専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 「遠隔ICU」で集中治療を支援 医師が会社設立

学会ニュース

「遠隔ICU」で集中治療を支援 医師が会社設立

[2019.3.22]

 病院の集中治療室(ICU)などで重症患者を診療する医療スタッフに、テレビ会議システムを活用して遠くにいるベテラン専門医が助言する「遠隔ICU」。集中治療の専門医である中西智之さん(42)が、遠隔ICUを生かした効率の良い医療を提供する会社を兵庫県芦屋市に設立し、普及に取り組んでいる。

 

 遠隔ICUは米国が先進地。インターネットにつながった端末で病院側と専門医がやり取りし、患者の急変に対応する。診療の質の向上や医師の長時間労働の改善につながると期待されているが、国内での導入例は少ない。

 集中治療の専門医は、脳外科など特定分野に特化したスペシャリストではなく、あらゆる症状に幅広く対応する知識を持ったゼネラリスト。中西さんは日本集中治療医学会が認めた専門医。集中治療のほか、麻酔と救急の専門医でもある。

 2016年10月、友人の医師と資金を出し合い、遠隔ICUを手がける「T―ICU」を設立。社長に就任した。千葉県柏市の病院と契約を結び、18年6月から実際にサービスを提供している。知り合いの医師や看護師約20人に協力してもらい、24時間態勢でシフトを組み、病院を支援する。

 医師らが詰める拠点は大阪市中央区にあるマンションの一室だが、自宅待機も認めている。医師らは専用のタブレット端末を持っており、病院側とやり取りする。必要に応じて心電図や電子カルテも表示され、病院のスタッフが専門外などで対応できない場合にアドバイスする。

 これまで敗血症になった患者に投与すべき薬の種類や量を教えたり、警告音が鳴り続ける人工呼吸器の不具合を指摘したりした。現在、千葉のほかに大阪市鶴見区の病院とも契約を結ぶ。さらに複数の病院から問い合わせが来ており、契約先は増えそうだという。

 

 兵庫県出身の中西さんは、京都府立医科大を卒業して心臓血管外科の医師になった。やりがいはあったが、長時間労働で心が休まる日が少なく、家庭を大切にしたいとの思いから麻酔科医に転じた。東京の病院で集中治療の部署を経験し、集中治療医が果たす役割の大きさを実感して専門医を目指した。

 専門医になった後、フリーの医師として全国の病院で非常勤として働いた。集中治療の専門医は少なく、都市部に偏る傾向があった。日本の医療に集中治療をもっと充実させるにはどうしたらいいのかと考えるようになった。

 ある日、知人の医師から米国の遠隔ICUの話を聞き、日本にも必要だと「びびっときた」。重症患者の診療を遠隔から支援できれば、担当医が院内に拘束される時間も減るはず。これと決めたら行動は早い性格。半年後に起業。

 社長を務めながら週数日は病院で非常勤医師として働く。中西さんは「遠隔ICUは患者、医師の双方にメリットのあるシステム。会社は赤字だが、必ず普及するとの信念でパイオニアとして頑張りたい」と意気込んでいる。

 


新着学会ニュース
日本専門医機構からのお知らせ「総合診療専門研修プログラム申請」に関して

[2019.6.27]

全文見る

日本専門医機構からのお知らせ「総合診療専門研修プログラム申請」に関して

日本専門医機構が「総合診療専門研修プログラム申請」に関して発表した。    ご案内が遅くなりましたが、今年度の「総合診療領域における専門研修プログラム申…

家族が救急隊へ蘇生断ったら 消防本部に中止容認広がる

[2019.6.27]

全文見る

家族が救急隊へ蘇生断ったら 消防本部に中止容認広がる

 自宅や高齢者施設で最期を迎える人が増える中、心肺停止になった際に家族らが119番通報し、駆けつけた救急隊に心臓マッサージなどの蘇生処置を断るケースが相次いで…

日本皮膚科学会からのお知らせ「新専門医制度の聴講単位一覧」に関して

[2019.6.26]

全文見る

日本皮膚科学会からのお知らせ「新専門医制度の聴講単位一覧」に関して

日本皮膚科学会が「新専門医制度の聴講単位一覧」に関して発表した。    以下に新専門医制度において、聴講単位が認定されている教育講演などの一覧を公開いたし…

日本産科婦人科学会から「新しい「母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査に関する指針」に関するお知らせとお願い」に関して

[2019.6.25]

全文見る

日本産科婦人科学会から「新しい「母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査に関する指針」に関するお知らせとお願い」に関して

日本産科婦人科学会が「新しい「母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査に関する指針」に関するお知らせとお願い」に関して発表した。    日本産科婦人科学会(…

メタボ症状が出る前に検知 「未病」の段階で検出することに成功

[2019.6.25]

全文見る

メタボ症状が出る前に検知 「未病」の段階で検出することに成功

 健康状態から病気状態になる直前に脳波などの「生体信号」が大きく変化すると考える理論をもとに、メタボリックシンドロームを「未病」の段階で検出することに成功した…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「「遠隔ICU」で集中治療を支援 医師が会社設立」(2019年3月22日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
形成外科専門医 女性(30代後半) 形成外科専門医 女性(30代後半)
初月は患者様の引き継ぎなどで大変でしたが、事務...
泌尿器科専門医 男性医師 40代 泌尿器科専門医 男性医師 40代
病院側は以前からまとまった経験のある泌尿器科医...
産婦人科専門医 女性 (45歳) 産婦人科専門医 女性 (45歳)
仕事や結婚式の準備で自分では中々探す時間も取れ...
小児科医 男性(38 歳) 小児科医 男性(38 歳)
前職と職務内容が近いのですが、異なるタイプの病...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ