専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 「遠隔ICU」で集中治療を支援 医師が会社設立

学会ニュース

「遠隔ICU」で集中治療を支援 医師が会社設立

[2019.3.22]

 病院の集中治療室(ICU)などで重症患者を診療する医療スタッフに、テレビ会議システムを活用して遠くにいるベテラン専門医が助言する「遠隔ICU」。集中治療の専門医である中西智之さん(42)が、遠隔ICUを生かした効率の良い医療を提供する会社を兵庫県芦屋市に設立し、普及に取り組んでいる。

 

 遠隔ICUは米国が先進地。インターネットにつながった端末で病院側と専門医がやり取りし、患者の急変に対応する。診療の質の向上や医師の長時間労働の改善につながると期待されているが、国内での導入例は少ない。

 集中治療の専門医は、脳外科など特定分野に特化したスペシャリストではなく、あらゆる症状に幅広く対応する知識を持ったゼネラリスト。中西さんは日本集中治療医学会が認めた専門医。集中治療のほか、麻酔と救急の専門医でもある。

 2016年10月、友人の医師と資金を出し合い、遠隔ICUを手がける「T―ICU」を設立。社長に就任した。千葉県柏市の病院と契約を結び、18年6月から実際にサービスを提供している。知り合いの医師や看護師約20人に協力してもらい、24時間態勢でシフトを組み、病院を支援する。

 医師らが詰める拠点は大阪市中央区にあるマンションの一室だが、自宅待機も認めている。医師らは専用のタブレット端末を持っており、病院側とやり取りする。必要に応じて心電図や電子カルテも表示され、病院のスタッフが専門外などで対応できない場合にアドバイスする。

 これまで敗血症になった患者に投与すべき薬の種類や量を教えたり、警告音が鳴り続ける人工呼吸器の不具合を指摘したりした。現在、千葉のほかに大阪市鶴見区の病院とも契約を結ぶ。さらに複数の病院から問い合わせが来ており、契約先は増えそうだという。

 

 兵庫県出身の中西さんは、京都府立医科大を卒業して心臓血管外科の医師になった。やりがいはあったが、長時間労働で心が休まる日が少なく、家庭を大切にしたいとの思いから麻酔科医に転じた。東京の病院で集中治療の部署を経験し、集中治療医が果たす役割の大きさを実感して専門医を目指した。

 専門医になった後、フリーの医師として全国の病院で非常勤として働いた。集中治療の専門医は少なく、都市部に偏る傾向があった。日本の医療に集中治療をもっと充実させるにはどうしたらいいのかと考えるようになった。

 ある日、知人の医師から米国の遠隔ICUの話を聞き、日本にも必要だと「びびっときた」。重症患者の診療を遠隔から支援できれば、担当医が院内に拘束される時間も減るはず。これと決めたら行動は早い性格。半年後に起業。

 社長を務めながら週数日は病院で非常勤医師として働く。中西さんは「遠隔ICUは患者、医師の双方にメリットのあるシステム。会社は赤字だが、必ず普及するとの信念でパイオニアとして頑張りたい」と意気込んでいる。

 


新着学会ニュース
日本神経学会からのお知らせ「事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドラインの改訂」関して

[2019.4.19]

全文見る

日本神経学会からのお知らせ「事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドラインの改訂」関して

日本神経学会が「事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドラインの改訂」関して発表した。    厚生労働省労働基準局,厚生労働省健康局,ならびに厚生…

てんかんの医療者教育 オンライン中継を開始

[2019.4.19]

全文見る

てんかんの医療者教育 オンライン中継を開始

 抗てんかん薬「イーケプラ(一般名:レベチラセタム)」を製造販売するユーシービージャパン株式会社は3月22日、都内でてんかんプレスセミナーを開催した。「テレビ会議…

日本小児科学会からのお知らせ「小児診療初期対応(JPLS)コースの申込締切を延長」に関して

[2019.4.18]

全文見る

日本小児科学会からのお知らせ「小児診療初期対応(JPLS)コースの申込締切を延長」に関して

日本小児科学会が「小児診療初期対応(JPLS)コースの申込締切を延長」に関して発表した。   2019年6月30日(三重)、7月14日(福島)に開催を予定しております小…

世界初の3Dプリンター 「ヒト組織備えた心臓」作製

[2019.4.18]

全文見る

世界初の3Dプリンター 「ヒト組織備えた心臓」作製

 イスラエルの科学者グループが15日、世界初となる3Dプリンターで作製したヒト組織と血管を備えた心臓を公開した。心臓移植の可能性を進展させる「医学上の大きな突破口…

日本循環器学会からのお知らせ「ビンダケル処方施設および処方医認定の申請」に関して

[2019.4.17]

全文見る

日本循環器学会からのお知らせ「ビンダケル処方施設および処方医認定の申請」に関して

 日本循環器学会が「ビンダケル処方施設および処方医認定の申請」に関して発表した。    希少疾患である遺伝性トランスサイレチン(変異型)アミロイドーシスの…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「「遠隔ICU」で集中治療を支援 医師が会社設立」(2019年3月22日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
リハビリテーション科専門医(男性40代 西日本) リハビリテーション科専門医(男性40代 西日本)
先生にとっての新天地となった病院には、回復期リ...
乳癌学会専門医・マンモグラフィー読影認定医 (女性 40代) 外勤アルバイト 乳癌学会専門医・マンモグラフィー読影認定医 (女性 40代) 外勤アルバイト
1ヶ月程度が経過しましたが、お話通りの勤務内容で...
麻酔科 男性 29歳 麻酔科 男性 29歳
麻酔科標榜医を目指す立場からも、外科医としての...
皮膚科専門医 女性医師 40歳 皮膚科専門医 女性医師 40歳
はじめは慣れないこともありましたが今は少し慣れ...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ