専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本医学放射線学会からのお知らせ「日本専門医機構による新専門医制度開始」に関して

学会ニュース

日本医学放射線学会からのお知らせ「日本専門医機構による新専門医制度開始」に関して

[2017.10.10]

日本医学放射線学会が「日本専門医機構による新専門医制度開始」に関して発表した。

 

 10月10日(火) 12:00 より登録が可能です。それ以前にアクセスした場合は、ページが表示されない(IDの入力が要求される等)可能性がございますので、ご承知おきください。

 

 平成30年4月から新専門医制度による専門研修の開始が日本専門医機構より正式に表明されましたので、必要な手続きについてお知らせいたします。今後、放射線科領域の専門研修を希望する研修医(専攻医応募者)は以下の手続きを行ってください。なお、医師臨床研修(国の医師臨床研修制度による)を既に修了しているか、平成30年末までに修了予定の研修医が対象となります。

 

【日本専門医機構によるシステムへの登録】

  1. 放射線科領域の専門研修を希望する専攻医応募者は、日本医学放射線学会のホームページを窓口とした日本専門医機構のシステムに登録します。登録画面上のプログラム一覧から希望するプログラムを選択してください。複数のプログラムへの登録、他基本領域へ重複する登録はできません。期間内であれば登録の修正・変更は可能です。システムに関する相談は、日本専門医機構で対応いたします。今後の専攻医登録のスケジュールは以下のとおりです。

    ●予定
    【一次登録】
    • 平成29年10月10日~11月15日  専攻医応募者による登録期間
      (11月16日以降の登録・修正は一切できません)
    • 平成29年12月15日  専攻医応募者への採否結果通知
    【二次登録】(一次登録で採択されなかった専攻医応募者を対象)
    • 平成29年12月16日~平成30年1月15日 専攻医応募者による登録期間
      (1月16日以降の登録・修正は一切できません)
    • 平成30年2月15日  専攻医応募者への採否結果通知
  2. 【希望するプログラムへの連絡と応募】
    専攻医応募者は、研修を希望するプログラムの基幹施設の統括責任者と連絡をとり、「登録希望」を伝え、研修内容や条件などについて十分に理解を深め、調整を済ませたうえで登録を行うことをお勧めします。また、登録のみでは応募したことにならないので、必要な応募書類を基幹施設に提出してください。

 

※平成30年度以降の放射線科専門医研修を希望する者は、原則としていずれかの放射線科専門医研修プログラムに帰属するものとします。特段の事情がある場合には、日本医学放射線学会専門医制度委員会、および理事会での審議を経て、カリキュラム制での研修を許可する場合がありますが、プログラム制での研修が可能であると判断される場合は、カリキュラム制の自由選択は認めません。

日本専門医機構の連絡先:
TEL:03-3201-3930 FAX:03-3201-3931 E-Mail:senmoni@isis.ocn.ne.jp



Image from 日本医学放射線学会

新着学会ニュース
日本麻酔科学会からのお知らせ「HP改定による、掲載写真募集」に関して

[2018.4.26]

全文見る

日本麻酔科学会からのお知らせ「HP改定による、掲載写真募集」に関して

日本麻酔科学会が「HP改定による、掲載写真募集」に関して発表した。   広報委員会より、HP改定に向けトップページに掲載する写真、そのイメージ等を会員の皆様…

母子の健康を守るために 母子手帳国際普及へ初の制定

[2018.4.26]

全文見る

母子の健康を守るために 母子手帳国際普及へ初の制定

 世界保健機関(WHO)は国際協力機構(JICA)と連携し、日本発祥の母子手帳について国際的な普及促進に乗り出す。母子の健康を守るための有効な手段だと判断。各国が母子…

日本放射線技術学会からのお知らせ「第76回日本放射線技術学会総会学術大会の予定」に関して

[2018.4.25]

全文見る

日本放射線技術学会からのお知らせ「第76回日本放射線技術学会総会学術大会の予定」に関して

日本放射線技術学会が「第76回日本放射線技術学会総会学術大会の予定」に関して発表した。   平成31年度事業計画に基づき,第76回日本放射線技術学会総会学術大会…

新専門医制度 各学会の認定基準統一

[2018.4.25]

全文見る

新専門医制度 各学会の認定基準統一

「専門医」に関する制度が、4月から大きく変わった。    日本の医学・医療は、体の部位や病気などで分野が分かれ、関係する研究者や医師による学会があり、専門…

日本内科学会からのお知らせ「アテゾリズマブ(遺伝子組換え)製剤の最適使用推進ガイドライン(非小細胞肺癌)」に関して

[2018.4.24]

全文見る

日本内科学会からのお知らせ「アテゾリズマブ(遺伝子組換え)製剤の最適使用推進ガイドライン(非小細胞肺癌)」に関して

日本内科学会が「アテゾリズマブ(遺伝子組換え)製剤の最適使用推進ガイドライン(非小細胞肺癌)」に関して発表した。    厚生労働省医薬・生活衛生局より日本…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本医学放射線学会からのお知らせ「日本専門医機構による新専門医制度開始」に関して」(2017年10月10日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
消化器内科専門医 女性医師 38歳 消化器内科専門医 女性医師 38歳
契約もきっちりサポートしていただけて、納得の転...
内科 女性 36歳 内科 女性 36歳
コンサルタントの方が事前に勤務条件について医療...
消化器内科専門医 男性 45歳 消化器内科専門医 男性 45歳
スキルを磨ける職場を得られたと喜んでいます。
消化器内科 女性医師 36歳 消化器内科 女性医師 36歳
内視鏡の設備が整っていてやりがいを感じています...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ