専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本糖尿病学会からのお知らせ「長寿科学関連国際学会派遣事業(平成31年(令和元年)度募集)」に関して

学会ニュース

日本糖尿病学会からのお知らせ「長寿科学関連国際学会派遣事業(平成31年(令和元年)度募集)」に関して

[2019.5.17]

日本糖尿病学会が「長寿科学関連国際学会派遣事業(平成31年(令和元年)度募集)」に関して発表した。

 

●趣旨:本事業は、海外で開催される長寿科学関連国際学会に日本国内において長寿科学に関する研究で優れた研究成果をあげた若手研究者又は有望な研究を行った若手研究者を研究発表のために派遣し、長寿科学研究の国際協力・国際交流に資することを目的とし、かつ我が国の研究の中核となる人材育成に寄与する。

 

派遣対象者および申請資格:

派遣研究者は長寿科学の研究に携わり、優れた研究成果をあげた若手研究者又は有望な研究を行った若手研究者(本人)で、下記のいずれかの要件を満たす者。

  1. 募集対象年度を含め3年前までの間に、本財団のリサーチ・レジデントとして在籍している者
  2. 募集対象年度を含め3年前までの間に長寿科学の研究に携わった若手研究者(派遣時に原則として40歳未満である者)であること。また、派遣時に日本国内の研究機関に所属していること。
    • 若手研究者に派遣機会を与えるなど国際学会等の参加経験の少ないものにも十分配慮する。
    • 同一年度における採用は1名1回限りとする。
    • 前年度派遣された者は対象外とする。
  3. 派遣予定人数:
  4. 13名程(1期~3期 各期4名~5名程)
対象となる国際学会等:
2019年4月1日から2020年3月31日の間に開催される国際学会等
●派遣期間:
 2019年4月1日から2020年3月31日の間に開催される長寿科学関連国際学会等への派遣とし、派遣期間は国際学会等への参加に要する日数に開催地への往復に要する日数を加えたものとする。
その他、詳細に関しましては該当ページよりご確認ください。



Image from 日本糖尿病学会

新着学会ニュース
日本皮膚科学会からのお知らせ「新専門医制度の聴講単位一覧」に関して

[2019.12.12]

全文見る

日本皮膚科学会からのお知らせ「新専門医制度の聴講単位一覧」に関して

日本皮膚科学会が「新専門医制度の聴講単位一覧」に関して発表した。    以下に新専門医制度において、聴講単位が認定されている教育講演などの一覧を公開いたし…

日本腎臓学会からのお知らせ「第63回日本腎臓学会学術総会 一般演題募集ならびに演題登録」に関して

[2019.12.11]

全文見る

日本腎臓学会からのお知らせ「第63回日本腎臓学会学術総会 一般演題募集ならびに演題登録」に関して

日本腎臓学会が「第63回日本腎臓学会学術総会 一般演題募集ならびに演題登録」に関して発表した。     来年の学術総会開催に向け、現在鋭意準備を進めてい…

月経障害など女性特有の疾患に「管理料」 厚生省が新設検討

[2019.12.11]

全文見る

月経障害など女性特有の疾患に「管理料」 厚生省が新設検討

 厚生労働省は、月経障害など女性特有の疾患について、医師が継続的な管理を行った場合に、新たな診療報酬を設ける検討をしている。11日に厚労相の諮問機関「中央社会保…

日本神経学会からのお知らせ「在宅使用が想定される人工呼吸器等に係る「使用上の注意」の改訂」に関して

[2019.12.10]

全文見る

日本神経学会からのお知らせ「在宅使用が想定される人工呼吸器等に係る「使用上の注意」の改訂」に関して

日本神経学会が「在宅使用が想定される人工呼吸器等に係る「使用上の注意」の改訂」に関して発表した。    厚生労働省医薬・生活衛生局より在宅使用が想定される…

自民党が素案 全世代型社会保障で高齢者の「応能負担」明記

[2019.12.10]

全文見る

自民党が素案 全世代型社会保障で高齢者の「応能負担」明記

 政府が掲げる「全世代型社会保障」の実現に向けた自民党提言の素案が9日、判明した。社会保障の給付が高齢者に偏っている構造を見直し、高齢者でも負担能力に応じて多…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本糖尿病学会からのお知らせ「長寿科学関連国際学会派遣事業(平成31年(令和元年)度募集)」に関して」(2019年5月17日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
循環器専門医 男性40代 循環器専門医 男性40代
時期によって日々忙しいこともやはりあるそうです...
内科専門医  女性医師 42歳 内科専門医  女性医師 42歳
面談時にも感じましたが、院内の雰囲気が良く運営...
救命救急科 男性医師 33歳 救命救急科 男性医師 33歳
救急と麻酔科の掛持ちなんてあまり聞いたことがな...
小児科専門医 男性34歳 小児科専門医 男性34歳
公私ともに新しい生活になりましたので、戸惑うと...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ