専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 医師不足地域や研修医の残業時間の上限を緩和

学会ニュース

医師不足地域や研修医の残業時間の上限を緩和

[2018.12.6]

 5日、厚生労働省は5医師の働き方に関する検討会で、2024年4月をめどに罰則つきで適用される、医師の残業時間の上限の設定方法を提案した。医師不足地域の診療に大きく影響するため、一部の医師の長時間労働を認める内容で、一般労働者に適用される上限より規制を緩和する。その一方、終業と始業の間に一定の休息を確保する「勤務間インターバル」や連続勤務の時間制限を義務付ける。

 

対象となるのは、地域医療への影響が懸念される特定の医療機関に勤める医師や、集中して技能向上のための診療が必要な研修医ら。厚労省によると、インターバルの義務づけを条件に残業の上限規制を緩和するのはこれまでにないという。

 「上限の例外を今から考えないといけないのか、違和感がある」(連合の村上陽子総合労働局長)、「過労死基準を超えての設定には賛同できない」(自治労の森本正宏総合労働局長)など厳しい意見も出たが、大半の出席者が理解を示し、今後詳細を詰めるという。

 6月に成立した働き方改革関連法では、罰則つきの残業時間の上限が初めて導入され来年度から順次施行する。原則月45時間、年360時間。例外でも年720時間、月の上限は休日労働を含めて100時間未満とする。

 

 医師については、正当な理由がないと診療を拒めない「応召義務」があるほか、長時間労働により診療が維持できている地域や病院もある。このため働き方改革法では医師の残業時間の上限は省令で別途決め、5年後に適用することにして検討会で議論してきた。

 今回示された省令の上限となる案は、年間は休日労働込みで2~6カ月の平均月80時間以内、月間は100時間未満を考慮して決める。これは一般労働者と同じで、過労死ラインの水準とされる。「勤務間インターバル」や連続勤務の時間制限を努力義務にする。さらに医師の面接などの健康確保措置を条件に、月上限を超えることも例外的に認める。

 ただ勤務医の4割の残業時間は休日労働を含め年960時間を超す。このため地域医療への影響が出ないよう、医療機関を特定して経過措置として上限の緩和を認める。集中的に学ぶ必要がある研修医らにも長時間労働を認める。医療機関を特定し、本人が申し出た場合に適用する。一方でこれらの対象には勤務間インターバルや連続勤務時間への制限などを義務づけて健康確保をはかる。

 上限時間や、医療機関の特定の仕方などの具体的な内容については今後の検討会で詰める。

 


新着学会ニュース
日本遺伝学会からのお知らせ「第19回(2019年度)「一般財団法人材料科学技術振興財団 山崎貞一賞」の募集」に関して

[2019.2.15]

全文見る

日本遺伝学会からのお知らせ「第19回(2019年度)「一般財団法人材料科学技術振興財団 山崎貞一賞」の募集」に関して

日本遺伝学会が「第19回(2019年度)「一般財団法人材料科学技術振興財団 山崎貞一賞」の募集」に関して発表した。   【募集要綱概要】 ■山崎貞一賞 「一般財団法…

増加傾向の化膿性脊椎炎 長期化に注意

[2019.2.15]

全文見る

増加傾向の化膿性脊椎炎 長期化に注意

 腰痛は日本人にとってごくありふれた症状の一つだが、その原因はさまざまで、中には重い病気が隠れていることがある。  重い脊椎(せきつい)疾患の可能性を疑うべき…

日本外科学会からのお知らせ「第71回「保健文化賞」候補者の推薦」に関して

[2019.2.14]

全文見る

日本外科学会からのお知らせ「第71回「保健文化賞」候補者の推薦」に関して

日本外科学会が「第71回「保健文化賞」候補者の推薦」に関して発表した。   厚生労働省健康局を通じ、第一生命保険株式会社より標記授賞候補の推薦依頼が…

新型出生前診断  開業医も要件大幅緩和へ

[2019.2.14]

全文見る

新型出生前診断 開業医も要件大幅緩和へ

 12日夜、妊婦の血液から胎児の染色体異常を推定する新型出生前診断(NIPT)の拡大策を検討していた日本産科婦人科学会(日産婦)の倫理委員会は、検査できる医療…

日本胸部外科学会からのお知らせ「メドトロニック社製ペースメーカに関する回収情報(クラスI)」に関して

[2019.2.13]

全文見る

日本胸部外科学会からのお知らせ「メドトロニック社製ペースメーカに関する回収情報(クラスI)」に関して

日本胸部外科学会が「メドトロニック社製ペースメーカに関する回収情報(クラスI)」に関して発表した。    メドトロニック社製植込み型心臓ペースメーカ(デュア…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「医師不足地域や研修医の残業時間の上限を緩和」(2018年12月6日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
放射線科専門医 43際 男性医師 放射線科専門医 43際 男性医師
新居からの通勤が便利な中規模の急性期病院に転職...
女性医師 内分泌・糖尿病・代謝内科 28歳 女性医師 内分泌・糖尿病・代謝内科 28歳
常勤医として健診クリニックへの転職をする前に、...
循環器科専門医 男性(39歳) 循環器科専門医 男性(39歳)
これまでは先ず勤務があり、その合間に家庭と自分...
皮膚科 女性医師 38歳 皮膚科 女性医師 38歳
週3日で夜勤もなく帰りには夕飯の買い物もでき、願...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ