専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 「不育症」 香川県が患者支援へ

学会ニュース

「不育症」 香川県が患者支援へ

[2017.9.12]

 流産を繰り返してしまう不育症について香川は、治療のための助成金支給も視野に独自の患者支援を始める方針を固めた。今後、専門家の意見を聴いて必要な支援策をまとめ、早ければ来年度にも具体的な支援に入るという。

県によると、都道府県レベルでは全国11道府県で不育症の助成制度があるが、四国では初だという。

 

 不育症は、2回以上の流産や死産、もしくは生後1週間以内に乳児が死亡してしまい、子どもが得られない症状。日本産婦人科学会によると、不育症は妊娠した女性100人のうち4、5人程度の割合で起きるという。厚生労働省によると、全国で数万人の患者がいると推計されている。

 不育症はこれまで、検査や治療方針が定まってなく、自治体が助成の対象にするのが難しかったという。しかし2008年に厚労省による研究が始まり、11年に治療などに関する提言がまとまり、一定の治療方針が固まったことで医療保険適用も広がりつつある。

 

 県内には不育症を治療する専門の医療機関はないが、厚労省研究班の提言をもとに一般の産婦人科で一定の治療はできるという。県は今後、全国での先例や県内での患者の費用負担の状況などを調査し、必要な施策を決める。

 


新着学会ニュース
日本皮膚科学会からのお知らせ「講習会:受講申込み受付を開始」に関して

[2020.1.24]

全文見る

日本皮膚科学会からのお知らせ「講習会:受講申込み受付を開始」に関して

日本皮膚科学会が「講習会:受講申込み受付を開始」に関して発表した。    下記研修講習会の受講申込み受付を開始しました。 受講を希望する会員は,以下の会員専…

日本循環器学会からのお知らせ「循環器疾患の個別化医療実現のための疾患発症予測・予防プログラムに関する研究公募」に関して

[2020.1.23]

全文見る

日本循環器学会からのお知らせ「循環器疾患の個別化医療実現のための疾患発症予測・予防プログラムに関する研究公募」に関して

日本循環器学会が「循環器疾患の個別化医療実現のための疾患発症予測・予防プログラムに関する研究公募」に関して発表した。   【趣旨】  日本循環器学会では長…

がん細胞ほぼ消失 「液体のり」放射線治療でも期待の星

[2020.1.23]

全文見る

がん細胞ほぼ消失 「液体のり」放射線治療でも期待の星

 がん細胞に薬剤を取り込ませておき、中性子をあててがん細胞を壊す放射線治療で、薬剤に液体のりの主成分を混ぜると治療効果が大幅に高まることを東京工業大のチームが…

日本産科婦人科学会から「日本医学会遺伝学的用語についてご意見募集」に関して

[2020.1.22]

全文見る

日本産科婦人科学会から「日本医学会遺伝学的用語についてご意見募集」に関して

日本産科婦人科学会が「日本医学会遺伝学的用語についてご意見募集」に関して発表した。    この度、日本医学会医学用語管理員会 遺伝学用語改訂に関するワーキ…

健康測定に期待 

[2020.1.22]

全文見る

健康測定に期待 

 指や腕に巻いて脈拍を測るだけでなく、指紋や静脈を撮影して患者本人であることを確認できる極薄の撮像センサーを開発したと、東京大などの研究グループが21日発表した…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「「不育症」 香川県が患者支援へ」(2017年9月12日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
内科認定医 女性 53歳 内科認定医 女性 53歳
必要なら小児科も診るといったところを評価してい...
外科専門医 39歳 男性 外科専門医 39歳 男性
症例数が多くやりがいのある病院でとても充実して...
血液専門医 女性(30代後半) 血液専門医 女性(30代後半)
常勤復帰に最初は不安もありましたが、スタッフの...
透析専門医 男性(40代) 透析専門医 男性(40代)
今ではかなり時間に余裕ができ、オンコールからも...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

ページトップへ