専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本麻酔科学会からのお知らせ「専門医機構認定・専門医共通講習の有料化と支部学術集会参加費の変更」に関して

学会ニュース

日本麻酔科学会からのお知らせ「専門医機構認定・専門医共通講習の有料化と支部学術集会参加費の変更」に関して

[2018.7.9]

日本麻酔科学会が「専門医機構認定・専門医共通講習の有料化と支部学術集会参加費の変更」に関して発表した。

 

 専門医資格が専門医機構(以下、機構)認定になることを受け、機構の認定講習、専門医 共通講習を本学会主催の学術集会(年次・支部)の企画に導入をしております。  当該講習は予約開始とともに定員に達し、会員の皆様より予約が出来ないといったお声も多く寄せられておりますが、当日受講者は申込み者の 70~80%となり、無断キャンセル 等により多くの会員の受講機会の損失に繋がっている現状です。 

こちらの解決、対応策の一環として、本学会主催学会で開催する機構認定の専門医共通講習につきましては、麻酔科領域講習同様、1,000 円の有料講習とすることを決定致しました。
  また、専門医共通講習は院内講習やその他機構が認める講習において単位の取得が可能である点、本学会でも e-learning で受講が可能です。 

次に、支部により学術集会参加費が異なっている現状について、専門医機構認定講習の導入や、これまで以上に会員の皆様が選択して各支部学術集会参加が可能な現状となったことを鑑み、参加費を一律 4,000 円とすることが決定致しました。  支部学術集会運営が全支部において参加費の引き上げを行わなければ厳しい状況にあり、 関東甲信越・東京支部におきましては実質引き下げとはなりますが、将来的に更なる引き上げを予定している中で先ずは全支部の参加費の統一をすることを目的とし、経過的措置となります。  

 

以上につきまして、2018 年度 9 月に開催されます全支部学術集会以降、適応させて頂きますので予めご了承ください。



Image from 日本麻酔科学会

新着学会ニュース
日本耳科学会からのお知らせ「側頭骨CT・MRI電子教材の公開 およびアンケートのお願い 」に関して

[2018.7.19]

全文見る

日本耳科学会からのお知らせ「側頭骨CT・MRI電子教材の公開 およびアンケートのお願い 」に関して

日本耳科学会が「側頭骨CT・MRI電子教材の公開 およびアンケートのお願い 」に関して発表した。    本耳科学会では第27回学術講演会のモーニングセミナー12「タブ…

日本産科婦人科学会からのお知らせ「産婦人科未来委員会 若手委員公募」に関して

[2018.7.18]

全文見る

日本産科婦人科学会からのお知らせ「産婦人科未来委員会 若手委員公募」に関して

日本産科婦人科学会が「産婦人科未来委員会 若手委員公募」に関して発表した。   産婦人科未来委員会では、若手委員会の委員10名を募集いたします。奮ってご応募下…

子どものぜんそく治療で保険適用された生物学的製剤

[2018.7.18]

全文見る

子どものぜんそく治療で保険適用された生物学的製剤

 気道の慢性的な炎症でせきが止まらず息苦しくなるぜんそく。最近、子どもの重症患者に使える新たな薬が出て、治療の幅が広がっている一方で、症状が軽いからといって放…

専門医局の7月1日~15日までの診療科別医師募集情報はコチラ!

[2018.7.18]

全文見る

専門医局の7月1日~15日までの診療科別医師募集情報はコチラ!

専門医局の7月1日~15日までの診療科別医師募集情報はコチラ!     ●内科:216  (総合内科28、呼吸器:37、消化器:36、循環器35、血液:5、腎臓…

日本救急医学会からのお知らせ「第12回 DSTC募集開始」に関して

[2018.7.17]

全文見る

日本救急医学会からのお知らせ「第12回 DSTC募集開始」に関して

日本救急医学会が「第12回 DSTC募集開始」に関して発表した。      この度、 IATSIC公認 DSTCTMコースを開催いたします。 2017年よりIATSIC認可のもと、日…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本麻酔科学会からのお知らせ「専門医機構認定・専門医共通講習の有料化と支部学術集会参加費の変更」に関して」(2018年7月9日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
内科認定医 女性 53歳 内科認定医 女性 53歳
必要なら小児科も診るといったところを評価してい...
糖尿病専門医 女性(30代半) 糖尿病専門医 女性(30代半)
新しい勤務先に慣れてきたところです。希望通り、...
産科婦人科 女性医師50歳 産科婦人科 女性医師50歳
紹介会社を利用することは初めてでした。それで、...
産婦人科専門医 (女性 30代半) 非常勤・アルバイト 産婦人科専門医 (女性 30代半) 非常勤・アルバイト
前任の先生の勤務期間の都合で、当初の1ヶ月間は週...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ