専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 風疹患者8週連続で100人超

学会ニュース

風疹患者8週連続で100人超

[2018.11.7]

 首都圏を中心に風疹が流行している。国立感染症研究所が6日発表した、直近1週間(10月22~28日)の患者数は8週連続で100人を超え、今年に入り1692人に上った。患者の中心はワクチンの接種率が低い30~50代男性。専門家は「対策をうたないと、東京五輪の2020年まで感染が続くこともありうる」と懸念する。

 

 感染研によると、直近1週間の風疹の患者数は170人。最も多いのは東京で60人。次いで神奈川24人、千葉19人と続く。関東以外でも、愛知4人、大阪7人、福岡6人など患者が出ている。

 感染研は6日、緊急情報を発表。妊娠初期に風疹にかかると、赤ちゃんに難聴や心疾患などの障害が出るおそれがあるが、妊娠中は予防接種が受けられないため、妊娠の2カ月前までにワクチン接種を済ませておくよう呼びかけた。

 1万6千人超の患者が出た2012~13年の流行では、45人の赤ちゃんに障害が出て、うち11人が亡くなった。

 米疾病対策センター(CDC)は10月22日、予防接種や罹患(りかん)歴のない妊婦は日本に渡航しないよう勧告。風疹は一度流行すると、2~3年にわたり流行が続くことが多く、専門家は今回も感染が続くおそれがあると懸念する。

 来年にはラグビーワールドカップ、20年には東京五輪・パラリンピックが控える。政府は20年度までに持続的な感染が1年以上確認されない「風疹の排除」をめざすが、何も手をうたなければ大型イベントにも影響が出かねない。

 今回の流行は、過去の制度変更の影響でワクチンの接種率が低い、30~50代男性を中心に感染が広がっている。同年代で抗体が少なく感染のリスクが高い人は数百万人いるとみられる。

 感染研感染症疫学センターの多屋馨子(けいこ)室長は「30~50代男性の抗体保有率を上げない限り流行が繰り返される。抗体検査を職場の定期健診に組み込むなどの取り組みが必要だ」と訴える。

 

 


新着学会ニュース
日本皮膚科学会からのお知らせ「【重要】新専門医制度の皮膚科領域プログラム」に関して

[2019.1.22]

全文見る

日本皮膚科学会からのお知らせ「【重要】新専門医制度の皮膚科領域プログラム」に関して

日本皮膚科学会が「【重要】新専門医制度の皮膚科領域プログラム」に関して発表した。    2019年度プログラムへの二次応募期間が終了となりました。今回の応募に…

医師の偏在解消へ 開業医多い地域での新規開業に新ルール

[2019.1.22]

全文見る

医師の偏在解消へ 開業医多い地域での新規開業に新ルール

 医師が都市部に集中する「偏在」の解消を目指し、開業医が多い地域で新たに開業する医師に対し、地域で不足する在宅や救急などの医療への参加を求めることになった。厚…

日本腎臓学会からのお知らせ「平成31年度AMED研究公募」に関して

[2019.1.21]

全文見る

日本腎臓学会からのお知らせ「平成31年度AMED研究公募」に関して

日本腎臓学会が「平成31年度AMED研究公募」に関して発表した。    AMEDより腎臓病関連の研究課題が公募されております。ぜひ多くの先生方に応募いただきたく願っ…

インフルエンザの患者が急増 全国で警報レベルに

[2019.1.21]

全文見る

インフルエンザの患者が急増 全国で警報レベルに

 インフルエンザの患者が急増している。厚生労働省は18日、全国5千カ所の定点医療機関から報告された直近1週間(1月7~13日)の1医療機関あたりの患者数が38…

小児がん治療で免疫低下や消失の子へ再予防接種を 助成の動き  

[2019.1.21]

全文見る

小児がん治療で免疫低下や消失の子へ再予防接種を 助成の動き  

 小児がんなどの治療に伴い、定期予防接種などで獲得した免疫が低下したり消失したりした子どもに対し、再び予防接種を受ける費用を助成する動きが長野県内自治体で出始…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「風疹患者8週連続で100人超」(2018年11月7日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
消化器科 男性医師 38歳 消化器科 男性医師 38歳
今後、医師としてスキルアップするための症例を学...
麻酔科 男性医師 48歳 麻酔科 男性医師 48歳
ありがたいことに病院側からも、これまでのキャリ...
消化器内視鏡専門医 男性(43歳) 消化器内視鏡専門医 男性(43歳)
勤務にも慣れ、充実した日々を過ごしています。消...
血液内科専門医 男性(35歳) 血液内科専門医 男性(35歳)
新しい勤務先では大学から非常勤でご高名な先生も...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ