専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 風疹患者8週連続で100人超

学会ニュース

風疹患者8週連続で100人超

[2018.11.7]

 首都圏を中心に風疹が流行している。国立感染症研究所が6日発表した、直近1週間(10月22~28日)の患者数は8週連続で100人を超え、今年に入り1692人に上った。患者の中心はワクチンの接種率が低い30~50代男性。専門家は「対策をうたないと、東京五輪の2020年まで感染が続くこともありうる」と懸念する。

 

 感染研によると、直近1週間の風疹の患者数は170人。最も多いのは東京で60人。次いで神奈川24人、千葉19人と続く。関東以外でも、愛知4人、大阪7人、福岡6人など患者が出ている。

 感染研は6日、緊急情報を発表。妊娠初期に風疹にかかると、赤ちゃんに難聴や心疾患などの障害が出るおそれがあるが、妊娠中は予防接種が受けられないため、妊娠の2カ月前までにワクチン接種を済ませておくよう呼びかけた。

 1万6千人超の患者が出た2012~13年の流行では、45人の赤ちゃんに障害が出て、うち11人が亡くなった。

 米疾病対策センター(CDC)は10月22日、予防接種や罹患(りかん)歴のない妊婦は日本に渡航しないよう勧告。風疹は一度流行すると、2~3年にわたり流行が続くことが多く、専門家は今回も感染が続くおそれがあると懸念する。

 来年にはラグビーワールドカップ、20年には東京五輪・パラリンピックが控える。政府は20年度までに持続的な感染が1年以上確認されない「風疹の排除」をめざすが、何も手をうたなければ大型イベントにも影響が出かねない。

 今回の流行は、過去の制度変更の影響でワクチンの接種率が低い、30~50代男性を中心に感染が広がっている。同年代で抗体が少なく感染のリスクが高い人は数百万人いるとみられる。

 感染研感染症疫学センターの多屋馨子(けいこ)室長は「30~50代男性の抗体保有率を上げない限り流行が繰り返される。抗体検査を職場の定期健診に組み込むなどの取り組みが必要だ」と訴える。

 

 


新着学会ニュース
日本専門医機構からのお知らせ「日本専門医機構 職員募集」に関して

[2018.11.16]

全文見る

日本専門医機構からのお知らせ「日本専門医機構 職員募集」に関して

日本専門医機構が「日本専門医機構 職員募集」に関して発表した。   平成 30 年 10 月 19 日に開催した理事会におきまして、下記の通り、「 専攻医登録(応募)ス…

専門医局の11月1日~15日までの診療科別医師募集情報はコチラ!

[2018.11.16]

全文見る

専門医局の11月1日~15日までの診療科別医師募集情報はコチラ!

専門医局の11月1日~15日までの診療科別医師募集情報はコチラ!   ●内科:200件  (総合内科36、呼吸器:26、消化器:25、循環器27、血液:16、腎臓:19、神…

日本皮膚科学会からのお知らせ「皮膚科診療における遠隔医療の位置付け」に関して

[2018.11.15]

全文見る

日本皮膚科学会からのお知らせ「皮膚科診療における遠隔医療の位置付け」に関して

日本皮膚科学会が「皮膚科診療における遠隔医療の位置付け」に関して発表した。    11月2日の理事会において、標記につき審議し下記のように決定いたしましたので…

「未病」テーマにシンポジウム開催

[2018.11.15]

全文見る

「未病」テーマにシンポジウム開催

 13日、「未来貢献プロジェクト・未病シンポジウム」(読売新聞社主催、アンファー、日清オイリオグループ、ファンケル、ロッテ協賛)が、東京都港区の品川グランドセン…

日本胸部外科学会からのお知らせ「 JATS Research Project Award 日本胸部外科学会研究助成 第2回(2019年度)募集開始」に関して

[2018.11.14]

全文見る

日本胸部外科学会からのお知らせ「 JATS Research Project Award 日本胸部外科学会研究助成 第2回(2019年度)募集開始」に関して

日本胸部外科学会が「 JATS Research Project Award 日本胸部外科学会研究助成 第2回(2019年度)募集開始」に関して発表した。    本会は昨年度『 JATS Research…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「風疹患者8週連続で100人超」(2018年11月7日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
外科専門医 女性(30代)  外科専門医 女性(30代) 
オペにも積極的に参加させていただいています。大...
脳神経外科 男性医師 55歳 脳神経外科 男性医師 55歳
自分への期待に裏切らないように今はやるべきこと...
形成外科 女性医師 38歳 形成外科 女性医師 38歳
美容形成外科は未経験なので毎日が新鮮で日々勉強...
血液専門医 女性(30代後半) 血液専門医 女性(30代後半)
常勤復帰に最初は不安もありましたが、スタッフの...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ