専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本神経学会からのお知らせ「日本神経学会 第 12 回専門医育成教育セミナー開催」に関して

学会ニュース

日本神経学会からのお知らせ「日本神経学会 第 12 回専門医育成教育セミナー開催」に関して

[2018.9.27]

日本神経学会が「日本神経学会 第 12 回専門医育成教育セミナー開催」に関して発表した。

 

 今年も秋(冬)の専門医育成教育セミナーを開催いたします。本セミナーは年に 2 回行 っており、神経学会学術大会の時に合わせて開催される春のセミナーは講義のみですが、秋は大人数講義に加え、少人数のハンズオン形式の演習があることが特徴です。
主な対象者は神経内科専門医試験の受験を控えた方ですが、ハンズオンが人気の秋の セミナーはそれ以外の参加者も毎年多くおられます。

講義は、少人数演習のテーマともなる神経診察法と高次脳機能で2つ、それ以外の 講義を1つ設けています。 今年の神経診察は、安城更生病院副院長、安藤哲朗先生の「頸椎症の診療に慣れて 神経診察の能力を向上させよう!」のご講義です。安藤先生は 2014 年に続く二度目の 登場、頸椎症は神経内科医が診なければいけないというのが、安藤先生からの変わらぬメッセージです。

過去もアンケートで高い評価を受けている人気の講義が楽しみです。

高次機能は北海道大学大学院保健科学研究院、大槻美佳先生の「明快な高次脳機能診察:ロジカルにみる」というご講義。大槻先生も当セミナーでは何度目かの登場です。高次機能は多くの脳神経内科医が苦手とする分野ですが、ロジカルな診察法とは 何か興味が湧きます。 もうひとつのレクチャーは、国際医療福祉大学医学部神経内科、赤松直樹先生の「脳波を学ぶ人のために―判断のコツとピットフォール―」のご講義です。脳波は筋電図
や病理と並んで、受講者からの要望でいつも上位に来る項目です。脳神経内科医の代 表的な技能としての脳波判読の tips を是非身に付けて下さい。

少人数チュートリアルは本セミナーの売り物で、神経診察では、神経学会ビデオを 見ているだけではわからない様々な tips を、エキスパートから直接学ぶことができ、 受講者のスキルアップに必ず貢献するものと信じています。また高次機能はその直前に聞いた講義の内容を再度復習して実践することで、臨床に役立つ高次機能評価技能 を是非身に付けて下さい。 少人数チュートリアル終了後には 10 分程のグループ討論を設け、さらにすべて終了 後に全員集まっての総合討論の時間を設けています。高次機能も含む神経診察には、施設ごとの所謂「流儀」があり、「これでは困る、統一して欲しい」という声も聞くことがあります。しかし、色々な流儀はそれぞれの神経学者が自分の経験を元に築き上げて来たもので、統一は容易でなく、また統一が必要とも思いません。すべてのやり方が正しく、診断において同じ結論に達すればいいのです。「自分の習ったのと違うぞ」
ということを遠慮なく言っていただいて、講師も受講者もフリーに討論し、刺激を受 ける「異文化交流」こそが、このセミナーの場の最大の意義と考えています。

そこから新しい日本の神経学が産まれることを願って!



Image from 日本神経学会

新着学会ニュース
日本感染症学会からのお知らせ「四学会合同事業セミナー 「オリンピック・パラリンピックに向けての感染対策」 開催」に関して

[2019.7.19]

全文見る

日本感染症学会からのお知らせ「四学会合同事業セミナー 「オリンピック・パラリンピックに向けての感染対策」 開催」に関して

日本感染症学会が「四学会合同事業セミナー 「オリンピック・パラリンピックに向けての感染対策」 開催」に関して発表した。   この度、感染症関連の四学会(日本…

低出生体重児のリスク増 妊婦の痩せ過ぎに要注意

[2019.7.19]

全文見る

低出生体重児のリスク増 妊婦の痩せ過ぎに要注意

 日本の赤ちゃんの10人に1人近くは体重2500グラム未満で生まれる。こうした低出生体重児は将来、糖尿病などの生活習慣病のリスクが高いとされる。胎児の発育が不…

日本アレルギー学会からのお知らせ「令和2年度認定専門医申請・更新申請」に関して

[2019.7.18]

全文見る

日本アレルギー学会からのお知らせ「令和2年度認定専門医申請・更新申請」に関して

日本アレルギー学会が「令和2年度認定専門医申請・更新申請」に関して発表した。    令和2年度認定専門医申請および各資格更新申請情報を掲載致しました。 ●申請…

産婦人科医にスマホで相談 学生に向けた初のサービス開始

[2019.7.18]

全文見る

産婦人科医にスマホで相談 学生に向けた初のサービス開始

 スマートフォンや電話を使って産婦人科医に相談する学生に向けた初めてのサービスが開始された。「内診は恥ずかしい」「妊娠したのかと誤解されたくない」など、産婦人…

日本糖尿病学会からのお知らせ「1型糖尿病(インスリン治療を必要とする)幼児の幼稚園・保育施設への入園取り組みガイド」に関して

[2019.7.17]

全文見る

日本糖尿病学会からのお知らせ「1型糖尿病(インスリン治療を必要とする)幼児の幼稚園・保育施設への入園取り組みガイド」に関して

日本糖尿病学会が「1型糖尿病(インスリン治療を必要とする)幼児の幼稚園・保育施設への入園取り組みガイド」に関して発表した。    1型糖尿病の子どもは適切な…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本神経学会からのお知らせ「日本神経学会 第 12 回専門医育成教育セミナー開催」に関して」(2018年9月27日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
脳神経外科 男性医師 45歳 脳神経外科 男性医師 45歳
今までは、脳神経外科医として患者の急性期部分を...
精神科専門医 男性(37歳) 精神科専門医 男性(37歳)
精神科の場合、書類作成に時間を取られることが多...
女性医師 内分泌・糖尿病・代謝内科 28歳 女性医師 内分泌・糖尿病・代謝内科 28歳
常勤医として健診クリニックへの転職をする前に、...
小児科専門医 女性 32歳 小児科専門医 女性 32歳
入職してみると、小児科部長の治療方針や患者への...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ