専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 外国人の受け入れ環境充実と医療関係者の負担軽減へ 外国客の医療通訳支援のコールセンター開設

学会ニュース

外国人の受け入れ環境充実と医療関係者の負担軽減へ 外国客の医療通訳支援のコールセンター開設

[2018.4.13]

 医療現場で外国人観光客との意思疎通が課題となっていることを受け、沖縄県は1日から、電話で通訳を行う「Be.Okinawaインバウンド医療通訳コールセンター」を開設した。観光業者や医療機関がセンターに電話することで、365日24時間体制で通訳サービスを受けられる。

外国人の受け入れ環境を整えるとともに医療関係者の負担軽減を狙う。

 センターは英語や中国語、韓国語など6カ国語の通訳に対応しており、費用は通話料のみ。問い合わせの集中を避けるため、センターの番号を伝えるのはホテルや観光施設などの観光事業者、医療機関、消防機関に限定するという。

 

2017年に沖縄を訪れた外国人客は前年比22・1%増の約254万人となり、医療需要も伸びている。

 16の医療機関が参加した16年度の実証実験では、外国人の医療ニーズで多かったのが風邪やけがなどの軽い症状だったため、診療所も対象とするよう要望があった。今回の事業では対象を県内約千の医療機関に拡充した。医療現場では治療方針や医療費を巡るトラブルも起きており、専門家が通訳することでトラブルを減らせると期待する。

 県の嘉手苅孝夫文化観光スポーツ部長は「コールセンターを活用して医療の負担軽減につなげてほしい」と活用を呼び掛けた。

 事業者向けコールセンター番号などの問い合わせは運営事務局(電話)098(868)5230。

 

新着学会ニュース
日本胸部外科学会からのお知らせ「2018年度議事資料の掲載とご質問受付:9月25日(火)締切」」に関して

[2018.9.21]

全文見る

日本胸部外科学会からのお知らせ「2018年度議事資料の掲載とご質問受付:9月25日(火)締切」」に関して

日本胸部外科学会が「2018年度議事資料の掲載とご質問受付:9月25日(火)締切」」に関して発表した。    第71回定期学術集会の際の通常評議員会・総会議事資料(…

妊産婦や家族に知ってほしい知識や生活情報  医師ら監修アプリが好評

[2018.9.21]

全文見る

妊産婦や家族に知ってほしい知識や生活情報  医師ら監修アプリが好評

 産婦人科医や栄養士ら約50人の記事を無料で読めるアプリ「Baby+(ベイビープラス)」は、日本産科婦人科学会が監修し、今年4月に本格配信が開始された。「つわ…

日本外科学会からのお知らせ「日本臨床外科学会・日本外科学会共催 第21回 臨床研究セミナー」に関して

[2018.9.20]

全文見る

日本外科学会からのお知らせ「日本臨床外科学会・日本外科学会共催 第21回 臨床研究セミナー」に関して

日本外科学会が「日本臨床外科学会・日本外科学会共催 第21回 臨床研究セミナー」に関して発表した。   ●日時 : 平成30年11月24日(…

広がる風疹 昨年の5倍超で厚生省が予防接種呼び掛け

[2018.9.20]

全文見る

広がる風疹 昨年の5倍超で厚生省が予防接種呼び掛け

 19日、国立感染症研究所は今年初めから今月9日までに報告された風疹患者が計496人に上り、93人だった昨年1年間の5倍超になったと発表した。9日までの1週間の…

日本放射線技術学会からのお知らせ「「脳血管内治療に関する診断参考レベル構築のための医療被ばく実態調査 (Re-JDRL study)」アンケートへのご協力のお願い」に関して

[2018.9.19]

全文見る

日本放射線技術学会からのお知らせ「「脳血管内治療に関する診断参考レベル構築のための医療被ばく実態調査 (Re-JDRL study)」アンケートへのご協力のお願い」に関して

日本放射線技術学会が「「脳血管内治療に関する診断参考レベル構築のための医療被ばく実態調査 (Re-JDRL study)」アンケートへのご協力のお願い」に関して発表した。 &nb…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「外国人の受け入れ環境充実と医療関係者の負担軽減へ 外国客の医療通訳支援のコールセンター開設」(2018年4月13日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
呼吸器外科 男性 38歳 呼吸器外科 男性 38歳
呼吸器の症例がありこれまでのスキルを活かせるこ...
皮膚科専門医 女性(30代半) 皮膚科専門医 女性(30代半)
病院勤務とクリニック勤務の両面で探していただき...
血液専門医 女性(30代後半) 血液専門医 女性(30代後半)
常勤復帰に最初は不安もありましたが、スタッフの...
消化器科 男性医師 (51歳) 消化器科 男性医師 (51歳)
条件についても申し分なく、何よりもこちらの病院...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ