専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > インフルエンザ予防 子どもたちを対象にした費用補助制度導入へ

学会ニュース

インフルエンザ予防 子どもたちを対象にした費用補助制度導入へ

[2018.10.9]

 毎年のように猛威を振るうインフルエンザの予防接種を巡り、相模原・県央エリアの自治体で、子どもたちを対象にした費用補助制度を導入する動きが広がっている。本年度は10市町村のうち4市町村が実施。発症を一定程度抑えられ、重症化のリスクを低減できるため、子どもに予防接種を受けさせる保護者も多い。しかしその一方で、原則自己負担の任意接種を理由に導入していない自治体もあり、居住地によりばらつきがあるのが現状だ。

 

 制度を導入しているのは、厚木、海老名市、愛川町、清川村の4市町村。このうち最も幅広い年代に補助を行っているのが清川村。総人口約3千人で子どもの数が少ない前提もあるが、対象は生後6カ月から中学3年生まで。国が13歳未満で原則2回の接種を呼び掛けていることから、村は1回につき千円を費用負担している。

 厚木市と愛川町も、接種1回につき千円の補助内容は同じだが、対象がいずれも生後6カ月から小学校6年生まで、としている。

 独自の視点で本年度から制度を導入するのは海老名市。「義務教育を終える節目の学年で受験や就職が控える時期を健康に乗り切ってもらいたい」と、中学3年生のみを対象に10月から自己負担額が千円で済むようにする。

 インフルエンザの予防接種は高齢者の場合、法に基づき、65歳以上や条件付きで60~64歳が定期接種の対象となり、費用が助成されることがある。しかし子どもの場合は任意接種のため、全額自己負担が原則。相模原・県央エリアでは制度がない自治体の方が多勢だ。

 相模原市は「必要なものは取り組んでいきたいが、自らの意思で受ける任意接種のため、現時点では検討していない」、秦野市は「小児医療費助成の拡大などさまざまな施策に取り組んでおり、周辺自治体の様子をまずは注視していく」と、慎重な姿勢を崩していない。

 


新着学会ニュース
日本腎臓学会からのお知らせ「第49回日本腎臓学会東部・西部学術大会 演題選定委員の先生方へのお願い」に関して

[2019.5.27]

全文見る

日本腎臓学会からのお知らせ「第49回日本腎臓学会東部・西部学術大会 演題選定委員の先生方へのお願い」に関して

日本腎臓学会が「第49回日本腎臓学会東部・西部学術大会 演題選定委員の先生方へのお願い」に関して発表した。   *演題選定委員の先生方へのお願い*  この度は…

日本神経学会からのお知らせ「サマースクール「神経疾患に対する創薬トランスレーショナルリサーチを学ぶ」2019」関して

[2019.5.24]

全文見る

日本神経学会からのお知らせ「サマースクール「神経疾患に対する創薬トランスレーショナルリサーチを学ぶ」2019」関して

日本神経学会が「サマースクール「神経疾患に対する創薬トランスレーショナルリサーチを学ぶ」2019」関して発表した。   ●開催趣旨:  近年、神経疾患はその病態…

フランス生まれの「ユマニチュード」 小中学校でも講習会を開催

[2019.5.24]

全文見る

フランス生まれの「ユマニチュード」 小中学校でも講習会を開催

 フランス生まれの「ユマニチュード」という認知症ケアの技法を介護や看護の現場以外でも取り入れる動きが広がっている。市民や小中学校の生徒、救急隊員向けに講習会を…

日本循環器学会からのお知らせ「日本循環器学会 第17回・第18回 コメディカルセミナー」に関して

[2019.5.23]

全文見る

日本循環器学会からのお知らせ「日本循環器学会 第17回・第18回 コメディカルセミナー」に関して

日本循環器学会が「日本循環器学会 第17回・第18回 コメディカルセミナー」に関して発表した。   2019年度のコメディカルセミナーを下記の通り開催いたします・第…

WIN2019シンポジウム 来月パリで開催

[2019.5.23]

全文見る

WIN2019シンポジウム 来月パリで開催

 がん個別化治療の推進に取り組む国際団体のWINコンソーシアムは、6月23~24日にパリでWIN2019シンポジウムを開催することを発表した。 シンポでは欧州、米…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「インフルエンザ予防 子どもたちを対象にした費用補助制度導入へ」(2018年10月9日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
消化器内視鏡専門医 男性(43歳) 消化器内視鏡専門医 男性(43歳)
勤務にも慣れ、充実した日々を過ごしています。消...
消化病専門医 男性(40歳) 消化病専門医 男性(40歳)
希望にかなり近い職場で、積極的にやらせていただ...
形成外科専門医 女性(30代後半) 形成外科専門医 女性(30代後半)
初月は患者様の引き継ぎなどで大変でしたが、事務...
小児科専門医 女性 35歳 小児科専門医 女性 35歳
自宅から歩いて通え、保育施設があり社員の育児に...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ