専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本癌学会からのお知らせ「平成30年度(第59回)東レ科学技術研究助成推薦要領」に関して

学会ニュース

日本癌学会からのお知らせ「平成30年度(第59回)東レ科学技術研究助成推薦要領」に関して

[2018.6.13]

日本癌学会が「平成30年度(第59回)東レ科学技術研究助成推薦要領」に関して発表した。

 

1.候補者の対象:貴学協会が関与する分野で、国内の研究機関において、自らのアイディアで萌芽的研究に従事しており、かつ今後の研究の成果が科学技術の進歩、発展に貢献するところが大きいと考えられる若手研究者(原則として推薦時45才以下)。

本助成が重要な研究費と位置づけられ、これにより申請研究が格段に進展すると期待されることが要件。
申請の基となった研究が海外で行われていても差し支えありません。

 

2.研究助成金:総額1億3千万円。1件3千万円程度まで10件程度とします。

 

3.推薦者:当会指定の学協会の代表者、および当会の推薦委員(非公開)
>>推薦依頼学協会一覧

 

4.候補者推薦件数:1学協会から2件以内および1推薦委員会が1件以内

 

5.推薦手続:

所定の推薦書用紙に選考に、必要な事項を正確に記載し、当会あて1部ご送付願います。

※日本癌学会の推薦をご希望の方は、日本癌学会事務局宛てにご送付ください。
 委員会で選考の上、推薦候補者を決定いたします。

日本癌学会事務局

〒160-0016
東京都新宿区信濃町35信濃町煉瓦館
一般財団法人 国際医学情報センター内
TEL 03-5361-7156 FAX 03-3358-1633

6.推薦締切期日:

平成30年10月10日(水) 必着

 ※日本癌学会の推薦をご希望の方は平成30年8月30日(木)締切

7.選考方法:

下記委員からなる選考委員会において、提出された書類により一次選考を行ったのち面接による二次選考を経て、理事会で決定します。
なお、二次選考は平成30年12月下旬に行います。

 

選考結果につきましては、平成31年2月下旬に推薦者(学協会の代表者または当会の推薦委員)に通知します。

 

8.研究助成金の贈呈式平成31年3月の予定

 

(注)

  1. 候補者は、必ずしも貴学協会会員であることを要しません。
  2. 当会では専門分野の異なる選考委員全員が選考に関与します。推薦書は研究領域の異なる研究者にも理解できるように記述してください。
  3. この研究助成金は、研究目的を達成するために有効に使用されるものであれば、どのような使途で申請されても結構です。 ただし、原則として間接経費、管理経費、共通経費は助成の対象になりません。 また、助成金受領決定後、その使途を変更される場合は、事前に当会の承諾を得ていただきます。 助成研究の期間は、特別の事情がない限り助成金受領決定の次年度から3年以内とします。
  4. 助成金の受領者は、研究終了時まで毎年「助成研究年次報告書」を、また、研究終了時に、「助成研究終了報告書」を提出していただきます。
  5. この助成金は、所得税法(第9条第1項第13号ニ)の規定により非課税となっています。
  6. 推薦書の用紙は、下記ホームページからダウンロードできます。

 

(推薦書提出先・連絡先)公益財団法人東レ科学振興会
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町三丁目3番16号(日本橋室町ビル)
TEL:03-6262-1655 FAX:03-6262-1901
URL:http://www.toray-sf.or.jp/



Image from 日本癌学会

新着学会ニュース
日本肝臓学会からのお知らせ「2019年度 脳死肝移植施設の新規申請・再評価」に関して

[2019.1.23]

全文見る

日本肝臓学会からのお知らせ「2019年度 脳死肝移植施設の新規申請・再評価」に関して

日本肝臓学会が「2019年度 脳死肝移植施設の新規申請・再評価」に関して発表した。    脳死肝移植施設認定作業部会では、2019年度に脳死肝移植施設の新規申請を受…

助成外れで抑制か  難病「軽症」患者の通院回数減少

[2019.1.23]

全文見る

助成外れで抑制か  難病「軽症」患者の通院回数減少

 難病患者への医療費助成制度の変更に伴い、軽症の患者ら約15万人が制度対象から外れた問題で、対象外となった患者は半年の平均通院回数が5.3回から3.6回に減ったことが…

日本皮膚科学会からのお知らせ「【重要】新専門医制度の皮膚科領域プログラム」に関して

[2019.1.22]

全文見る

日本皮膚科学会からのお知らせ「【重要】新専門医制度の皮膚科領域プログラム」に関して

日本皮膚科学会が「【重要】新専門医制度の皮膚科領域プログラム」に関して発表した。    2019年度プログラムへの二次応募期間が終了となりました。今回の応募に…

医師の偏在解消へ 開業医多い地域での新規開業に新ルール

[2019.1.22]

全文見る

医師の偏在解消へ 開業医多い地域での新規開業に新ルール

 医師が都市部に集中する「偏在」の解消を目指し、開業医が多い地域で新たに開業する医師に対し、地域で不足する在宅や救急などの医療への参加を求めることになった。厚…

日本腎臓学会からのお知らせ「平成31年度AMED研究公募」に関して

[2019.1.21]

全文見る

日本腎臓学会からのお知らせ「平成31年度AMED研究公募」に関して

日本腎臓学会が「平成31年度AMED研究公募」に関して発表した。    AMEDより腎臓病関連の研究課題が公募されております。ぜひ多くの先生方に応募いただきたく願っ…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本癌学会からのお知らせ「平成30年度(第59回)東レ科学技術研究助成推薦要領」に関して」(2018年6月13日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
婦人科専門医 女性 35歳  婦人科専門医 女性 35歳 
実際に、家庭との両立をされている先生の話などを...
循環器内科 男性(38歳) 循環器内科 男性(38歳)
求めていた環境に勤めることができ、満足しています。
皮膚科専門医 女性(36歳) 皮膚科専門医 女性(36歳)
住宅街のクリニックということで、お子さんや年配...
整形外科専門医 男性(40代) 整形外科専門医 男性(40代)
部長待遇で迎えてくれましたので、期待に応えたい...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ