専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本神経学会からのお知らせ「抗補体モノクローナル抗体製剤 ソリリス®点滴静注300mg(一般名:エクリズマブ)の使用」に関して

学会ニュース

日本神経学会からのお知らせ「抗補体モノクローナル抗体製剤 ソリリス®点滴静注300mg(一般名:エクリズマブ)の使用」に関して

[2018.1.11]

日本神経学会が「抗補体モノクローナル抗体製剤 ソリリス®点滴静注300mg(一般名:エクリズマブ)の使用」に関して発表した。

 

 2017年12月25日、抗補体モノクローナル抗体製剤 ソリリス®点滴静注300mg(一般名:エクリズマブ)につきまして、「全身型重症筋無力症(免疫グロブリン大量静注療法又は血液浄化療法による症状の管理が困難な場合に限る)」の効能・効果および用法・用量が追加承認されました。

同薬剤につきましては髄膜炎菌感染症の発症リスクが高まることが懸念されること等から、その使用に当たってはとくに留意が必要です。

厚労省よりこのことに関する注意喚起の周知依頼がありました

(添付1 厚生労働省通知(平成29年12月25日))。なお、薬剤の含有量が間違っていたことより、その後に訂正文書が発行されております(添付2 厚生労働省一部訂正通知(平成29年12月28日))。

発売元のアレクシオンファーマ合同会社からも「ソリリス適正使用に関するお願い」が出ておりますので(添付3 アレクシオンファーマ合同会社による適正使用に関するお願い)、合わせてご参照いただき、適応を十分に考えて使用いただきますよう、よろしくお願いいたします。

 

添付1 厚生労働省通知(平成29年12月25日)
添付2 厚生労働省一部訂正通知(平成29年12月28日)
添付3 アレクシオンファーマ合同会社による適正使用に関するお願い



Image from 日本神経学会

新着学会ニュース
日本呼吸器学会からのお知らせ「加熱式タバコの健康被害調査へのご協力のお願い」に関して

[2018.10.19]

全文見る

日本呼吸器学会からのお知らせ「加熱式タバコの健康被害調査へのご協力のお願い」に関して

日本呼吸器学会が「加熱式タバコの健康被害調査へのご協力のお願い」に関して発表した。    国立がん研究センター/がん対策情報センターより、加熱式タバコ製品(…

コンタクトレンズで血糖値測定 名大研究グループが超小型装置開発

[2018.10.19]

全文見る

コンタクトレンズで血糖値測定 名大研究グループが超小型装置開発

 コンタクトレンズに搭載して血糖値を測定する超小型装置を名古屋大の研究グループが開発した。涙に含まれる糖分で発電し、採血せずに血糖値を把握できるほか、無線で測…

日本胸部外科学会からのお知らせ「【J-MACS】J-MACS Statistical Report」に関して

[2018.10.18]

全文見る

日本胸部外科学会からのお知らせ「【J-MACS】J-MACS Statistical Report」に関して

日本胸部外科学会が「【J-MACS】J-MACS Statistical Report」に関して発表した。   J-MACSに関する公開データおよび資料を更新しました。 詳細に関しましては下記…

公平な選抜方法や募集要項での周知方法などを検討 医学部入試の規範作成へ

[2018.10.18]

全文見る

公平な選抜方法や募集要項での周知方法などを検討 医学部入試の規範作成へ

 複数の大学の医学部入試で不正な得点操作などが判明したことを受け、16日、医学部を持つ大学や病院で作る「全国医学部長病院長会議」は公平、公正な入試のあり方に関す…

日本遺伝学会からのお知らせ「東北大学大学院農学研究科 附属複合生態フィールド教育研究センター 複合水域生産システム部教授公募」に関して

[2018.10.17]

全文見る

日本遺伝学会からのお知らせ「東北大学大学院農学研究科 附属複合生態フィールド教育研究センター 複合水域生産システム部教授公募」に関して

日本遺伝学会が「東北大学大学院農学研究科 附属複合生態フィールド教育研究センター 複合水域生産システム部教授公募」に関して発表した。    東北大学大学院農…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本神経学会からのお知らせ「抗補体モノクローナル抗体製剤 ソリリス®点滴静注300mg(一般名:エクリズマブ)の使用」に関して」(2018年1月11日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
泌尿器科 男性 53歳 泌尿器科 男性 53歳
以前の病院では定年後の再雇用制度がなく、不安な...
形成外科 女性医師 38歳 形成外科 女性医師 38歳
美容形成外科は未経験なので毎日が新鮮で日々勉強...
循環器内科 男性 35歳 循環器内科 男性 35歳
人柄はもちろん、なによりやりたかったカテーテル...
麻酔科専門医 男性 32歳 麻酔科専門医 男性 32歳
現在は、週4.5日勤務で月3~4回の当直勤務となり...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ