専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本麻酔科学会からのお知らせ「非常勤麻酔科医アンケート」に関して

学会ニュース

日本麻酔科学会からのお知らせ「非常勤麻酔科医アンケート」に関して

[2018.11.2]

日本麻酔科学会が「非常勤麻酔科医アンケート」に関して発表した。

 

非常勤麻酔担当医WEBアンケート調査:健全で継続可能な手術医療体制構築のために

非常勤麻酔担当医に関する初の全国規模アンケート調査を実施いたします。

 我が国では外科系医師と麻酔科医師との協調体制により、優れた手術医療を提供してきました。
しかし最近「麻酔フリーター」と称される医師らにより、この協調体制の乱れが一部地域で生じているのではないかという懸念が、外科系学会や病院団体等から出ています。

(公社)日本麻酔科学会は、2016年度、麻酔科専門医更新申請書類を用い複数病院を担当する麻酔科医数の調査を行いました。
この結果「フリーランス麻酔科医」と考えられる医師は、約6400名中88名(1.4%)でした。

一方、麻酔派遣業者が医学系雑誌等で掲載している広告には「登録人数1200人」との記述があり、両者に大きな乖離がある事がわかっています。
麻酔診療領域は、他診療領域にはない国による標榜医制度と学会専門医制度の2つの異なる基準を持ちます。
この人数乖離の要因として、麻酔標榜医を持つ他科医師や麻酔科専門医取得や更新を行わない麻酔科医、当直やオンコール体制を望まない若手医師らがこれに関わっていると考えられます。
さらに「麻酔フリーター」の定義がはっきりしない点もこの問題を複雑化させています。

今回この懸念に対応するために、「麻酔フリーター」を含む非常勤麻酔担当医全体の実情調査を、
(公社)日本麻酔科学会と(社)日本外科学会、(公社)日本整形外科学会が共同で実施する事となりました。
非常勤麻酔担当医の地域別での働き方や必要性・問題点の把握、さらにどの程度の費用と人件費がこれに注がれているか等を調査し、今後の改善の基礎資料といたします。

アンケート調査は、WEB上で行います。プルダウンメニューと自由記載項目を設け、出来るだけ短時間に入力できる内容にしました。
多くの病院から情報を収集し、関連学会・行政・厚労省・国会等への情報提供にも役立てる事で健全で継続可能な手術医療体制を構築したいと考えます。
ご多忙のところお手数をかけ誠に申し訳ありませんが、ぜひご協力をお願いいたします。
このアンケートの集計データは、今後各学会ホームページ上で公開する予定です。また、現状を正確に把握するため、アンケートは1施設1回答の原則をお守りください。

※アンケートのURLは、麻酔科を標榜する5013施設を対象に、はがきで郵送しています。
対象施設の先生方は、はがき内容を確認頂き、ご回答をお願いいたします。



Image from 日本麻酔科学会

新着学会ニュース
日本呼吸器学会からのお知らせ「リリー・オンコロジー・フェローシップ・プログラムの募集」に関して

[2019.10.21]

全文見る

日本呼吸器学会からのお知らせ「リリー・オンコロジー・フェローシップ・プログラムの募集」に関して

日本呼吸器学会が「リリー・オンコロジー・フェローシップ・プログラムの募集」に関して発表した。   日本呼吸器学会は日本イーライリリー株式会社と呼吸器腫瘍関…

日本結核病学会からのお知らせ「学会名変更」に関して

[2019.10.18]

全文見る

日本結核病学会からのお知らせ「学会名変更」に関して

日本結核病学会が「学会名変更」に関して発表した。    本学会は大正12年(1923年)の設立以来, 「日本結核病学会」の名のもと,わが国の結核対策 の推進および…

ワクチン接種きっかけに発症も 幼児にウイルス性の発疹

[2019.10.18]

全文見る

ワクチン接種きっかけに発症も 幼児にウイルス性の発疹

 ウイルス感染で発疹が出る病気のジアノッティ症候群。B型肝炎ウイルスを原因とするジアノッティ病という病気が先に報告されたが、その後、他のウイルスでも同じような…

日本肝臓学会からのお知らせ「厚生労働省防災業務計画の修正」に関して

[2019.10.17]

全文見る

日本肝臓学会からのお知らせ「厚生労働省防災業務計画の修正」に関して

日本肝臓学会が「厚生労働省防災業務計画の修正」に関して発表した。    厚生労働省肝炎対策推進室より、「厚生労働省防災業務計画の修正版が施行されたため」に…

学会が提言 インフル薬ゾフルーザ「12歳未満は慎重に」

[2019.10.17]

全文見る

学会が提言 インフル薬ゾフルーザ「12歳未満は慎重に」

 抗インフルエンザ薬「ゾフルーザ」の耐性ウイルスが相次いで出現した問題で、日本感染症学会はゾフルーザを12歳未満に投与するのは慎重に検討すべきだとする提言をま…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本麻酔科学会からのお知らせ「非常勤麻酔科医アンケート」に関して」(2018年11月2日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
消化器科 男性医師 38歳 消化器科 男性医師 38歳
今後、医師としてスキルアップするための症例を学...
泌尿器科専門医 男性(40代後半) 泌尿器科専門医 男性(40代後半)
希望通りの職場でした。当直が減ったので家族と過...
救命救急科 男性医師 51歳 救命救急科 男性医師 51歳
各科のバランスもよく、診療部長と院長が全力でバ...
腎臓内科専門医 (男性40代) 腎臓内科専門医 (男性40代)
就職前にトライアル勤務もできましたので大変円滑...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ