専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 10年間の腎臓病総合対策 「新規人工透析を1割減」目標

学会ニュース

10年間の腎臓病総合対策 「新規人工透析を1割減」目標

[2018.7.10]

 厚生労働省は、慢性腎臓病(CKD)が重症化して人工透析が必要となる患者を減らそうと、地域のかかりつけ医と専門医療機関の連携強化などを柱とする総合対策をまとめた。

 

 10年後の2028年までに、人工透析を新規に始める年間の患者数を、現在の約3万9000人より、1割少ない3万5000人以下に抑えることを目標とする。

 CKDは血液から老廃物を取り除き、体の水分を調整する腎臓の働きが低下する病気の総称で、自覚症状が出にくいため、腎機能の低下が進んでから受診する人は珍しくない。脳梗塞こうそくや心臓病などの循環器の病気を併発することも多い。

 国内のCKD患者は約1300万人とされ、透析を受ける人は計約33万人(16年)に上る。平均寿命の延びと高齢化で患者はさらに増加すると予測される。

 総合対策は、

〈1〉CKDの早期発見・治療の大切さを伝える普及啓発活動を進める

〈2〉かかりつけ医から専門医療機関へ紹介する基準を周知し、連携を強化する

〈3〉定期健康診断などを活用して保健指導を強化する――ことなどを掲げた。

厚労省は近く対策をまとめた報告書を都道府県などに送付し、対応を求める。

 


新着学会ニュース
日本胸部外科学会からのお知らせ「2018年度議事資料の掲載とご質問受付:9月25日(火)締切」」に関して

[2018.9.21]

全文見る

日本胸部外科学会からのお知らせ「2018年度議事資料の掲載とご質問受付:9月25日(火)締切」」に関して

日本胸部外科学会が「2018年度議事資料の掲載とご質問受付:9月25日(火)締切」」に関して発表した。    第71回定期学術集会の際の通常評議員会・総会議事資料(…

妊産婦や家族に知ってほしい知識や生活情報  医師ら監修アプリが好評

[2018.9.21]

全文見る

妊産婦や家族に知ってほしい知識や生活情報  医師ら監修アプリが好評

 産婦人科医や栄養士ら約50人の記事を無料で読めるアプリ「Baby+(ベイビープラス)」は、日本産科婦人科学会が監修し、今年4月に本格配信が開始された。「つわ…

日本外科学会からのお知らせ「日本臨床外科学会・日本外科学会共催 第21回 臨床研究セミナー」に関して

[2018.9.20]

全文見る

日本外科学会からのお知らせ「日本臨床外科学会・日本外科学会共催 第21回 臨床研究セミナー」に関して

日本外科学会が「日本臨床外科学会・日本外科学会共催 第21回 臨床研究セミナー」に関して発表した。   ●日時 : 平成30年11月24日(…

広がる風疹 昨年の5倍超で厚生省が予防接種呼び掛け

[2018.9.20]

全文見る

広がる風疹 昨年の5倍超で厚生省が予防接種呼び掛け

 19日、国立感染症研究所は今年初めから今月9日までに報告された風疹患者が計496人に上り、93人だった昨年1年間の5倍超になったと発表した。9日までの1週間の…

日本放射線技術学会からのお知らせ「「脳血管内治療に関する診断参考レベル構築のための医療被ばく実態調査 (Re-JDRL study)」アンケートへのご協力のお願い」に関して

[2018.9.19]

全文見る

日本放射線技術学会からのお知らせ「「脳血管内治療に関する診断参考レベル構築のための医療被ばく実態調査 (Re-JDRL study)」アンケートへのご協力のお願い」に関して

日本放射線技術学会が「「脳血管内治療に関する診断参考レベル構築のための医療被ばく実態調査 (Re-JDRL study)」アンケートへのご協力のお願い」に関して発表した。 &nb…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「10年間の腎臓病総合対策 「新規人工透析を1割減」目標」(2018年7月10日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
呼吸器外科 男性 38歳 呼吸器外科 男性 38歳
呼吸器の症例がありこれまでのスキルを活かせるこ...
消化病専門医 男性(40歳) 消化病専門医 男性(40歳)
希望にかなり近い職場で、積極的にやらせていただ...
泌尿器科 男性 53歳 泌尿器科 男性 53歳
以前の病院では定年後の再雇用制度がなく、不安な...
産婦人科専門医 女性 42歳 産婦人科専門医 女性 42歳
院長や部長からは新しいものをどんどん取り入れて...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ