専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本循環器学会からのお知らせ「ビンダケル処方施設および処方医認定の申請」に関して

学会ニュース

日本循環器学会からのお知らせ「ビンダケル処方施設および処方医認定の申請」に関して

[2019.4.17]

 日本循環器学会が「ビンダケル処方施設および処方医認定の申請」に関して発表した。

 

 希少疾患である遺伝性トランスサイレチン(変異型)アミロイドーシスの末梢神経障害の進 行抑制に対して使用されてきたビンダケル®(一般名:タファミジスメグルミン)が、野生型およ び変異型トランスサイレチンによる心筋症へ適応拡大されました。

それを受け、厚生労働省 保険局からは、本製剤の使用に際して、「最新のガイドラインを参照し、トランスサイレチン型 アミロイドーシスの診断が確定していることを確認すること」、「トランスサイレチンアミロイドー シスの診断及び治療に精通した医師のもとで、本剤の投与が適切と判断される症例に使用 すること」との勧告がなされ、本剤の適正使用に関する患者要件が発出されました。

これに呼応し、日本循環器学会では、心アミロイドーシス調査研究ワーキンググループを設定し、心ア ミロイドーシスに関するガイドラインの策定を開始するとともに、トランスサイレチン型心アミロ イドーシス症例に対して、ビンダケルが適正に使用されるために、以下の施設要件、医師要 件を定め、これらのすべての要件が満たされることをビンダケル投与導入の条件といたしまし た。これらの要件検討に際しては、ビンダケル処方による患者のメリットを第一に考え、精度の高い診断のもと、適正な処方がなされる専門医療施設を漏れなく選定するとともに、処方可能な施設が日本全土に存在し患者が受診しやすくなることを考慮しました。また、適正使用 が継続的に行われていることを確認・担保するために、医師要件として全例登録を行なうこと を条件といたしました。 つきましては、ビンダケル処方施設・処方医の認定として申請をご希望の場合は、申請フォー マットにご記入の上、申請要項に記載しております申請書送付先まで、お送りいただきますようお願い申し上げます。 

何卒、よろしくお願い申し上げます。
 
<ダウンロード> は学会HPの該当ページよりお願いいたします。



Image from 日本循環器学会

新着学会ニュース
日本皮膚科学会からのお知らせ「新専門医制度の聴講単位一覧」に関して

[2019.12.12]

全文見る

日本皮膚科学会からのお知らせ「新専門医制度の聴講単位一覧」に関して

日本皮膚科学会が「新専門医制度の聴講単位一覧」に関して発表した。    以下に新専門医制度において、聴講単位が認定されている教育講演などの一覧を公開いたし…

日本腎臓学会からのお知らせ「第63回日本腎臓学会学術総会 一般演題募集ならびに演題登録」に関して

[2019.12.11]

全文見る

日本腎臓学会からのお知らせ「第63回日本腎臓学会学術総会 一般演題募集ならびに演題登録」に関して

日本腎臓学会が「第63回日本腎臓学会学術総会 一般演題募集ならびに演題登録」に関して発表した。     来年の学術総会開催に向け、現在鋭意準備を進めてい…

月経障害など女性特有の疾患に「管理料」 厚生省が新設検討

[2019.12.11]

全文見る

月経障害など女性特有の疾患に「管理料」 厚生省が新設検討

 厚生労働省は、月経障害など女性特有の疾患について、医師が継続的な管理を行った場合に、新たな診療報酬を設ける検討をしている。11日に厚労相の諮問機関「中央社会保…

日本神経学会からのお知らせ「在宅使用が想定される人工呼吸器等に係る「使用上の注意」の改訂」に関して

[2019.12.10]

全文見る

日本神経学会からのお知らせ「在宅使用が想定される人工呼吸器等に係る「使用上の注意」の改訂」に関して

日本神経学会が「在宅使用が想定される人工呼吸器等に係る「使用上の注意」の改訂」に関して発表した。    厚生労働省医薬・生活衛生局より在宅使用が想定される…

自民党が素案 全世代型社会保障で高齢者の「応能負担」明記

[2019.12.10]

全文見る

自民党が素案 全世代型社会保障で高齢者の「応能負担」明記

 政府が掲げる「全世代型社会保障」の実現に向けた自民党提言の素案が9日、判明した。社会保障の給付が高齢者に偏っている構造を見直し、高齢者でも負担能力に応じて多…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本循環器学会からのお知らせ「ビンダケル処方施設および処方医認定の申請」に関して」(2019年4月17日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
麻酔科 男性医師 48歳 麻酔科 男性医師 48歳
ありがたいことに病院側からも、これまでのキャリ...
糖尿病内科専門医 女性 42歳 糖尿病内科専門医 女性 42歳
クリニック勤務中は、人間関係に苦しみ、日々スト...
消化器内科専門医 男性 45歳 消化器内科専門医 男性 45歳
スキルを磨ける職場を得られたと喜んでいます。
神経内科専門医 37歳 男性医師 神経内科専門医 37歳 男性医師
内定から就職まで長い期間があったため、勤務スタ...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ