専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本感染症学会からのお知らせ「第2回(平成31年度) 日本感染症学会臨床研究促進助成応募要領」に関して

学会ニュース

日本感染症学会からのお知らせ「第2回(平成31年度) 日本感染症学会臨床研究促進助成応募要領」に関して

[2018.11.9]

日本感染症学会が「第2回(平成31年度) 日本感染症学会臨床研究促進助成応募要領」に関して発表した。

 

●助成の概要

  1. 応募対象
    原則として40歳未満の日本感染症学会の会員が個人またはグループで行う臨床研究を助成対象とします。但し、対象外の年齢でも合理的な理由があると判断される場合は考慮します。
  2. ・助成対象課題
    臨床感染症学全般を対象とします。なお、他の研究費でサポートされていないテーマが望ましい。
  3. ・助成金額
    1件200万円を上限とし、助成総額を200万円とします。
  4. ・助成期間
    1年を原則とし、助成金は贈呈決定後通常は年度内で使用することになります(研究の性質上1年を超えるものについては弾力的に対処させて頂くこともあります)。
  5. ・助成金の使途
    当該研究に要する物品の購入費用及び研究の推進に必要な費用とします。
    *なお、研究費の受け入れと経理が困難な施設では学会事務局が経理を代行します。
    **本助成金は全額を研究費に充てて頂く方針のため、所属機関への間接経費/オーバーヘッドに関しては、原則として所属機関内で免除手続きを行ってください。
  6. ・助成対象者の義務・条件等
    1. 選考の結果、助成対象者となられた場合には、所定の「助成承諾書」を提出し、これにより研究経過・完了の報告、収支会計報告等の義務を負って頂きます。
    2. 本研究により得られた成果は、原則として英論文化して頂きます。
    3. 助成年度の次の学術集会で研究の途中経過を報告して頂きます。研究の完了後には、直近の学術集会のAccepted Paper Session(ワークショップ)において研究の着想・実施から論文化に至るまで体験されたことについて報告して頂きます。
    4. 研究に際しては、実験計画・解析、そして論文作成等に関して、本学会の臨床研究促進委員会からの助言を受けることが条件となります。申請に際し、別紙の臨床研究促進委員会委員リストから希望する同一施設外のチューターを1名指名してください。
    5. 本研究は、必要な倫理審査委員会の承認を得た上で実施してください。

 

●選考方法・結果通知等

  1. 選考方法
    学会の臨床研究促進委員会からなる選考委員会において慎重な審議の上選考し、理事会で決定します。
  2. 結果通知等
    結果は決定後直ちに研究代表者宛に書面で通知します。なお、採否の理由についてのご照会には回答しかねますのでご了承下さい。

 

●応募期間

平成30年11月1日(木曜日)~平成30年12月15日(土曜日)午後5時
*期間内に必着のこと

 

●応募方法

  1. 応募にあたっては、「申請書」を作成し研究代表者が押印の上、本学会事務局宛郵送して下さい。封筒には「臨床研究促進助成応募書類」と朱筆してください。
    併せて、「申請書」のPDF版を電子メールで本学会事務局宛送付してください。その際、件名を「日本感染症学会臨床研究促進助成応募」としてください。
    [電子メールアドレス]info@kansensho.or.jp
    *「申請書」は下記からダウンロードしてください。
    (Word版)(PDF版)
  2. 提出書類・資料
    郵送:「申請書」(押印済)正本1部
    電子メール:「申請書」(押印済)のPDF版
    *正本は両面印刷し、左肩上でホチキスどめしてください。
    *なお、ご提出頂いた応募書類は採否に関わらず一切返却しかねますので、あらかじめご了承下さい。
  3. 本学会で応募書類を受理しましたら、「申請書」に記載された研究代表者にメールで通知します。応募期間の最終日以降3日を過ぎても受理メールが届かない場合は、本学会事務局までご連絡下さい。

 

●個人情報取扱いについて

  1. 個人情報は原則として利用目的の範囲内で、かつ業務遂行上必要な限度内で利用します。
  2. 法令等の定める場合を除き、事前に本人の同意を得ることなく個人情報を第三者に提供しません。

【応募書類提出先・お問い合わせ先】
一般社団法人日本感染症学会事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷3-28-8 日内会館2F
TEL:03-5842-5845 FAX:03-5842-5846
E-mail:info@kansensho.or.jp



Image from 日本感染症学会

新着学会ニュース
日本専門医機構からのお知らせ「日本専門医機構 職員募集」に関して

[2018.11.16]

全文見る

日本専門医機構からのお知らせ「日本専門医機構 職員募集」に関して

日本専門医機構が「日本専門医機構 職員募集」に関して発表した。   平成 30 年 10 月 19 日に開催した理事会におきまして、下記の通り、「 専攻医登録(応募)ス…

専門医局の11月1日~15日までの診療科別医師募集情報はコチラ!

[2018.11.16]

全文見る

専門医局の11月1日~15日までの診療科別医師募集情報はコチラ!

専門医局の11月1日~15日までの診療科別医師募集情報はコチラ!   ●内科:200件  (総合内科36、呼吸器:26、消化器:25、循環器27、血液:16、腎臓:19、神…

日本皮膚科学会からのお知らせ「皮膚科診療における遠隔医療の位置付け」に関して

[2018.11.15]

全文見る

日本皮膚科学会からのお知らせ「皮膚科診療における遠隔医療の位置付け」に関して

日本皮膚科学会が「皮膚科診療における遠隔医療の位置付け」に関して発表した。    11月2日の理事会において、標記につき審議し下記のように決定いたしましたので…

「未病」テーマにシンポジウム開催

[2018.11.15]

全文見る

「未病」テーマにシンポジウム開催

 13日、「未来貢献プロジェクト・未病シンポジウム」(読売新聞社主催、アンファー、日清オイリオグループ、ファンケル、ロッテ協賛)が、東京都港区の品川グランドセン…

日本胸部外科学会からのお知らせ「 JATS Research Project Award 日本胸部外科学会研究助成 第2回(2019年度)募集開始」に関して

[2018.11.14]

全文見る

日本胸部外科学会からのお知らせ「 JATS Research Project Award 日本胸部外科学会研究助成 第2回(2019年度)募集開始」に関して

日本胸部外科学会が「 JATS Research Project Award 日本胸部外科学会研究助成 第2回(2019年度)募集開始」に関して発表した。    本会は昨年度『 JATS Research…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本感染症学会からのお知らせ「第2回(平成31年度) 日本感染症学会臨床研究促進助成応募要領」に関して」(2018年11月9日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
皮膚科専門医 女性(36歳) 皮膚科専門医 女性(36歳)
住宅街のクリニックということで、お子さんや年配...
血液専門医 女性(30代後半) 血液専門医 女性(30代後半)
常勤復帰に最初は不安もありましたが、スタッフの...
神経内科専門医 37歳 男性医師 神経内科専門医 37歳 男性医師
内定から就職まで長い期間があったため、勤務スタ...
循環器内科 男性(38歳) 循環器内科 男性(38歳)
求めていた環境に勤めることができ、満足しています。

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ