専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本呼吸器学会からのお知らせ「新型コロナウイルス感染症に関する対応」に関して

学会ニュース

日本呼吸器学会からのお知らせ「新型コロナウイルス感染症に関する対応」に関して

[2020.3.12]

日本呼吸器学会が「新型コロナウイルス感染症に関する対応」に関して発表した。

 

 新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の世界的流行の兆しの中で、日本においては医療界を含め社会全体での対応が否応なしに求められる状況となりました。すでに、中国からの移送者や、クルーズ船での発生患者さんの対応において、日本呼吸器学会会員の皆様が様々な局面で関与され、日々の診療に努力されておられること心より応援と感謝を申し上げます。

 

 学会として、会員や社会に対してどのような役割を果たせるのかを考えるとき、会員に対して、新型コロナウイルス肺炎診療や呼吸管理を経験された先生からの知識、課題を学会として共有し、今後の臨床現場で多くの会員に活かしていただくこと、また、社会に対しては科学的で適切な医学情報を提供することであると考えます。すでに、行政機関や感染症関連学会から新型コロナウイルス感染症への管理、治療の情報が提供されていますが、私たちは日本呼吸器学会として必要と考える情報へのアクセスを提供したいと考えています。会員の皆様に対しては、日常診療に役立つ情報コーナーを設け、診療の参考にしていただける仕組み作りを考えています。

 

 新型コロナウイルス感染症がどこまで拡大するのか、先が見えない現状ではありますが、会員の皆様におかれては、科学的情報に基づき、呼吸器診療の社会的役割を果たすべくご努力のほどご協力をお願い申し上げます。

 

新着学会ニュース
日本小児科学会からのお知らせ【専門医制度整備指針第3版(日本専門医機構)の掲載】に関して

[2020.9.23]

全文見る

日本小児科学会からのお知らせ【専門医制度整備指針第3版(日本専門医機構)の掲載】に関して

日本小児科学会より【専門医制度整備指針第3版(日本専門医機構)の掲載】に関して発表がありました。 専門医制度整備指針第3版(日本専門医機構)を掲載いたしました。…

厚生労働省からのお知らせ「医療関係職種における籍(名簿)訂正申請に課される登録免許税の取扱について」

[2020.9.18]

全文見る

厚生労働省からのお知らせ「医療関係職種における籍(名簿)訂正申請に課される登録免許税の取扱について」

厚生労働省から「医療関係職種における籍(名簿)訂正申請に課される登録免許税の取扱について」発表がありました。   医師、歯科医師、薬剤師等医療関係職種の免…

厚生労働省からのお知らせ「外国で看護師免許を取得している方が、日本でも看護師として就労するために」に関して

[2020.9.15]

全文見る

厚生労働省からのお知らせ「外国で看護師免許を取得している方が、日本でも看護師として就労するために」に関して

厚生労働省から「外国で看護師免許を取得している方が、日本でも看護師として就労するために」について発表しました。   外国で看護師免許を取得している方が、日…

日本循環器学会よりお知らせ【医療スタッフの放射線安全に係るガイドライン】に関して

[2020.9.11]

全文見る

日本循環器学会よりお知らせ【医療スタッフの放射線安全に係るガイドライン】に関して

日本循環器学会より「医療スタッフの放射線安全に係るガイドライン~水晶体の被ばく管理を中心に~」が完成した 旨が発表されました。 詳細につきましては学会HPをご参照願いま…

厚生労働省より医療従事者の需給に関する検討会第35回医師需給分科会が令和2年8月31日に行われました。

[2020.9.4]

全文見る

厚生労働省より医療従事者の需給に関する検討会第35回医師需給分科会が令和2年8月31日に行われました。

厚生労働省は[医療提供体制] 医師需給は29年ごろに均衡すると推計する旨を第35回医師需給分科会にて示した。 詳細については厚生労働省HP「医師需給分科会(第35回)…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本呼吸器学会からのお知らせ「新型コロナウイルス感染症に関する対応」に関して」(2020年3月12日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局
ページトップへ