専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > インフルエンザ予防 子どもたちを対象にした費用補助制度導入へ

学会ニュース

インフルエンザ予防 子どもたちを対象にした費用補助制度導入へ

[2018.10.9]

 毎年のように猛威を振るうインフルエンザの予防接種を巡り、相模原・県央エリアの自治体で、子どもたちを対象にした費用補助制度を導入する動きが広がっている。本年度は10市町村のうち4市町村が実施。発症を一定程度抑えられ、重症化のリスクを低減できるため、子どもに予防接種を受けさせる保護者も多い。しかしその一方で、原則自己負担の任意接種を理由に導入していない自治体もあり、居住地によりばらつきがあるのが現状だ。

 

 制度を導入しているのは、厚木、海老名市、愛川町、清川村の4市町村。このうち最も幅広い年代に補助を行っているのが清川村。総人口約3千人で子どもの数が少ない前提もあるが、対象は生後6カ月から中学3年生まで。国が13歳未満で原則2回の接種を呼び掛けていることから、村は1回につき千円を費用負担している。

 厚木市と愛川町も、接種1回につき千円の補助内容は同じだが、対象がいずれも生後6カ月から小学校6年生まで、としている。

 独自の視点で本年度から制度を導入するのは海老名市。「義務教育を終える節目の学年で受験や就職が控える時期を健康に乗り切ってもらいたい」と、中学3年生のみを対象に10月から自己負担額が千円で済むようにする。

 インフルエンザの予防接種は高齢者の場合、法に基づき、65歳以上や条件付きで60~64歳が定期接種の対象となり、費用が助成されることがある。しかし子どもの場合は任意接種のため、全額自己負担が原則。相模原・県央エリアでは制度がない自治体の方が多勢だ。

 相模原市は「必要なものは取り組んでいきたいが、自らの意思で受ける任意接種のため、現時点では検討していない」、秦野市は「小児医療費助成の拡大などさまざまな施策に取り組んでおり、周辺自治体の様子をまずは注視していく」と、慎重な姿勢を崩していない。

 


新着学会ニュース
日本遺伝学会からのお知らせ「生命医科学研究センター 統計解析研究チーム チームリーダー募集」に関して

[2018.12.18]

全文見る

日本遺伝学会からのお知らせ「生命医科学研究センター 統計解析研究チーム チームリーダー募集」に関して

日本遺伝学会が「生命医科学研究センター 統計解析研究チーム チームリーダー募集」に関して発表した。   チームリーダー 国立研究開発法人理化学研究所生命医科…

錠剤1回服用だけの新薬「ゾフルーザ」も インフル薬、広がる選択肢

[2018.12.18]

全文見る

錠剤1回服用だけの新薬「ゾフルーザ」も インフル薬、広がる選択肢

 インフルエンザが全国的な流行期に入った。粉を吸入するタイプや点滴薬が普及しているが、今年は錠剤を1回飲むだけの新薬「ゾフルーザ」も登場し、治療薬の選択肢は広…

日本糖尿病学会からのお知らせ「糖尿病腎症重症化予防における日本糖尿病学会市町村担当医」に関して

[2018.12.17]

全文見る

日本糖尿病学会からのお知らせ「糖尿病腎症重症化予防における日本糖尿病学会市町村担当医」に関して

日本糖尿病学会が「糖尿病腎症重症化予防における日本糖尿病学会市町村担当医」に関して発表した。    2016年3月24日に日本糖尿病対策推進会議、日本医師会、厚生…

専門医局の12月1日~15までの診療科別医師募集情報はコチラ!

[2018.12.17]

全文見る

専門医局の12月1日~15までの診療科別医師募集情報はコチラ!

専門医局の12月1日~15までの診療科別医師募集情報はコチラ!     ●内科:213件  (総合内科26、呼吸器:39、消化器:33、循環器26、血液:15、腎…

日本麻酔科学会からのお知らせ「第66回学術集会宿泊予約開始」に関して

[2018.12.14]

全文見る

日本麻酔科学会からのお知らせ「第66回学術集会宿泊予約開始」に関して

日本麻酔科学会が「第66回学術集会宿泊予約開始」に関して発表した。   日本麻酔科学会第66回学術集会の宿泊予約開始についてご連絡いたします。 宿泊のお申…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「インフルエンザ予防 子どもたちを対象にした費用補助制度導入へ」(2018年10月9日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
総合内科専門医 男性(39歳) 総合内科専門医 男性(39歳)
転居もスムーズに行き、新しい生活が始まり張り切...
皮膚科専門医 女性(30代半) 皮膚科専門医 女性(30代半)
病院勤務とクリニック勤務の両面で探していただき...
産婦人科専門医 女性 (45歳) 産婦人科専門医 女性 (45歳)
仕事や結婚式の準備で自分では中々探す時間も取れ...
消化器内科専門医 女性医師 38歳 消化器内科専門医 女性医師 38歳
契約もきっちりサポートしていただけて、納得の転...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ