専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本医学放射線学会からのお知らせ「日本専門医機構による新専門医制度開始」に関して

学会ニュース

日本医学放射線学会からのお知らせ「日本専門医機構による新専門医制度開始」に関して

[2017.10.10]

日本医学放射線学会が「日本専門医機構による新専門医制度開始」に関して発表した。

 

 10月10日(火) 12:00 より登録が可能です。それ以前にアクセスした場合は、ページが表示されない(IDの入力が要求される等)可能性がございますので、ご承知おきください。

 

 平成30年4月から新専門医制度による専門研修の開始が日本専門医機構より正式に表明されましたので、必要な手続きについてお知らせいたします。今後、放射線科領域の専門研修を希望する研修医(専攻医応募者)は以下の手続きを行ってください。なお、医師臨床研修(国の医師臨床研修制度による)を既に修了しているか、平成30年末までに修了予定の研修医が対象となります。

 

【日本専門医機構によるシステムへの登録】

  1. 放射線科領域の専門研修を希望する専攻医応募者は、日本医学放射線学会のホームページを窓口とした日本専門医機構のシステムに登録します。登録画面上のプログラム一覧から希望するプログラムを選択してください。複数のプログラムへの登録、他基本領域へ重複する登録はできません。期間内であれば登録の修正・変更は可能です。システムに関する相談は、日本専門医機構で対応いたします。今後の専攻医登録のスケジュールは以下のとおりです。

    ●予定
    【一次登録】
    • 平成29年10月10日~11月15日  専攻医応募者による登録期間
      (11月16日以降の登録・修正は一切できません)
    • 平成29年12月15日  専攻医応募者への採否結果通知
    【二次登録】(一次登録で採択されなかった専攻医応募者を対象)
    • 平成29年12月16日~平成30年1月15日 専攻医応募者による登録期間
      (1月16日以降の登録・修正は一切できません)
    • 平成30年2月15日  専攻医応募者への採否結果通知
  2. 【希望するプログラムへの連絡と応募】
    専攻医応募者は、研修を希望するプログラムの基幹施設の統括責任者と連絡をとり、「登録希望」を伝え、研修内容や条件などについて十分に理解を深め、調整を済ませたうえで登録を行うことをお勧めします。また、登録のみでは応募したことにならないので、必要な応募書類を基幹施設に提出してください。

 

※平成30年度以降の放射線科専門医研修を希望する者は、原則としていずれかの放射線科専門医研修プログラムに帰属するものとします。特段の事情がある場合には、日本医学放射線学会専門医制度委員会、および理事会での審議を経て、カリキュラム制での研修を許可する場合がありますが、プログラム制での研修が可能であると判断される場合は、カリキュラム制の自由選択は認めません。

日本専門医機構の連絡先:
TEL:03-3201-3930 FAX:03-3201-3931 E-Mail:senmoni@isis.ocn.ne.jp



Image from 日本医学放射線学会

新着学会ニュース
日本小児外科学会からのお知らせ「ワークライフバランス検討委員会 第5回 講演会」に関して

[2017.10.23]

全文見る

日本小児外科学会からのお知らせ「ワークライフバランス検討委員会 第5回 講演会」に関して

日本小児外科学会が「ワークライフバランス検討委員会 第5回 講演会」に関して発表した。   【第5回講演会のお知らせ(第33回日本小児外科学会秋季シンポジウム…

日本周産期・新生児医学会からのお知らせ「周産期学教育セミナー新規動画掲載」に関して

[2017.10.20]

全文見る

日本周産期・新生児医学会からのお知らせ「周産期学教育セミナー新規動画掲載」に関して

日本周産期・新生児医学会が「周産期学教育セミナー新規動画掲載」に関して発表した。    日本周産期・新生児医学会の教育・研修委員会では、学会員に対する周産期…

「病気腎移植」を「先進医療」として 厚労省部会、条件付きで了承

[2017.10.20]

全文見る

「病気腎移植」を「先進医療」として 厚労省部会、条件付きで了承

 19日、厚生労働省の先進医療技術審査部会は東京都内の病院が申請した「病気腎移植」を、「先進医療」として条件付きで認めた。腎臓がんなどの患者から摘出した腎臓を、…

日本産科婦人科学会からのおしらせ「市民とともに日本における子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの今後を考えるの開催」に関して

[2017.10.19]

全文見る

日本産科婦人科学会からのおしらせ「市民とともに日本における子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの今後を考えるの開催」に関して

日本産科婦人科学会が「市民とともに日本における子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの今後を考えるの開催」に関して発表した。    日本における子宮頸がん予防の適切な…

麻疹感染拡大の可能性 発症者の広範囲移動が原因か

[2017.10.19]

全文見る

麻疹感染拡大の可能性 発症者の広範囲移動が原因か

 17日、国立感染症研究所は今年の麻疹の患者数が今月8日までの集計で185人となり、昨年1年間の患者数(159人、暫定値)を超えたと発表した。9月には、入国した…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本医学放射線学会からのお知らせ「日本専門医機構による新専門医制度開始」に関して」(2017年10月10日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
総合内科専門医 男性(30代) 総合内科専門医 男性(30代)
これまでの大学病院勤務とはまったく異なる環境で...
放射線科専門医 43際 男性医師 放射線科専門医 43際 男性医師
新居からの通勤が便利な中規模の急性期病院に転職...
神経内科 女性 (35歳) 神経内科 女性 (35歳)
勤務体形についてこちらの希望に合わせていただけ...
形成外科専門医 女性(30代後半) 形成外科専門医 女性(30代後半)
初月は患者様の引き継ぎなどで大変でしたが、事務...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ