専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本核医学会からのお知らせ「2018年アジア核医学専門医試験」に関して

学会ニュース

日本核医学会からのお知らせ「2018年アジア核医学専門医試験」に関して

[2018.1.10]

日本核医学会が「2018年アジア核医学専門医試験」に関して発表した。

 

 第5回アジア核医学専門医試験が、世界核医学会の会期中、2018年4月21日(土)メルボルン、オーストラリアにて開催されますのでご案内申しあげます。

本試験に合格された方には、”Fellow of Asian Nuclear Medicine Board (FANMB)”の称号が付与されます。
詳細に関しましては下記をご覧ください。
http://aofnmb.org/examination/?board_name=Examination&mode=view&board_pid=12&search_field=fn_title&order_by=fn_pid&order_type=asc&board_page=1&list_type=list&ckattempt=1

 

受験者は45才以下、5年以上の核医学診療の経験を必要とし、履歴書、業績目録、各国のAOFNMB/ARCCNM代表(日本の場合は外山 宏)か日本核医学会理事長の推薦書、自己紹介文、WFNMB 2018への演題提出、医師免許とパスポートのコピーを提出します。国内からはすでに11名の先生がFANMBになっています。US$1000が旅費として支給されます(Group 1)。今年も年齢制限のないグループがあります(Group 2)。受験申請条件は、年齢制限を除いて同じですが、AOFNMBのメンバーである必要があります。

年齢制限なしのグループへの申請時にはグループ2(Group 2)とお申し込みください。

 

●受験申請書の申し込み締め切り:2018年1月15日

申請書をダウンロードし、必要書類を添えて下記にお送りください。
anmb.aofnmb@gmail.com

Group1の応募者多数の場合は受験者を選考した上、2月1日までにお知らせいたします。
試験内容:選択問題
口答試問 (症例提示でインタビュー形式)



Image from 日本核医学会

新着学会ニュース
日本視覚学会からのお知らせ「日本画像学会・日本視覚学会コラボレーション企画『視覚と画像の基礎講座(全4回)』」に関して

[2018.7.20]

全文見る

日本視覚学会からのお知らせ「日本画像学会・日本視覚学会コラボレーション企画『視覚と画像の基礎講座(全4回)』」に関して

 日本視覚学会が「日本画像学会・日本視覚学会コラボレーション企画『視覚と画像の基礎講座(全4回)』」に関して発表した。    昨年開催しました日本画像学…

画像診断がん見落とし 主治医に注意喚起

[2018.7.20]

全文見る

画像診断がん見落とし 主治医に注意喚起

 画像診断結果の確認不足によるがんの見落としが相次いだことを受け19日、日本医学放射線学会は各医療機関に対し、画像診断報告書を主治医が確認したかチェックするシス…

日本耳科学会からのお知らせ「側頭骨CT・MRI電子教材の公開 およびアンケートのお願い 」に関して

[2018.7.19]

全文見る

日本耳科学会からのお知らせ「側頭骨CT・MRI電子教材の公開 およびアンケートのお願い 」に関して

日本耳科学会が「側頭骨CT・MRI電子教材の公開 およびアンケートのお願い 」に関して発表した。    本耳科学会では第27回学術講演会のモーニングセミナー12「タブ…

福岡市がモデル事業を開始 「医療ケア児」保育所に看護師常駐

[2018.7.19]

全文見る

福岡市がモデル事業を開始 「医療ケア児」保育所に看護師常駐

 福岡市は、保護者の就労支援などを目的に医療的ケア児を受け入れるモデル事業を市立千代保育所(博多区)で始めた。ただ、普及に向けては対応できる看護師や保育士の確…

日本産科婦人科学会からのお知らせ「産婦人科未来委員会 若手委員公募」に関して

[2018.7.18]

全文見る

日本産科婦人科学会からのお知らせ「産婦人科未来委員会 若手委員公募」に関して

日本産科婦人科学会が「産婦人科未来委員会 若手委員公募」に関して発表した。   産婦人科未来委員会では、若手委員会の委員10名を募集いたします。奮ってご応募下…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本核医学会からのお知らせ「2018年アジア核医学専門医試験」に関して」(2018年1月10日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
内科専門医 48歳 男性 内科専門医 48歳 男性
転職して2年目に入りました。 2年目からは年収が1...
麻酔科専門医 男性 32歳 麻酔科専門医 男性 32歳
現在は、週4.5日勤務で月3~4回の当直勤務となり...
麻酔科 男性医師 48歳 麻酔科 男性医師 48歳
ありがたいことに病院側からも、これまでのキャリ...
麻酔科専門医 男性(40代) 麻酔科専門医 男性(40代)
外科の先生方とも打ち解けて、充実した日々を過ご...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ