専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本救急医学会からのお知らせ「救急医のためのMCセミナー」に関して

学会ニュース

日本救急医学会からのお知らせ「救急医のためのMCセミナー」に関して

[2019.3.25]

日本救急医学会が「救急医のためのMCセミナー」に関して発表した。

 

第4回「救急医のためのメディカルコントロール」セミナーを下記の要領で開催いたします。
 救急科専門医が本セミナーに参加した場合、現制度(日本救急医学会)における専門医更新のクレジット30点、新制度(日本専門医機構)においては「救急科領域講習」の2単位が取得できます。

 

●日時:2019年5月30日(木) 10:00~15:00 (9:30開場)
●場所:ホテルアバローム紀の国 鳳凰の間
       〒640-8262 和歌山市湊通丁北2-1-2
       http://www.avalorm.com/access/index.html
●定員:120名(先着順)
●本セミナーの対象:

・これからMC業務に関わっていこうとしている救急医(MC初級者)
・救急科専門医を目指している方、または、救急科専門医を取得して5年程度以内の方
・MCに直接関わる医療職(救急医以外の医師、消防職員や指導救命士など)の方
 (救急医を対象としたセミナーであることご了承のうえ、ご参加ください)

※MC上級者につきましては、その受講をお断りするものではありませんが、MC初級者を対象としたセミナーであることご了承のうえ、ご参加ください。
(MC上級者用の研修としましては、厚労省の委託をうけ救急医療財団が実施している「病院前医療体制における指導医等研修(上級者)」がございます)
【注意事項】
・過去に本セミナーを受講された方は参加できません
・日本救急医療財団実施の「平成30年度病院前医療体制における指導医等研修(初級者)」の受講者は参加できません

●参加費用:11,000円
●受付締切日:5月10日(金) 
       ※但し、定員になり次第、締め切らせていただきます。

 

取得単位:
 救急科専門医が本セミナーに参加した場合、現制度(日本救急医学会)における専門医更新のクレジット30点、新制度(日本専門医機構)の救急科専門医更新基準における「救急科領域講習」2単位が取得できます。

 

当日の遅刻・早退について(出席登録が必要な方はご注意ください):

  1.  単位取得は講義毎ではなく、10:00~15:00まで受講して、現制度(日本救急医学会)における専門医更新のクレジット30点、新制度(日本専門医機構)の「救急科領域講習」2単位の取得となります。
  2. 開始後30分以降の入場、終了前30分以前の退出は出席として認められません。
  3. セミナー終了後に参加証(および領収書)をお渡しいたします。
  4. 公共交通機関の遅延による遅刻の場合は、公共交通機関発行の遅延証明書を受付においてご提示ください。証明書が無い場合の遅刻は、上記2の対応となります。
  5. 出席登録不要の場合は、上記時間に関わらず途中参加可能です。

 

参加費の振込みについて:
 申込者にお送りする返信メールに受講料(11,000円)の振込先・振込期限が記載されておりますので、必ず期日までにお振込ください。

 

参加決定について:
 参加費のお振込み完了をもって参加決定となります。
郵送、メール等での参加決定通知は致しません。

 

当日持参物:

  1. e医学会カード(日本救急医学会会員の方のみ)
    「e医学会カード」にて受付を行います。「e医学会カード」を忘れた場合も参加・参加登録は可能ですが、できるだけ「e医学会カード」のご提示にご協力いただけますようお願い申し上げます。
  2. 書籍『救急医療におけるメディカルコントロール』へるす出版
    本セミナーは上記書籍の内容に準拠しています。
    事前にご購入のうえ、ご持参ください。当日会場にてご購入いただくことも可能です。
    へるす出版ホームページ https://www.herusu-shuppan.co.jp/937-2/
  3. 講習会用テキスト(PDF)
    開催1週間程前にメール添付にて登録のメールアドレスに送付します
    各自で印刷してご持参いただくか、ノートPC等でご覧いただけるようご準備をお願いします。

 

注意事項:
・昼食のご用意はございません
・過去に本セミナーを受講された方は参加できません
・日本救急医療財団実施の「平成30年度病院前医療体制における指導医等研修(初級者)」の
 受講者は参加できません

 

その他、申し込み方法などの詳細に関しましてはHPの該当ページよりご確認ください。



Image from 日本救急医学会

新着学会ニュース
日本神経学会からのお知らせ「事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドラインの改訂」関して

[2019.4.19]

全文見る

日本神経学会からのお知らせ「事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドラインの改訂」関して

日本神経学会が「事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドラインの改訂」関して発表した。    厚生労働省労働基準局,厚生労働省健康局,ならびに厚生…

てんかんの医療者教育 オンライン中継を開始

[2019.4.19]

全文見る

てんかんの医療者教育 オンライン中継を開始

 抗てんかん薬「イーケプラ(一般名:レベチラセタム)」を製造販売するユーシービージャパン株式会社は3月22日、都内でてんかんプレスセミナーを開催した。「テレビ会議…

日本小児科学会からのお知らせ「小児診療初期対応(JPLS)コースの申込締切を延長」に関して

[2019.4.18]

全文見る

日本小児科学会からのお知らせ「小児診療初期対応(JPLS)コースの申込締切を延長」に関して

日本小児科学会が「小児診療初期対応(JPLS)コースの申込締切を延長」に関して発表した。   2019年6月30日(三重)、7月14日(福島)に開催を予定しております小…

世界初の3Dプリンター 「ヒト組織備えた心臓」作製

[2019.4.18]

全文見る

世界初の3Dプリンター 「ヒト組織備えた心臓」作製

 イスラエルの科学者グループが15日、世界初となる3Dプリンターで作製したヒト組織と血管を備えた心臓を公開した。心臓移植の可能性を進展させる「医学上の大きな突破口…

日本循環器学会からのお知らせ「ビンダケル処方施設および処方医認定の申請」に関して

[2019.4.17]

全文見る

日本循環器学会からのお知らせ「ビンダケル処方施設および処方医認定の申請」に関して

 日本循環器学会が「ビンダケル処方施設および処方医認定の申請」に関して発表した。    希少疾患である遺伝性トランスサイレチン(変異型)アミロイドーシスの…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本救急医学会からのお知らせ「救急医のためのMCセミナー」に関して」(2019年3月25日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
総合内科専門医 男性(30代) 総合内科専門医 男性(30代)
これまでの大学病院勤務とはまったく異なる環境で...
産婦人科専門医 女性 (45歳) 産婦人科専門医 女性 (45歳)
仕事や結婚式の準備で自分では中々探す時間も取れ...
循環器内科専門医 男性(35歳) 循環器内科専門医 男性(35歳)
症例の増える土台はあるので、今後に期待していま...
消化器病専門医 男性(49歳) 消化器病専門医 男性(49歳)
専門性を高めることができる環境で働けていること...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ