専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 専門医が監修・調理 食物アレルギーでも大丈夫「子供食堂」

学会ニュース

専門医が監修・調理 食物アレルギーでも大丈夫「子供食堂」

[2018.1.12]

専門医らがメニューを監修・調理し、食物アレルギーがある子どもが安心して食べられる「子ども食堂」が滋賀県に誕生した。子どもに無料や低額で食事を提供する食堂は全国に広がっているが、食物アレルギーに配慮した取り組みは珍しいという。  

運営するのは、日本アレルギー学会が認定する2人の専門医と、小児アレルギーの専門知識がある看護師や栄養士らの計14名。運営にかかわる同県立小児保健医療センター小児科医の楠隆(くすのきたかし)さん(59)は「アレルギーのある、ないにかかわらず、楽しんで『つながれる場』を作りたかった」と話す。そんな願いを込め、会の名称を「スマイルシード(笑顔の種)」とした。  

 

 食物アレルギーを抱える子どもやその家族は発症の危険と隣り合わせで、孤立したり引きこもりがちになったりすることがある。  楠さんは昨年秋、県内の子ども食堂の取り組みを紹介するシンポジウムに出席。食事を核に地域がつながっていく理念に共感した。そこで、勤務先の同僚で看護師の笹畑美佐子さんらと、専門知識を生かした食堂を作ろうと準備を重ねた。常設の食堂を持たず、調理場のある施設を借りることにした。  

今月6日、同県の守山市社会福祉協議会の調理室で、洗浄を徹底し、初めて食堂を開いた。食物アレルギーがある子どもら約40人が相次いで訪れた。  

この日提供されたのは、プルコギや鶏肉団子とチンゲンサイのスープなど計5品で、卵や小麦、魚、ゴマなどアレルギーの原因とされる15品目を除去した。「おいしい!」「おかわりしよう」。子どもの明るい声が部屋中に響いた。  

 

 スマイルシード代表の笹畑さんは「普段と表情が全然違うのを見ると、始めて良かった」と手応えを感じた。次回は3月に守山市で開く。18年度以降は広く参加者を募り、県内外で開きたいという。

問い合わせは、スマイルシード(smile.seed2018@gmail.com)  

 

 「こども食堂ネットワーク」(事務局・東京)の釜池雄高・事務局長(40)は「食物アレルギーを抱える子を対象にした子ども食堂は珍しい」と話す。ネットワークは全国約290カ所の運営者による連絡会。主なアレルギー品目を除去してメニューを出す努力をしているところもあるが、対応しきれないケースも多いという。  農林水産省が昨秋に実施したインターネット調査(中間報告、274の運営者が複数回答)では、17・5%が食物アレルギーがある人の参加を「お断りする」と回答。21・2%が「特に対応を取っていない」だった。

新着学会ニュース
日本皮膚科学会からのお知らせ「【重要】新専門医制度の皮膚科領域プログラム」に関して

[2019.1.22]

全文見る

日本皮膚科学会からのお知らせ「【重要】新専門医制度の皮膚科領域プログラム」に関して

日本皮膚科学会が「【重要】新専門医制度の皮膚科領域プログラム」に関して発表した。    2019年度プログラムへの二次応募期間が終了となりました。今回の応募に…

医師の偏在解消へ 開業医多い地域での新規開業に新ルール

[2019.1.22]

全文見る

医師の偏在解消へ 開業医多い地域での新規開業に新ルール

 医師が都市部に集中する「偏在」の解消を目指し、開業医が多い地域で新たに開業する医師に対し、地域で不足する在宅や救急などの医療への参加を求めることになった。厚…

日本腎臓学会からのお知らせ「平成31年度AMED研究公募」に関して

[2019.1.21]

全文見る

日本腎臓学会からのお知らせ「平成31年度AMED研究公募」に関して

日本腎臓学会が「平成31年度AMED研究公募」に関して発表した。    AMEDより腎臓病関連の研究課題が公募されております。ぜひ多くの先生方に応募いただきたく願っ…

インフルエンザの患者が急増 全国で警報レベルに

[2019.1.21]

全文見る

インフルエンザの患者が急増 全国で警報レベルに

 インフルエンザの患者が急増している。厚生労働省は18日、全国5千カ所の定点医療機関から報告された直近1週間(1月7~13日)の1医療機関あたりの患者数が38…

小児がん治療で免疫低下や消失の子へ再予防接種を 助成の動き  

[2019.1.21]

全文見る

小児がん治療で免疫低下や消失の子へ再予防接種を 助成の動き  

 小児がんなどの治療に伴い、定期予防接種などで獲得した免疫が低下したり消失したりした子どもに対し、再び予防接種を受ける費用を助成する動きが長野県内自治体で出始…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「専門医が監修・調理 食物アレルギーでも大丈夫「子供食堂」」(2018年1月12日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
泌尿器科専門医 男性医師 40代 泌尿器科専門医 男性医師 40代
病院側は以前からまとまった経験のある泌尿器科医...
麻酔科専門医 男性 38歳 麻酔科専門医 男性 38歳
実際、外科医との意見交換や回復期スタッフとのコ...
整形外科専門医 女性(30代) 整形外科専門医 女性(30代)
もちろん子どもは授かりものですので、出産などの...
神経内科専門医(男性 30代後半 そのほか専門医資格あり) 神経内科専門医(男性 30代後半 そのほか専門医資格あり)
新居周辺の住環境もよく、勤務にも慣れはじめてい...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ