専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本放射線技術学会からのお知らせ「「脳血管内治療に関する診断参考レベル構築のための医療被ばく実態調査 (Re-JDRL study)」アンケートへのご協力のお願い」に関して

学会ニュース

日本放射線技術学会からのお知らせ「「脳血管内治療に関する診断参考レベル構築のための医療被ばく実態調査 (Re-JDRL study)」アンケートへのご協力のお願い」に関して

[2018.9.19]

日本放射線技術学会が「「脳血管内治療に関する診断参考レベル構築のための医療被ばく実態調査 (Re-JDRL study)」アンケートへのご協力のお願い」に関して発表した。

 

【背景】

 日本における診断参考レベル(DRL)が2015年6月にJ-RIMEよりDRLs2015として発表され、血管撮影・IVR領域でのDRLsは「透視線量率:20mGy/min」とファントムを利用しての基準透視線量率に設定されています。このDRLsは、装置の透視線量率をコントロールすることにより透視画質を考慮し患者被ばく線量の最適化を目指すものであります。一方、血管撮影・IVR領域は他の診断領域と大きく異なる特徴があり、術者である医師による医療被ばくへの関与が大きい領域であることから、今回のDRLsは手技中の術者にとって最適化へ繋がる臨床での数値設定となっていない点から利用が難しいとの指摘があり、術者の参考となる指標の確立が急務となっております。

 

【調査の協力お願い】

 日本脳神経血管内治療学会(JSNET)と日本放射線技術学会(JSRT)の学術研究班であるDRLs 2015の血管撮影・IVR分野における効果検証および追加項目に関する検討班との合同調査として「脳血管内治療に関する診断参考レベル構築のための医療被ばく実態調査 (Re-JDRL study)」が開始されました。

 

  • 調査はJSNET専門医の施設へ調査依頼、研究参加依頼書、Re-JDRL_線量調査シートなどが送られております。
  • Re-JDRL_線量調査シートには各症例での臨床情報と線量情報を入力する項目があり、線量情報に関しましては脳神経血管内治療医師が全てを入力することが難しいと考えられます。
  • 日本放射線技術学会の皆さまには日常診療にてご多忙の所、大変恐縮ではございますが、各施設での調査記載にご協力いただけますよう、よろしくお願いいたします。

 

【調査の効果】

 本調査は、今後行われる医療法施行規則の改正(平成 30 年秋公布予定、平成 32 年 4 月施行)での線量管理に向けた「診断参考レベル」の基礎的データになり得るとともに、各施設における「防護の最適化」を行うための必須となる自施設データの集計作業でもあります。

 

【倫理的配慮】

  •  本調査は、筑波大学附属病院倫理委員会の審議に基づき、筑波大学附属病院長の許可を得て、国内多施設共同で実施するものです。
  • 本調査は、公益社団法人日本放射線技術学会から承認を受けた、平成28.29年度学術調査研究班「DRLs 2015の血管撮影・IVR分野における効果検証および追加項目に関する検討班」の活動の一環として実施いたします。
  • 本研究班と日本放射線技術学会との間に申告すべき利益相反はありません。

 

問合先

本調査に関する質問・参加ご協力いただけますご施設などございましたら、下記まで問い合わせください。

  本学術調査研究班長:坂本 肇(山梨大学医学部附属病院)
  E-mail:hajimes@yamanashi.ac.jp



Image from 日本放射線技術学会

新着学会ニュース
日本皮膚科学会からのお知らせ「新専門医制度の聴講単位一覧」に関して

[2019.6.26]

全文見る

日本皮膚科学会からのお知らせ「新専門医制度の聴講単位一覧」に関して

日本皮膚科学会が「新専門医制度の聴講単位一覧」に関して発表した。    以下に新専門医制度において、聴講単位が認定されている教育講演などの一覧を公開いたし…

日本産科婦人科学会から「新しい「母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査に関する指針」に関するお知らせとお願い」に関して

[2019.6.25]

全文見る

日本産科婦人科学会から「新しい「母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査に関する指針」に関するお知らせとお願い」に関して

日本産科婦人科学会が「新しい「母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査に関する指針」に関するお知らせとお願い」に関して発表した。    日本産科婦人科学会(…

メタボ症状が出る前に検知 「未病」の段階で検出することに成功

[2019.6.25]

全文見る

メタボ症状が出る前に検知 「未病」の段階で検出することに成功

 健康状態から病気状態になる直前に脳波などの「生体信号」が大きく変化すると考える理論をもとに、メタボリックシンドロームを「未病」の段階で検出することに成功した…

日本外科学会からのお知らせ「外傷の修練(研修)」に関して

[2019.6.24]

全文見る

日本外科学会からのお知らせ「外傷の修練(研修)」に関して

日本外科学会が「外傷の修練(研修)」に関して発表した。   外傷の修練(研修)は、以下の要件を基に、必要点数(10点)をカウントします。  従来のカ…

うつ病への磁気刺激治療 初の保険適用に

[2019.6.24]

全文見る

うつ病への磁気刺激治療 初の保険適用に

 難治性のうつ病に対し、頭部に磁気刺激を与えて症状の改善を図る治療装置が6月、初めて保険適用された。  帝人ファーマが販売する「ニューロスターTMS治療装置」…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本放射線技術学会からのお知らせ「「脳血管内治療に関する診断参考レベル構築のための医療被ばく実態調査 (Re-JDRL study)」アンケートへのご協力のお願い」に関して」(2018年9月19日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
皮膚科専門医 女性 28歳 皮膚科専門医 女性 28歳
もっと皮膚外科の技量も磨きたいと思っていました...
内科専門医 37歳 女性 内科専門医 37歳 女性
小さいお子さんをお持ちの先生がいらっしゃり(院...
小児科医 男性(38 歳) 小児科医 男性(38 歳)
前職と職務内容が近いのですが、異なるタイプの病...
麻酔科専門医 男性(43歳) 麻酔科専門医 男性(43歳)
人当りのよい性格もあってか他科の先生方ともよい...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ