専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本外科学会からのお知らせ「外傷の修練(研修)」に関して

学会ニュース

日本外科学会からのお知らせ「外傷の修練(研修)」に関して

[2019.6.24]

日本外科学会が「外傷の修練(研修)」に関して発表した。

 

外傷の修練(研修)は、以下の要件を基に、必要点数(10点)をカウントします。
 従来のカリキュラム制による研修を行っている修練医は、NCD検索システムの「外科病歴抄録の閲覧(カリキュラム制)」より、現在の点数をご確認ください。
 また、平成30(2018)年4月より、日本専門医機構の新専門医制度のプログラム制による研修を開始した専攻医は、NCD検索システムの「外科病歴抄録の閲覧(プログラム制)」よりご確認ください。
 ※従来のカリキュラム制による研修についてきましては、平成28(2016)年1月1日付で「外科専門医修練カリキュラム」の到達目標3を改定し、同年の外科専門医認定試験(面接試験)の受験資格から適用されております。
 
<外傷の修練(研修)の詳細について>
外傷の修練:10点
1)体幹(胸腹部)臓器損傷手術:3点(術者)/2点(助手)
2)上記以外の外傷手術(NCDの規定に準拠):1点
⇒「外科専門医修練カリキュラム/参考:手術手技一覧対応表(到達目標3)」および「新専門医制度/手術手技一覧:経験目標」に該当術式を掲載しています。なお、NCD登録において「外傷」欄にチェックが付されていることが必須となります(チェックが付されていなければ、カウントされません)。
 
3)日本外科学会外傷講習会受講:各1点
 
 
・コース1;ダメージコントロール
・コース2;治療戦略
・コース3;手術手技
 
4)日本外傷診療研究機構e-learning受講:2点
5)外傷初期診療研修(JATEC)コース受講:4点
 
日本外傷診療研究機構(JTCR)の主催です。
まず「外傷初期診療ガイドライン(JATEC)」(へるす出版)を購入してください。そして、巻末に添付されたシリアル番号を利用して、e-learningを受講してください。一定の基準をクリアすれば、「外傷初期診療研修(JATEC)コース」の受講資格と共に、e-learningの「修了証明書」が発行されます(→ここまでで2点がカウントされます)。
「外傷初期診療研修(JATEC)コース」の受講を希望される場合は、引き続きお申込みください(→受講されれば4点が加算され、計6点がカウントされます)。なお、2016年度のコースから本会会員向けの優先枠が設定されております。詳細は別頁(外傷初期診療研修(JATEC)コース優先受講の申請に関するお知らせ)をご覧ください。
概要や日程などにつきましては、「外傷初期診療研修(JATEC)コース」のホームページ(http://www.jtcr-jatec.org/index_jatec.html)もご覧ください。
 
6)動物もしくは遺体を用いた外傷研修コース(以下のいずれかで4点)
 
 
*DSTCTM(Definitive Surgical Trauma Care)コース
詳細については、それぞれのホームページ等でご確認ください。
 
7)外傷外科手術指南塾受講:3点
 
日本Acute Care Surgery学会の主催です。「銃創・爆傷編」「重症緊急手術指南塾」は対象外です。詳細につきましては、日本Acute Care Surgery学会のホームページ(http://www.jsacs.org/)をご覧ください。
 
8)日本腹部救急医学会認定医制度セミナー(分野V【外科治療】C. Trauma surgery)受講:1点
 
日本腹部救急医学会の主催です。詳細につきましては、日本腹部救急医学会のホームページ(http://plaza.umin.ac.jp/~jaem/)をご覧ください。
 
9)日本Acute Care Surgery学会外傷教育セミナー受講:1点
 
日本Acute Care Surgery学会の主催です。詳細につきましては、日本Acute Care Surgery学会のホームページ(http://www.jsacs.org/)をご覧ください。
 
10)日本外傷学会外傷教育セミナ-(招待講演、教育講演)受講:1点
 
※教育セミナーとして開催されるもの以外の招待講演、教育講演は対象となりませんので、ご留意ください。
 
日本外傷学会の主催です。詳細につきましては、日本外傷学会のホームページ(http://www.jast-hp.org/)をご覧ください。
 
※3)~10)のセミナー・講習会受講で取得できる単位は、それぞれ一回です。
また、3)~10)のセミナー・講習会を受講した場合には、本会ホームページTOPの「各種資格」→「外傷」→「外傷点数の登録」よりご登録ください。
登録された情報を基に、外傷の点数がNCD検索システムへ反映されます。
 



Image from 日本外科学会

新着学会ニュース
日本感染症学会からのお知らせ「四学会合同事業セミナー 「オリンピック・パラリンピックに向けての感染対策」 開催」に関して

[2019.7.19]

全文見る

日本感染症学会からのお知らせ「四学会合同事業セミナー 「オリンピック・パラリンピックに向けての感染対策」 開催」に関して

日本感染症学会が「四学会合同事業セミナー 「オリンピック・パラリンピックに向けての感染対策」 開催」に関して発表した。   この度、感染症関連の四学会(日本…

低出生体重児のリスク増 妊婦の痩せ過ぎに要注意

[2019.7.19]

全文見る

低出生体重児のリスク増 妊婦の痩せ過ぎに要注意

 日本の赤ちゃんの10人に1人近くは体重2500グラム未満で生まれる。こうした低出生体重児は将来、糖尿病などの生活習慣病のリスクが高いとされる。胎児の発育が不…

日本アレルギー学会からのお知らせ「令和2年度認定専門医申請・更新申請」に関して

[2019.7.18]

全文見る

日本アレルギー学会からのお知らせ「令和2年度認定専門医申請・更新申請」に関して

日本アレルギー学会が「令和2年度認定専門医申請・更新申請」に関して発表した。    令和2年度認定専門医申請および各資格更新申請情報を掲載致しました。 ●申請…

産婦人科医にスマホで相談 学生に向けた初のサービス開始

[2019.7.18]

全文見る

産婦人科医にスマホで相談 学生に向けた初のサービス開始

 スマートフォンや電話を使って産婦人科医に相談する学生に向けた初めてのサービスが開始された。「内診は恥ずかしい」「妊娠したのかと誤解されたくない」など、産婦人…

日本糖尿病学会からのお知らせ「1型糖尿病(インスリン治療を必要とする)幼児の幼稚園・保育施設への入園取り組みガイド」に関して

[2019.7.17]

全文見る

日本糖尿病学会からのお知らせ「1型糖尿病(インスリン治療を必要とする)幼児の幼稚園・保育施設への入園取り組みガイド」に関して

日本糖尿病学会が「1型糖尿病(インスリン治療を必要とする)幼児の幼稚園・保育施設への入園取り組みガイド」に関して発表した。    1型糖尿病の子どもは適切な…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本外科学会からのお知らせ「外傷の修練(研修)」に関して」(2019年6月24日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
皮膚科専門医 女性(30代半) 皮膚科専門医 女性(30代半)
病院勤務とクリニック勤務の両面で探していただき...
外科専門医 39歳 男性 外科専門医 39歳 男性
症例数が多くやりがいのある病院でとても充実して...
呼吸器内科専門医 男性 43歳 呼吸器内科専門医 男性 43歳
入職3か月後に内科部長に昇進し、現在は病院の診...
放射線科専門医 男性(50代) 放射線科専門医 男性(50代)
おかげさまで通勤に支障は全くなく、よい環境で勤...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ