専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本麻酔科学会からのお知らせ「2019年度更新申請の注意事項」に関して

学会ニュース

日本麻酔科学会からのお知らせ「2019年度更新申請の注意事項」に関して

[2019.8.26]

日本麻酔科学会が「2019年度更新申請の注意事項」に関して発表した。

 

全資格共通:

  1. 段階制廃止により、更新希望の資格をそれぞれ申請・書類の送付が必要です。
    申請を行わなかった資格は認定期間を持って失効となります。
  2. 2019年4月1日以降の経歴は手書き書式での提出は不可となります。マイページから作成いただくWEB書式でご提出ください。
  3. 審査料、登録料は税別となります。

 
認定指導医新規:

(全て更新ではなく、新たな資格として新規申請となります。)

  1. 申請資格に「過去に指導医資格を取得している、または学会専門医あるいは機構専門医を1回以上更新した経験があるもの。」とございます。該当しない方は申請できかねますのでご了承ください。
  2. 「日本麻酔科学会認定指導医(学会指導医)に関する内規」第5条1号~4号より要件を選択いただきますが、選択する要件により提出書類が異なります。
    詳しくは指導医新規申請ページをご確認ください。
  3. 指導医資格をお持ちの方も認定指導医は新規申請となります。

 
機構専門医更新:

  1. 学会専門医から機構専門医の移管に限り、単一施設で週3日以上の麻酔科関連業務への従事は申請時点で満たすことで認められます。機構専門医から機構専門医では継続して単一施設で週3日以上の麻酔科関連業務への従事が必要です。
  2. 2019年度と2020年度の申請は移行措置として、申請年度の9月30日まで単位が有効です。
  3. 支部集会での単位やe-learningの単位はマイページへの単位反映を確認し、申請要件を満たしたことを確認の上、申請を行ってください。
  4. 移行措置とスケジュールの一部が誤っておりました。
  5. 認定期間が2016年4月1日~2021年3月31日の方の申請期間は2020年9月1日~10月31日になります。
    https://anesth.or.jp/files/pdf/transition_measures_20190801.pdf
  6. 提出書類に「勤務実態の自己申告書」と「症例一覧確認表」が追加となっています。
  7. 必ずご提出ください。書式は機構専門医更新ページの関連書類にございます。

  8. 「症例一覧確認表」は症例一覧Excelのシートに追加しています。
  9. 2014年度は機構専門医の規則が公表されていなかったため、以下の対応がございます。
    ・2014年度分の症例一覧の提出不要
    ・2014年度分のリフレッシャーコース(領域講習)受講は単位に含められない
    2014年度分のリフレッシャーコースの発表はⅳ)学術業績・診療以外の活動実績で算定いただくことが可能です。
  10. 単位表の麻酔科関連学会に記載がない学会については、単位表項番11の「その他学会、研究会(0.5単位)」として算定ください。以前の「機構単位表」に記載のあった「日本緩和医療学会」については、引き続き単位表項番10の「麻酔科関連学会」として1単位算定できます。
  11. 暫定指導医、暫定専門医の方も専門医更新希望の場合に行うWEB申請は機構専門医を申請してください。

 
 
認定医更新:

  1. 更新に必要な単位は2単位に変更となっています。(昨年度まで3単位)
  2. 暫定制度廃止のため、暫定認定医の方も更新に必要な単位は合計2単位です。
  3. 猶予期間1年につき0.5単位の加算は不要です。また、経歴についても申請する年の5年前の4月1日~申請年の3月31日の期間でご提出ください。



Image from 日本麻酔科学会

新着学会ニュース
厚生労働省からのお知らせ「医療関係職種における籍(名簿)訂正申請に課される登録免許税の取扱について」

[2020.9.18]

全文見る

厚生労働省からのお知らせ「医療関係職種における籍(名簿)訂正申請に課される登録免許税の取扱について」

厚生労働省から「医療関係職種における籍(名簿)訂正申請に課される登録免許税の取扱について」発表がありました。   医師、歯科医師、薬剤師等医療関係職種の免…

厚生労働省からのお知らせ「外国で看護師免許を取得している方が、日本でも看護師として就労するために」に関して

[2020.9.15]

全文見る

厚生労働省からのお知らせ「外国で看護師免許を取得している方が、日本でも看護師として就労するために」に関して

厚生労働省から「外国で看護師免許を取得している方が、日本でも看護師として就労するために」について発表しました。   外国で看護師免許を取得している方が、日…

日本循環器学会よりお知らせ【医療スタッフの放射線安全に係るガイドライン】に関して

[2020.9.11]

全文見る

日本循環器学会よりお知らせ【医療スタッフの放射線安全に係るガイドライン】に関して

日本循環器学会より「医療スタッフの放射線安全に係るガイドライン~水晶体の被ばく管理を中心に~」が完成した 旨が発表されました。 詳細につきましては学会HPをご参照願いま…

厚生労働省より医療従事者の需給に関する検討会第35回医師需給分科会が令和2年8月31日に行われました。

[2020.9.4]

全文見る

厚生労働省より医療従事者の需給に関する検討会第35回医師需給分科会が令和2年8月31日に行われました。

厚生労働省は[医療提供体制] 医師需給は29年ごろに均衡すると推計する旨を第35回医師需給分科会にて示した。 詳細については厚生労働省HP「医師需給分科会(第35回)…

日本腎臓学会よりお知らせ【新型コロナウイルス感染対策合同委員会報告】に関して

[2020.8.21]

全文見る

日本腎臓学会よりお知らせ【新型コロナウイルス感染対策合同委員会報告】に関して

日本腎臓学会より新型コロナウイルス感染対策合同委員会報告透析患者における累積の新型コロナウイルス感染者数について発表がありました。   学会員の皆様 新型…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本麻酔科学会からのお知らせ「2019年度更新申請の注意事項」に関して」(2019年8月26日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局
ページトップへ