専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 乳がん検診は30代にも 岡山赤磐市が19年2月から超音波検査導入

学会ニュース

乳がん検診は30代にも 岡山赤磐市が19年2月から超音波検査導入

[2018.6.13]

 6月定例赤磐市議会は12日、本会議を再開し一般質問に入った。若い世代に乳がん患者が増えている現状を受け、市は乳がん検診の対象を30代にも拡大し、来年2月から超音波検査による検診をスタートさせる方針を示した。

 佐藤武氏が、市の乳がん対策の取り組みなどについて質問。直原平保健福祉部長が、国立がん研究センター(東京)の調査では新規乳がん患者の5・8%が30代以下との状況を説明し、「若い世代で乳がんへの関心が高まっている。検診対象を30歳以上とし、市広報誌のほか保育園なども通じて受診を呼び掛けていく」と述べた。

 市健康増進課によると、市では現在、40歳以上を対象に視触診とマンモグラフィー(乳房エックス線撮影)検査を実施している。対象を拡大する30代にはマンモグラフィーよりも若年層の乳がん発見に適しているとされる超音波検査を導入する。

 本年度の一般会計当初予算に事業費98万円を計上。岡山市内の医療機関に委託し、来年2月22日~3月1日に山陽保健センター(赤磐市下市)で行う。予約制で、自己負担は千円。

 北川勝義氏は、市民病院跡地(同市松木)に市が整備している複合型介護施設の進ちょく状況をただした。

 直原部長が来年4月の開設に向け、7月2日に起工式を行い、本格的な建設に着手するといったスケジュールを説明した。同施設では隣接する熊山診療所と連携し、入所者に医療ケアを提供する。友実武則市長は「医療ケアの充実に向け、熊山診療所の医師増員に全力を挙げている」と答弁した。
行本恭庸、永徳省二、下山哲司、福木京子、大口浩志の5氏も登壇した。

 


新着学会ニュース
日本皮膚科学会からのお知らせ「新専門医制度の皮膚科領域プログラム」に関して

[2018.10.24]

全文見る

日本皮膚科学会からのお知らせ「新専門医制度の皮膚科領域プログラム」に関して

日本皮膚科学会が「新専門医制度の皮膚科領域プログラム」に関して発表した。    日本専門医機構よりプログラムへの一次応募のスケジュールについて連絡がありま…

山形で県内初の看護師無料相談 「もの忘れ看護外来」開設

[2018.10.24]

全文見る

山形で県内初の看護師無料相談 「もの忘れ看護外来」開設

河北町の県立河北病院(多田敏彦院長)に県内初の「もの忘れ看護外来」が開設され、22日から受診が始まった。県内でも年々、認知症患者が増加する中、専門の認知症認定看…

日本消化器病学会からのお知らせ「「平成30年北海道胆振東部地震」 被災地区在住会員の会費免除」に関して

[2018.10.23]

全文見る

日本消化器病学会からのお知らせ「「平成30年北海道胆振東部地震」 被災地区在住会員の会費免除」に関して

日本消化器病学会が「「平成30年北海道胆振東部地震」 被災地区在住会員の会費免除」に関して発表した。    2018年9月6日に発生しました「北海道地震」により被災…

新制度で医師不足の拍車懸念 長崎県内医療者がシンポジウム開催

[2018.10.23]

全文見る

新制度で医師不足の拍車懸念 長崎県内医療者がシンポジウム開催

 若手医師が分野ごとの高度な知識や技術を身に付けるため、本年度導入された新専門医制度について、13日、県内の地域医療関係者が意見を交わすシンポジウムが長崎市内で…

日本産科婦人科学会からのお知らせ「生殖医療に関する遺伝カウンセリング受入れ可能な臨床遺伝専門医』制度に登録申請可能な「第4回日本産科婦人科遺伝診療学会学術講演会」の開催」に関して

[2018.10.22]

全文見る

日本産科婦人科学会からのお知らせ「生殖医療に関する遺伝カウンセリング受入れ可能な臨床遺伝専門医』制度に登録申請可能な「第4回日本産科婦人科遺伝診療学会学術講演会」の開催」に関して

日本産科婦人科学会が「生殖医療に関する遺伝カウンセリング受入れ可能な臨床遺伝専門医』制度に登録申請可能な「第4回日本産科婦人科遺伝診療学会学術講演会」の開催」に…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「乳がん検診は30代にも 岡山赤磐市が19年2月から超音波検査導入」(2018年6月13日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
小児科 男性医師 41歳 小児科 男性医師 41歳
「院内開業」を通して開業の必要な経営面の指導も...
呼吸器外科 男性 38歳 呼吸器外科 男性 38歳
呼吸器の症例がありこれまでのスキルを活かせるこ...
皮膚科 女性医師 38歳 皮膚科 女性医師 38歳
週3日で夜勤もなく帰りには夕飯の買い物もでき、願...
透析専門医・腎臓内科専門医(男性 38 歳) 透析専門医・腎臓内科専門医(男性 38 歳)
家族との時間も取り易い勤務条件となり、年収も下...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ