専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 抗精神病薬ででの副作用検査 大半の子が検査せず

学会ニュース

抗精神病薬ででの副作用検査 大半の子が検査せず

[2018.8.10]

 抗精神病薬を服用する前後に、糖尿病や無月経など副作用の検査を受けている子どもの患者の割合が極めて低いことが、医療経済研究機構などの調査で明らかになった。調査チームは、検査の必要性が十分に認知されていないことが理由だとしている。

 

 抗精神病薬は、双極性障害(躁鬱(そううつ)病)や統合失調症の治療に使用され、子どもへの処方は増加傾向にある。血糖値や妊娠の維持に関わるホルモン(プロラクチン)値が上昇する副作用があるほか、糖尿病リスクが3倍に高まったり、短期間の服用でも無月経や乳腺の肥大が起きたりすることがある。米国などでは処方された子どもへの定期検査が推奨されているが、日本ではどれほど検査されているかわかっていなかった。

 調査は、診療報酬明細書をもとにした厚生労働省のデータベースを使い、2014~15年に抗精神病薬を新たに処方された18歳以下の約4万4千人を対象とした。処方前1カ月から処方後1年3カ月を調査期間とし、その間に採血による検査を受けたかどうかを調べた。

 その結果、処方前に血糖の検査を受けたのは13・5%、プロラクチンは0・6%だった。調査期間中に継続して服用していた約1万人のうち、定期的な検査を受けていたのは、血糖で0・9%、プロラクチンで0・1%以下だった。

 

 検査率が低い理由としては、医師間で必要性が十分に認識されていないため。さらに、精神科の診察現場で患者本人や保護者が採血を想定しておらず、検査しにくい状況があるという。

 調査チームの一人で、国立国際医療研究センター国府台病院児童精神科の宇佐美政英さんは「学童期では、無理に採血して病院に来なくなる懸念や、パニックになって興奮してしまわないか保護者が心配することなどがある」と話す。

 宇佐美さんは、小児科などのかかりつけ医が採血した結果を共有することが解決策の一つになるとして、診療連携の強化を含む医療体制の構築が必要だと指摘している。

 


新着学会ニュース
がん用語や制度について 医療者半数が知らない項目も

[2018.8.17]

全文見る

がん用語や制度について 医療者半数が知らない項目も

 第3期がん対策推進基本計画に盛り込まれた用語や制度に対する医師ら医療関係者の認識率に関して、国立がん研究センターのチームが調べたところ、医療者の半数も知らな…

日本内科学会からのお知らせ「診断プロセス向上WG 第5回ワークショップ-参加者募集」に関して

[2018.8.17]

全文見る

日本内科学会からのお知らせ「診断プロセス向上WG 第5回ワークショップ-参加者募集」に関して

日本内科学会が「診断プロセス向上WG 第5回ワークショップ-参加者募集」に関して発表した。 日本内科学会専門医部会診断プロセス向上ワーキンググループでは皆様の…

日本小児科学会からのお知らせ「重要なお知らせ(日本専門医機構)」に関して

[2018.8.14]

全文見る

日本小児科学会からのお知らせ「重要なお知らせ(日本専門医機構)」に関して

日本小児科学会が「重要なお知らせ(日本専門医機構)」に関して発表した。   日本専門医機構から下記通知がございましたので、掲載させていただきます。   …

精神保健福祉士国家試験の試験日など 厚生省が公告

[2018.8.14]

全文見る

精神保健福祉士国家試験の試験日など 厚生省が公告

 厚生労働省は、第21回精神保健福祉士国家試験の施行について官報で公告した。 試験日は2019年2月2日と3日で、北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県…

日本胸部外科学会からのお知らせ「日本胸部外科学会理事会からパブリックコメント募集」に関して

[2018.8.13]

全文見る

日本胸部外科学会からのお知らせ「日本胸部外科学会理事会からパブリックコメント募集」に関して

日本胸部外科学会が「日本胸部外科学会理事会からパブリックコメント募集」に関して発表した。     昨年の評議員会にてご報告いたしましたが、総合将来計画…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「抗精神病薬ででの副作用検査 大半の子が検査せず」(2018年8月10日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
消化器内科系専門医(取得希望) 男性(30代) 消化器内科系専門医(取得希望) 男性(30代)
まだまだこれからですが、臨床能力の向上と、専門...
血液内科 男性医師 38歳 血液内科 男性医師 38歳
精力的に気持ちよく働かせて頂いております。
消化器内科専門医 男性 45歳 消化器内科専門医 男性 45歳
スキルを磨ける職場を得られたと喜んでいます。
眼科専門医 男性(42歳) 眼科専門医 男性(42歳)
新規クリニックではないので、もともと患者さんも...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ