専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 国内初の眼科施設 神戸に開業

学会ニュース

国内初の眼科施設 神戸に開業

[2017.12.7]

 目の病気に関する基礎研究から治療、リハビリまで総合的な対応に取り組む国内初の眼科施設「神戸アイセンター」(神戸市中央区)の開設記念式典が26日に行われた。患者診療を担う病院部分と、視覚障害者の日常生活を支援するロービジョン(低視力)ケアスペース「ビジョンパーク」が12月1日に開業。人工多能性幹細胞(iPS細胞)を扱う研究室や細胞培養施設も順次開設するという。

 

 センターは国の国家戦略特区として、神戸市が総事業費約40億円をかけて建設。2014年に目の難病患者に世界初のiPS細胞の移植を行った理化学研究所多細胞システム形成研究センター(神戸市中央区)の高橋政代プロジェクトリーダーらが企画に関わった。

 鉄骨7階建て(延べ約8600平方メートル)で、中心施設は眼科病院。市立医療センター中央市民病院の眼科が移転する。常勤医13人、非常勤医12人の体制で、二つの手術室に白内障治療用の最新医療機器を備え、30床の入院ベッドがある。

 5階は理化学研究所や民間企業がiPS細胞を使った目の再生医療を研究する施設が入居。6階では市の外郭団体「先端医療振興財団」がiPS細胞などの再生医療用の細胞を培養する。

 2階は視覚障害者のリハビリ支援機器や社会復帰をサポートするビジョンパーク。

●リーディング(セミナー、読書)

●リラクゼーション(音楽鑑賞、カフェ)

●キッチン(料理、工作)

●アクティブ(クライミング、ヨガなど)

●シミュレーション(疑似、見え方体験)-の五つのエリアがある。

 キッチンでは、包丁をなるべく使わないレシピ料理を体験できるほか、ホールド(突起物)が点滅するクライミング用の人工壁や視野の狭い人が運転の注意点を学ぶドライブシミュレーターなども完備する。

 また、目の見えない人や家族らにも漫才などを楽しんでもらおうと、12月16日には吉本興業のお笑い芸人によるイベントも開催する。

 

 式典後に会見した高橋リーダーは「最先端の研究とともに、見えない、見えにくいことに悩む人たちを支える社会づくりにも貢献する場にしていきたい」と話した。

 

新着学会ニュース
がん用語や制度について 医療者半数が知らない項目も

[2018.8.17]

全文見る

がん用語や制度について 医療者半数が知らない項目も

 第3期がん対策推進基本計画に盛り込まれた用語や制度に対する医師ら医療関係者の認識率に関して、国立がん研究センターのチームが調べたところ、医療者の半数も知らな…

日本内科学会からのお知らせ「診断プロセス向上WG 第5回ワークショップ-参加者募集」に関して

[2018.8.17]

全文見る

日本内科学会からのお知らせ「診断プロセス向上WG 第5回ワークショップ-参加者募集」に関して

日本内科学会が「診断プロセス向上WG 第5回ワークショップ-参加者募集」に関して発表した。 日本内科学会専門医部会診断プロセス向上ワーキンググループでは皆様の…

日本小児科学会からのお知らせ「重要なお知らせ(日本専門医機構)」に関して

[2018.8.14]

全文見る

日本小児科学会からのお知らせ「重要なお知らせ(日本専門医機構)」に関して

日本小児科学会が「重要なお知らせ(日本専門医機構)」に関して発表した。   日本専門医機構から下記通知がございましたので、掲載させていただきます。   …

精神保健福祉士国家試験の試験日など 厚生省が公告

[2018.8.14]

全文見る

精神保健福祉士国家試験の試験日など 厚生省が公告

 厚生労働省は、第21回精神保健福祉士国家試験の施行について官報で公告した。 試験日は2019年2月2日と3日で、北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県…

日本胸部外科学会からのお知らせ「日本胸部外科学会理事会からパブリックコメント募集」に関して

[2018.8.13]

全文見る

日本胸部外科学会からのお知らせ「日本胸部外科学会理事会からパブリックコメント募集」に関して

日本胸部外科学会が「日本胸部外科学会理事会からパブリックコメント募集」に関して発表した。     昨年の評議員会にてご報告いたしましたが、総合将来計画…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「国内初の眼科施設 神戸に開業」(2017年12月7日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
呼吸器内科専門医 男性 43歳 呼吸器内科専門医 男性 43歳
入職3か月後に内科部長に昇進し、現在は病院の診...
内科専門医 37歳 女性 内科専門医 37歳 女性
小さいお子さんをお持ちの先生がいらっしゃり(院...
外科専門医 女性(46歳) 外科専門医 女性(46歳)
想像していたより、今までの経験が生かせたことと...
産婦人科専門医 (女性 30代半) 非常勤・アルバイト 産婦人科専門医 (女性 30代半) 非常勤・アルバイト
前任の先生の勤務期間の都合で、当初の1ヶ月間は週...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ