専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 患者とのコミュニケーションの技術を磨こう 医師がワークショップ

学会ニュース

患者とのコミュニケーションの技術を磨こう 医師がワークショップ

[2019.8.8]

 病院の待合室でかなりの時間を待たされたあげく、診療時間は極めて短い。そんな不満を抱く患者も多く、「患者には大事なことは伝えたはず」(医師側)と「先生はこちらの言うことを分かってくれない」(患者側)という食い違いがあると、治療の成果にもマイナスになる。
 炎症などの症状を伴い、日常生活に支障が出る関節リウマチの診療に当たる各地の医師が集まり、患者とのコミュニケーションの技術を磨こうという画期的なワークショップが7月、東京都内で開かれた。患者との意思疎通のスキルを高めようというのが目的。

 

 千葉大学病院アレルギー・膠原病内科の池田啓講師が「ディスカッションとロールプレーが中心。参加者に押し付けるものではなく、皆でつくっていくものだ。新しい気づきがあるだろう」と説明。筑波大学付属病院膠原病・リウマチ・アレルギー内科の坪井洋人講師は「大切なのは、『共有意思決定』だ。患者との共同作業によって医療者は権威的存在からパートナーへと進化する」と強調した。

 今回のワークショップでは患者を

(1)専門の医師なのだから、どうすべきかだけを言ってほしい

(2)推奨を提示して、その主な理由だけを説明してほしい

(3)私はできるだけ多くの情報を知り、先生と一緒に治療法を決定したい

の三つのタイプに分類した上で、患者に与える情報の量と患者が望む治療法などを探っていった。

 参加者は七つのテーブルに分かれて、議論した。

 これまで診てきた患者については「半数くらいは医師任せの患者だろうか」「その治療を勧める理由だけを知りたいというタイプも多い」「本人は1番目のタイプだが、家族は3番目のタイプで、細かくきいてくるケースもある」などといった声が出た。

 患者への情報提供に関しては、「3番目のタイプには初診時にできるだけ情報を与えた方がよい」という意見に対し、「情報を与え過ぎても、患者は消化しきれないのではないか」との慎重論もあった。「一度の診療で見極めるのは難しい。地域によって特性があるだろう。患者の反応を見て情報量を調節する」とする声がある一方で、「患者によって情報量を変えることに罪悪感を抱いてしまう」という疑問も呈された。

 


新着学会ニュース
日本腎臓学会からのお知らせ「第63回日本腎臓学会学術総会 一般演題募集ならびに演題登録」に関して

[2019.12.11]

全文見る

日本腎臓学会からのお知らせ「第63回日本腎臓学会学術総会 一般演題募集ならびに演題登録」に関して

日本腎臓学会が「第63回日本腎臓学会学術総会 一般演題募集ならびに演題登録」に関して発表した。     来年の学術総会開催に向け、現在鋭意準備を進めてい…

日本神経学会からのお知らせ「在宅使用が想定される人工呼吸器等に係る「使用上の注意」の改訂」に関して

[2019.12.10]

全文見る

日本神経学会からのお知らせ「在宅使用が想定される人工呼吸器等に係る「使用上の注意」の改訂」に関して

日本神経学会が「在宅使用が想定される人工呼吸器等に係る「使用上の注意」の改訂」に関して発表した。    厚生労働省医薬・生活衛生局より在宅使用が想定される…

自民党が素案 全世代型社会保障で高齢者の「応能負担」明記

[2019.12.10]

全文見る

自民党が素案 全世代型社会保障で高齢者の「応能負担」明記

 政府が掲げる「全世代型社会保障」の実現に向けた自民党提言の素案が9日、判明した。社会保障の給付が高齢者に偏っている構造を見直し、高齢者でも負担能力に応じて多…

日本小児科学会からのお知らせ「第35回小児診療初期対応(JPLS)コースの受講者募集開始」に関して

[2019.12.9]

全文見る

日本小児科学会からのお知らせ「第35回小児診療初期対応(JPLS)コースの受講者募集開始」に関して

日本小児科学会が「第35回小児診療初期対応(JPLS)コースの受講者募集開始」に関して発表した。    第35回小児診療初期対応(JPLS)コースの受講者募集を開始し…

不夜城をやめた病院の挑戦 我が子と過ごせる集中治療室

[2019.12.9]

全文見る

不夜城をやめた病院の挑戦 我が子と過ごせる集中治療室

 NICU(新生児集中治療室)というと、赤ちゃんの保育器がずらっと並び、心拍数の異常などを伝えるモニター音が鳴っている場所、というイメージが一般的だろう。そん…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「患者とのコミュニケーションの技術を磨こう 医師がワークショップ」(2019年8月8日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
産婦人科専門医 (女性 30代半) 非常勤・アルバイト 産婦人科専門医 (女性 30代半) 非常勤・アルバイト
前任の先生の勤務期間の都合で、当初の1ヶ月間は週...
糖尿病内科専門医 女性 42歳 糖尿病内科専門医 女性 42歳
クリニック勤務中は、人間関係に苦しみ、日々スト...
麻酔科専門医 男性 38歳 麻酔科専門医 男性 38歳
実際、外科医との意見交換や回復期スタッフとのコ...
泌尿器科専門医 男性(40代後半) 泌尿器科専門医 男性(40代後半)
希望通りの職場でした。当直が減ったので家族と過...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ