専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > パーキンソン病 増える治療の選択肢 ガイドライン改訂

学会ニュース

パーキンソン病 増える治療の選択肢 ガイドライン改訂

[2018.11.2]

神経伝達物質の減少で体が動かしにくくなるパーキンソン病。日本神経学会は今年5月、診療ガイドラインを7年ぶりに改訂した。症状が進んだ進行期の患者の治療の選択肢が広がり、早期の患者の治療薬の選択肢も増え、リハビリテーションの重要性を強調している。

 

パーキンソン病は、脳内の神経伝達物質ドーパミンの減少で神経回路に異常が起き、手足の震えなどが起きて体が動かしにくくなる原因不明の難病だ。約20万人が患っているとされる。

 

 早期の患者の治療についても、体内でのドーパミンの分解を阻害する薬などが新たに承認されて改訂ガイドラインに追加され、選択肢が増えた。歩行運動やストレッチなどのリハビリも「早期から進行期までどのステージにおいても有効性が高い」と明記された。

 関東中央病院(東京都世田谷区)神経内科の織茂(おりも)智之(さとし)統括部長は「リハビリをするかしないかで、5年後、10年後の症状がかなり変わる。ぜひ取り組んでほしい」と話す。

 

 改訂ガイドラインでは診断基準も変わった。パーキンソン病と似た症状の別の病気と初期の段階から見分けられるようにした。

 従来は、静止している最中でも手足が震える(振戦

     運動が緩慢になる▽筋肉が硬くなりこわばる(筋強剛(きんきょうごう))

     身体のバランスがとれず倒れやすくなる(姿勢保持障害)

という四大運動症状の存在が診断基準の柱だった。しかし、姿勢保持障害は病気が進んでから出現することが多いため、基準から外れた。

 新たな診断基準は、運動緩慢と、振戦か筋強剛の一つ以上があり、補助的な診断法などで条件を満たすことなどとされた。

 放射性同位元素を使った心臓の検査も補助的診断法に加わった。パーキンソン病患者では、心臓に集まるはずの神経伝達物質に似た物質が集まっていないことが多い。関東中央病院の織茂さんは「他の神経変性疾患ではこういった現象が起きるのはまれで、80%以上の感度と特異度でパーキンソン病と診断できる」と言う。

 ガイドライン作成委員長の順天堂大の服部さんは「今回の改訂で国際的基準と同じになった。国際的な研究チームの比較では、従来は約86%だった診断精度が新基準では約93%に上がった。正確に診断することが大切だ」と強調する。

 


新着学会ニュース
日本胸部外科学会からのお知らせ「日本循環器学会ダイバーシティ推進委員会 セッションのご案内」に関して

[2019.3.26]

全文見る

日本胸部外科学会からのお知らせ「日本循環器学会ダイバーシティ推進委員会 セッションのご案内」に関して

日本胸部外科学会が「日本循環器学会ダイバーシティ推進委員会 セッションのご案内」に関して発表した。    日本循環器学会ダイバーシティ推進委員会では、2018…

日本救急医学会からのお知らせ「救急医のためのMCセミナー」に関して

[2019.3.25]

全文見る

日本救急医学会からのお知らせ「救急医のためのMCセミナー」に関して

日本救急医学会が「救急医のためのMCセミナー」に関して発表した。   第4回「救急医のためのメディカルコントロール」セミナーを下記の要領で開催いたします。  …

脳卒中「即応病院」認定へ 日本脳卒中学会が新年度からスタート

[2019.3.25]

全文見る

脳卒中「即応病院」認定へ 日本脳卒中学会が新年度からスタート

 脳卒中の治療が常時可能な病院を認定する制度を日本脳卒中学会が新年度からスタートさせる。治療が早いほど救命や後遺症の軽減が期待できるため、認定制度により治療の…

日本疫学会からのお知らせ「第16回(平成31年度)日本学術振興会賞受賞候補者の推薦」に関して

[2019.3.22]

全文見る

日本疫学会からのお知らせ「第16回(平成31年度)日本学術振興会賞受賞候補者の推薦」に関して

日本疫学会が「第16回(平成31年度)日本学術振興会賞受賞候補者の推薦」に関して発表した。    我が国の学術研究の水準を世界のトップレベルにおいて発展させる…

「遠隔ICU」で集中治療を支援 医師が会社設立

[2019.3.22]

全文見る

「遠隔ICU」で集中治療を支援 医師が会社設立

 病院の集中治療室(ICU)などで重症患者を診療する医療スタッフに、テレビ会議システムを活用して遠くにいるベテラン専門医が助言する「遠隔ICU」。集中治療の専…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「パーキンソン病 増える治療の選択肢 ガイドライン改訂」(2018年11月2日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
循環器専門医 (男性 30代後半) 循環器専門医 (男性 30代後半)
入職から数か月後に、治療機材も新しいものが導入...
放射線科専門医 男性(36歳) 放射線科専門医 男性(36歳)
勤務を続けながら転職活動をするのは大変でしたが...
皮膚科 女性医師 38歳 皮膚科 女性医師 38歳
週3日で夜勤もなく帰りには夕飯の買い物もでき、願...
小児科専門医 女性 35歳 小児科専門医 女性 35歳
自宅から歩いて通え、保育施設があり社員の育児に...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ