳細を発表した。

 

受験資格者は、次の7項目を充足している方々となっている。

① 日本国の医師免許証を有し、医師としての人格および見識を備えていること。

② 以下の学会の認定医または専門医の資格を有すること。
日本内科学会、日本小児科学会、日本循環器学会、日本糖尿病学会、日本高血圧学会、日本老年医学会、日本内分泌学会、日本腎臓学会、日本脈管学会、日本脳卒中学会、日本臨床検査医学会、日本臨床薬理学会、日本病理学会

③ 申請時において継続3年以上本学会の会員であること。

④ 申請時過去5年間で本学会総会・学術集会に2回以上出席していること。

⑤ ②の認定医取得後、日本動脈硬化学会が認定する教育施設、または註に示す認定施設において3年以上の動脈硬化学に関する臨床経験を有すること。(評議員は免除)

⑥ 申請に必要な以下の書類を提出すること。

⑦ 審査料20,000円を納付していること。

 

必要な申請書類すべてを事務局まで郵送して、申請する。

 

日程は下記のとおり。

2013年11月1日(金)~2014年3月31日(月) 受験申請受付 (事務局必着)
2014年6月初旬 受験票送付
2014年7月12日(土) 13:00~14:30 筆記試験施行 
2014年7月下旬 合否通知

 



Image from 日本糖尿病学会


新着学会ニュース
日本アレルギー学会からのお知らせ「第4回男女共同参画奨励賞 応募期間延長」に関して

[2019.11.14]

全文見る

日本アレルギー学会からのお知らせ「第4回男女共同参画奨励賞 応募期間延長」に関して

日本アレルギー学会が「第4回男女共同参画奨励賞 応募期間延長」に関して発表した。    男女共同参画委員会では、これまで学術大会や総合アレルギー講習会におい…

県が健康把握アプリを開発 心身の状態を数値化

[2019.11.14]

全文見る

県が健康把握アプリを開発 心身の状態を数値化

 日常生活に関する質問などに答えると健康度が点数で分かる、スマートフォン用アプリの試作版を神奈川県が開発した。心身の状態を100点満点で確認し、健康づくりに役…

日本麻酔科学会からのお知らせ「第68回学術集会のホームページを公開」に関して

[2019.11.13]

全文見る

日本麻酔科学会からのお知らせ「第68回学術集会のホームページを公開」に関して

日本麻酔科学会が「第68回学術集会のホームページを公開」に関して発表した。   11月1日より、第68回学術集会のホームページを公開いたしました。 URLはこちら&rar…

日本の病床数や高額な医療機器の数 OECD加盟国の中で最多

[2019.11.13]

全文見る

日本の病床数や高額な医療機器の数 OECD加盟国の中で最多

 経済協力開発機構(OECD)が公表した2019年版の医療に関する報告書によると、日本の病床数や高額な医療機器の数がOECD加盟国の中で最多だったことがわかっ…

日本神経学会からのお知らせ「第8回厚生労働省ICFシンポジウム「ICD-11とICF利活用の新たなステージを展望する」~かつてない超高齢社会を向かえる日本の挑戦~開催」に関して

[2019.11.12]

全文見る

日本神経学会からのお知らせ「第8回厚生労働省ICFシンポジウム「ICD-11とICF利活用の新たなステージを展望する」~かつてない超高齢社会を向かえる日本の挑戦~開催」に関して

日本神経学会が「第8回厚生労働省ICFシンポジウム「ICD-11とICF利活用の新たなステージを展望する」~かつてない超高齢社会を向かえる日本の挑戦~開催」に関して発表した…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本糖尿病学会からのお知らせ。「第5回(2014年度)日本動脈硬化学会認定動脈硬化専門医資格認定審査」について」(2013年11月19日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
透析専門医・腎臓内科専門医(男性 38 歳) 透析専門医・腎臓内科専門医(男性 38 歳)
家族との時間も取り易い勤務条件となり、年収も下...
内科専門医 女性 39歳 内科専門医 女性 39歳
前職先より患者数は多いですがやりがいを感じてま...
小児科専門医 男性34歳 小児科専門医 男性34歳
公私ともに新しい生活になりましたので、戸惑うと...
形成外科 女性医師 38歳 形成外科 女性医師 38歳
美容形成外科は未経験なので毎日が新鮮で日々勉強...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ