専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 病理医の負担減 胃がん診断をAIが手助け

学会ニュース

病理医の負担減 胃がん診断をAIが手助け

[2018.11.26]

 患者から採取した細胞や組織の画像を人工知能(AI)で解析して胃がんを判定する診断支援システムの試験運用を日本病理学会が今年度内に開始するという。福島など4県の計32病院が参加する。2020年度まで約3000件の症例を診断し、がんの見落としが起きないかなどを確かめる。

 がんの確定診断は、細胞の形状などを顕微鏡で詳しく観察して判断するが、担当する病理医は慢性的に不足している。そこで、同学会は、細胞組織の画像を病理医がチェックするとともにAIにも分析させる仕組みを考案。病理医が少なくても、AIの支援で正確にがんを見つけ出し、診断の効率化と医師の負担軽減の両立を目指す。

 来年3月までに福島、徳島県の10病院でシステムの試験運用を開始。来年度には滋賀、長野県の22病院も参加する予定だ。各県では、地域の病院から、インターネット経由で大学病院など中核となる病院に画像を送る。中核病院はAIの分析結果と病理医の判断を突き合わせ、胃がんかどうかを診断。結果を地域の病院に送り返す。

 診断支援システムは、学会などが日本医療研究開発機構から計8億2000万円の補助を受けて開発した。AIに約3000枚の画像を学習させた結果、胃がんを98%の精度で判定できるようになったという。

 

新着学会ニュース
日本麻酔科学会からのお知らせ「第68回学術集会のホームページを公開」に関して

[2019.11.13]

全文見る

日本麻酔科学会からのお知らせ「第68回学術集会のホームページを公開」に関して

日本麻酔科学会が「第68回学術集会のホームページを公開」に関して発表した。   11月1日より、第68回学術集会のホームページを公開いたしました。 URLはこちら&rar…

日本の病床数や高額な医療機器の数 OECD加盟国の中で最多

[2019.11.13]

全文見る

日本の病床数や高額な医療機器の数 OECD加盟国の中で最多

 経済協力開発機構(OECD)が公表した2019年版の医療に関する報告書によると、日本の病床数や高額な医療機器の数がOECD加盟国の中で最多だったことがわかっ…

日本神経学会からのお知らせ「第8回厚生労働省ICFシンポジウム「ICD-11とICF利活用の新たなステージを展望する」~かつてない超高齢社会を向かえる日本の挑戦~開催」に関して

[2019.11.12]

全文見る

日本神経学会からのお知らせ「第8回厚生労働省ICFシンポジウム「ICD-11とICF利活用の新たなステージを展望する」~かつてない超高齢社会を向かえる日本の挑戦~開催」に関して

日本神経学会が「第8回厚生労働省ICFシンポジウム「ICD-11とICF利活用の新たなステージを展望する」~かつてない超高齢社会を向かえる日本の挑戦~開催」に関して発表した…

インフルエンザ患者30都府県で増加

[2019.11.12]

全文見る

インフルエンザ患者30都府県で増加

 国立感染症研究所がまとめた10月28日から11月3日までの週の5類感染症の患者報告(小児科定点医療機関約3000カ所、インフルエンザ定点医療機関約5000カ所、速報値)によ…

日本産科婦人科学会から「令和2年度 「成育疾患克服等総合研究事業―BIRTHDAY/女性の健康の包括的支援実用化研究事業―Wise[合同公募]」に係る公募」に関して

[2019.11.11]

全文見る

日本産科婦人科学会から「令和2年度 「成育疾患克服等総合研究事業―BIRTHDAY/女性の健康の包括的支援実用化研究事業―Wise[合同公募]」に係る公募」に関して

 日本産科婦人科学会が「令和2年度 「成育疾患克服等総合研究事業―BIRTHDAY/女性の健康の包括的支援実用化研究事業―Wise[合同公募]」に係る公募」に関して発表した。 …

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「病理医の負担減 胃がん診断をAIが手助け」(2018年11月26日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
小児科専門医・アレルギー専門医(男性40代) 小児科専門医・アレルギー専門医(男性40代)
入職1~3ヵ月後の状況 就職先のクリニックは、残...
リハビリテーション科専門医(男性40代) リハビリテーション科専門医(男性40代)
先生にとっての新天地となった病院には、回復期リ...
透析専門医 男性(40代) 透析専門医 男性(40代)
今ではかなり時間に余裕ができ、オンコールからも...
皮膚科専門医(女性・40代) 皮膚科専門医(女性・40代)
転職先の病院内だけでなく、周辺地域からの皮膚科...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ