専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 「全国一律」ぜんそく治療費助成を 東京大気汚染訴訟の患者らが調停申請へ

学会ニュース

「全国一律」ぜんそく治療費助成を 東京大気汚染訴訟の患者らが調停申請へ

[2019.2.8]

 国などを相手に裁判を闘った東京大気汚染訴訟のぜんそく患者らが18日、全国一律の医療費助成を求め、公害等調整委員会に公害調停を申し立てる事を代理人の弁護士が8日に明らかにした。約12年前の和解で勝ち取った医療費の全額助成が縮小された問題があり、患者側は「完治する病気ではなく高額な治療費が継続的にかかる。助成がなければ安心して暮らせない」と訴えている。

 代理人の西村隆雄弁護士によると、全国公害患者の会連合会のほか、首都圏や愛知、大阪などに居住する患者約100人が申請人となる予定。国に対し、大気汚染公害が原因とみられる患者の医療費の自己負担分全額を助成する制度の創設を要請する。自動車メーカー7社にはその財源負担を求めるという。

 大気汚染公害に関する医療費助成を巡っては、都内のぜんそく患者が国などに賠償を求めた東京大気汚染訴訟の和解が2007年に成立。和解条項に医療費助成制度の創設が盛り込まれたことを受けて、都が08年8月から患者の自己負担を全額助成する独自の制度を始めた。

 しかし、訴訟の被告だった都や国、自動車メーカーなどが拠出した計200億円の財源が底をつき、国や自動車メーカーが追加負担に応じないことから、都は14年度末で制度対象となるぜんそく患者の新規認定を打ち切った。認定を受けていた人についても18年度から月6000円までは自己負担とした。

 東京都以外では医療費の助成制度がない自治体がほとんど。患者側は都の助成開始後も全国一律の制度創設を働きかけてきたが認められていないという。環境省は「健康調査で大気汚染とぜんそくの因果関係が認められておらず、新たな医療費助成制度を創設するような状況にはないのではないか」との立場を崩していない。

 西村弁護士は「大気汚染が原因のぜんそくで苦しんでいる人は全国にいる。早期に国の助成制度をつくるべきだ」と指摘している。

 


新着学会ニュース
日本麻酔科学会からのお知らせ「第66回学術集会事前予約開始」に関して

[2019.2.19]

全文見る

日本麻酔科学会からのお知らせ「第66回学術集会事前予約開始」に関して

日本麻酔科学会が「第66回学術集会事前予約開始」に関して発表した。    日本麻酔科学会第66回学術集会の事前予約開始時間についてご連絡いたします。●事前予約…

16県が「医師少数県」 厚労省が重点配分へ

[2019.2.19]

全文見る

16県が「医師少数県」 厚労省が重点配分へ

 医師が都市部に集中する偏在問題で18日、厚生労働省は宮城を除く東北各県など16県が、人口や診療需要に対し適正な医師数を確保できていない「医師少数県」となっている…

日本核医学会からのお知らせ「第57回日本癌治療学会学術集会」に関して

[2019.2.18]

全文見る

日本核医学会からのお知らせ「第57回日本癌治療学会学術集会」に関して

日本核医学会が「第57回日本癌治療学会学術集会」に関して発表した。    第57回日本癌治療学会学術集会を下記のとおり開催することとなり、現在、鋭意準備を進め…

専門医局の2月1日~15日までの診療科別医師募集情報はコチラ!

[2019.2.18]

全文見る

専門医局の2月1日~15日までの診療科別医師募集情報はコチラ!

専門医局の2月1日~15日までの診療科別医師募集情報はコチラ!   ●内科:200件  (総合内科29、呼吸器:32、消化器:29、循環器22、血液:14、腎臓:23、神…

日本遺伝学会からのお知らせ「第19回(2019年度)「一般財団法人材料科学技術振興財団 山崎貞一賞」の募集」に関して

[2019.2.15]

全文見る

日本遺伝学会からのお知らせ「第19回(2019年度)「一般財団法人材料科学技術振興財団 山崎貞一賞」の募集」に関して

日本遺伝学会が「第19回(2019年度)「一般財団法人材料科学技術振興財団 山崎貞一賞」の募集」に関して発表した。   【募集要綱概要】 ■山崎貞一賞 「一般財団法…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「「全国一律」ぜんそく治療費助成を 東京大気汚染訴訟の患者らが調停申請へ」(2019年2月8日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
脳神経外科 男性医師 45歳 脳神経外科 男性医師 45歳
今までは、脳神経外科医として患者の急性期部分を...
形成外科専門医 女性(30代後半) 形成外科専門医 女性(30代後半)
初月は患者様の引き継ぎなどで大変でしたが、事務...
循環器内科専門医 男性(35歳) 循環器内科専門医 男性(35歳)
症例の増える土台はあるので、今後に期待していま...
内科専門医 女性 35歳 内科専門医 女性 35歳
患者一人一人に時間をかけて診察するスタイルは、...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ