専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 新型出生前診断 日産婦が拡大案を説明

学会ニュース

新型出生前診断 日産婦が拡大案を説明

[2019.1.10]

 胎児にダウン症などがあるかを調べる「新型出生前診断(NIPT)」について9日、日本産科婦人科学会(日産婦)は他学会を交えた委員会で、検査できる施設を拡大する案を説明した。要件を緩和して研修を受けた産婦人科医がいる分娩(ぶんべん)施設であれば検査を認める内容。一方、NIPTは結果次第で妊婦は産むかどうか重い決断を迫られることなどから、拡大に反対する意見もあり、春をめどに詰めの検討を進める。

 

 いまは大学病院や周産期センターなど92カ所に限り認可施設となっている。十分なカウンセリングができないと妊婦が混乱するといった理由から、産婦人科医と小児科医が常勤し、どちらかが遺伝専門医の資格を持ち、かつ遺伝の専門外来を設置していることなどが要件。

 案では今の認可施設を「基幹施設」と位置づけるほか、新たに検査出来る「連携施設」という区分を設ける。中絶手術ができる資格を持ち、日産婦の研修を受けた産婦人科医がいるなどの条件を満たす分娩施設が対象で、産婦人科医が遺伝専門医の資格を持ってなくてもよい。小児科医の常勤なども必須ではない。

 

 日産婦が緩和を目指す背景には、認可外の施設での検査が相当増えているとみられることがある。認可に法的拘束力はなく、年齢制限がなかったりする認可外の施設が国内に十数カ所あるとされる。半年で数千件の検査を実施しているとの見方もある。昨年から、日本人類遺伝学会や日本小児科学会などを交えて協議。カウンセリングなどが不十分な場合もある認可外で検査を受ける妊婦を減らすことを目指している。

 一方、検査結果によっては、妊婦は生命をめぐる重い選択を迫られる。出席する学会の関係者は「障害のある子どもや家族と接する機会がない産婦人科医だけで、十分なカウンセリングができるとは思えない」と反対する。別の関係者は「今よりかなり多くの人が検査を受けると、『障害を持つ子を産むことはよくない』という考えが広まりかねない」と危ぶむ。

 

 NIPTは国内では2013年に始まった。原則35歳以上の妊婦が検査を受けられ、採血によりダウン症など三つの染色体異常の可能性が高い精度で分かる。認可施設でつくる団体の集計では、昨年9月までの5年半で約6万5千人が検査を受けた。うち胎児に染色体異常が確定した妊婦886人の約9割が中絶した。ただ、認可施設での件数は17年春から微減や横ばい傾向が続く。

 


新着学会ニュース
日本専門医機構からのお知らせ「総合診療専門研修プログラム申請」に関して

[2019.6.27]

全文見る

日本専門医機構からのお知らせ「総合診療専門研修プログラム申請」に関して

日本専門医機構が「総合診療専門研修プログラム申請」に関して発表した。    ご案内が遅くなりましたが、今年度の「総合診療領域における専門研修プログラム申…

家族が救急隊へ蘇生断ったら 消防本部に中止容認広がる

[2019.6.27]

全文見る

家族が救急隊へ蘇生断ったら 消防本部に中止容認広がる

 自宅や高齢者施設で最期を迎える人が増える中、心肺停止になった際に家族らが119番通報し、駆けつけた救急隊に心臓マッサージなどの蘇生処置を断るケースが相次いで…

日本皮膚科学会からのお知らせ「新専門医制度の聴講単位一覧」に関して

[2019.6.26]

全文見る

日本皮膚科学会からのお知らせ「新専門医制度の聴講単位一覧」に関して

日本皮膚科学会が「新専門医制度の聴講単位一覧」に関して発表した。    以下に新専門医制度において、聴講単位が認定されている教育講演などの一覧を公開いたし…

日本産科婦人科学会から「新しい「母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査に関する指針」に関するお知らせとお願い」に関して

[2019.6.25]

全文見る

日本産科婦人科学会から「新しい「母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査に関する指針」に関するお知らせとお願い」に関して

日本産科婦人科学会が「新しい「母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査に関する指針」に関するお知らせとお願い」に関して発表した。    日本産科婦人科学会(…

メタボ症状が出る前に検知 「未病」の段階で検出することに成功

[2019.6.25]

全文見る

メタボ症状が出る前に検知 「未病」の段階で検出することに成功

 健康状態から病気状態になる直前に脳波などの「生体信号」が大きく変化すると考える理論をもとに、メタボリックシンドロームを「未病」の段階で検出することに成功した…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「新型出生前診断 日産婦が拡大案を説明」(2019年1月10日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
小児科専門医 男性34歳 小児科専門医 男性34歳
公私ともに新しい生活になりましたので、戸惑うと...
神経内科専門医 男性医師 51歳 神経内科専門医 男性医師 51歳
神経内科を主とした業務しか考えていなかったで難...
放射線科専門医 男性(50代) 放射線科専門医 男性(50代)
おかげさまで通勤に支障は全くなく、よい環境で勤...
内科認定医 女性 53歳 内科認定医 女性 53歳
必要なら小児科も診るといったところを評価してい...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ