専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 抗認知症薬  日本は高い処方率

学会ニュース

抗認知症薬  日本は高い処方率

[2018.5.28]

 国内で認知症の症状進行を抑える抗認知症薬が85歳以上の高齢者人口の2割に使用されているとする調査結果を、医療経済研究機構のチームが国際老年精神医学雑誌で発表した。認知症患者は国内で約500万人いると推計されているが、詳しい処方実態が明らかになったのは初めてのこと。年齢と共に副作用のリスクも増えるため、チームは学会のガイドライン(指針)の推奨度を見直し、使用を控えるよう求めている。

 

 チームは、国のレセプト(診療報酬明細書)情報・特定健診等情報データベースを使用し、2015年4月からの1年間に抗認知症薬が処方された173万3916人分のデータを分析した。その結果、人口当たりの年間処方率は年齢と共に高くなり、85歳以上の高齢者で17%。また、年間総処方量の47%が85歳以上の患者だった。 

 
 海外での同様の調査は少ないが、ドイツでは85歳以上の認知症患者の2割にとどまり、日本の処方率の高さが際立っている。背景には日本神経学会が診療に関する指針でアルツハイマー病患者に処方するよう強く勧めていることが考えられるが、同学会の指針は85歳未満の患者が中心のエビデンス(科学的根拠)に基づいており、85歳以上のエビデンスに乏しい。チームの奥村泰之・東京都医学総合研究所主席研究員(臨床疫学)は「85歳以上の利用者が多い臨床現場と、エビデンスとの年齢層が異なり、薬の効果は未知数。加齢による副作用のリスク増大も懸念されるため、国内の学会指針の推奨度を弱めたり、強く推奨する年齢層を限定したりする必要がある」と指摘している。
新着学会ニュース
日本皮膚科学会からのお知らせ「【重要】新専門医制度の皮膚科領域プログラム」に関して

[2019.1.22]

全文見る

日本皮膚科学会からのお知らせ「【重要】新専門医制度の皮膚科領域プログラム」に関して

日本皮膚科学会が「【重要】新専門医制度の皮膚科領域プログラム」に関して発表した。    2019年度プログラムへの二次応募期間が終了となりました。今回の応募に…

医師の偏在解消へ 開業医多い地域での新規開業に新ルール

[2019.1.22]

全文見る

医師の偏在解消へ 開業医多い地域での新規開業に新ルール

 医師が都市部に集中する「偏在」の解消を目指し、開業医が多い地域で新たに開業する医師に対し、地域で不足する在宅や救急などの医療への参加を求めることになった。厚…

日本腎臓学会からのお知らせ「平成31年度AMED研究公募」に関して

[2019.1.21]

全文見る

日本腎臓学会からのお知らせ「平成31年度AMED研究公募」に関して

日本腎臓学会が「平成31年度AMED研究公募」に関して発表した。    AMEDより腎臓病関連の研究課題が公募されております。ぜひ多くの先生方に応募いただきたく願っ…

インフルエンザの患者が急増 全国で警報レベルに

[2019.1.21]

全文見る

インフルエンザの患者が急増 全国で警報レベルに

 インフルエンザの患者が急増している。厚生労働省は18日、全国5千カ所の定点医療機関から報告された直近1週間(1月7~13日)の1医療機関あたりの患者数が38…

小児がん治療で免疫低下や消失の子へ再予防接種を 助成の動き  

[2019.1.21]

全文見る

小児がん治療で免疫低下や消失の子へ再予防接種を 助成の動き  

 小児がんなどの治療に伴い、定期予防接種などで獲得した免疫が低下したり消失したりした子どもに対し、再び予防接種を受ける費用を助成する動きが長野県内自治体で出始…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「抗認知症薬  日本は高い処方率」(2018年5月28日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
内科専門医 女性 35歳 内科専門医 女性 35歳
患者一人一人に時間をかけて診察するスタイルは、...
総合内科専門医 男性42歳 総合内科専門医 男性42歳
土日休みなのに収入はこれまでの倍近いという、条...
産婦人科専門医 女性 (45歳) 産婦人科専門医 女性 (45歳)
仕事や結婚式の準備で自分では中々探す時間も取れ...
救命救急科 男性医師 51歳 救命救急科 男性医師 51歳
各科のバランスもよく、診療部長と院長が全力でバ...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ