専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 精神疾患の治療開発に期待 人間の注意力、訓練で向上

学会ニュース

精神疾患の治療開発に期待 人間の注意力、訓練で向上

[2017.8.10]

 認知機能に関わる脳の各領域のつながりを訓練で調整し、注意力を向上させることに、関西文化学術研究都市の国際電気通信基礎技術研究所(ATR、京都府精華町)などが7日までに人の実験で成功した。

精神疾患や認知症の治療法の開発につながる成果という。

 グループは山下歩研修研究員、ATR認知機構研究所の今水寛所長など。

 脳の活動を細かな部位ごとに見ることができる機能的磁気共鳴装置(fMRI)で、注意力の持続や抑制に関わる二つの領域「左一次運動野」「左頭頂外側部」を調べた。

 実験は20代男女30名に行った。

安静な状態で頭の中で右手の指を動かす想像を繰り返し、二つの領域の活動が連動しないときに得点が増える。4日間の実験後、連動性は低下し、別の実験で注意力の持続性が向上したことを確かめた。

 連動したとき得点が増える逆の実験では、注意力の持続性が低下した。脳のつながりを調整することで、注意力を向上させたり、低下させることができた。

 

 これまでの研究で、同様の実験の学習効果は2カ月以上維持されるという。

 脳の各領域のつながり状態は、自閉スペクトラム症(ASD)や統合失調症などの精神疾患や、認知症に関係していると考えられている。ATRは「脳のどのつながりが重要か分かれば、治療法が開発できる可能性がある」とし、臨床応用に向けては「倫理の専門家や医師とともに慎重に進め、社会の理解を得たい」としている。

新着学会ニュース
日本耳科学会からのお知らせ「側頭骨CT・MRI電子教材の公開 およびアンケートのお願い 」に関して

[2018.7.19]

全文見る

日本耳科学会からのお知らせ「側頭骨CT・MRI電子教材の公開 およびアンケートのお願い 」に関して

日本耳科学会が「側頭骨CT・MRI電子教材の公開 およびアンケートのお願い 」に関して発表した。    本耳科学会では第27回学術講演会のモーニングセミナー12「タブ…

日本産科婦人科学会からのお知らせ「産婦人科未来委員会 若手委員公募」に関して

[2018.7.18]

全文見る

日本産科婦人科学会からのお知らせ「産婦人科未来委員会 若手委員公募」に関して

日本産科婦人科学会が「産婦人科未来委員会 若手委員公募」に関して発表した。   産婦人科未来委員会では、若手委員会の委員10名を募集いたします。奮ってご応募下…

子どものぜんそく治療で保険適用された生物学的製剤

[2018.7.18]

全文見る

子どものぜんそく治療で保険適用された生物学的製剤

 気道の慢性的な炎症でせきが止まらず息苦しくなるぜんそく。最近、子どもの重症患者に使える新たな薬が出て、治療の幅が広がっている一方で、症状が軽いからといって放…

専門医局の7月1日~15日までの診療科別医師募集情報はコチラ!

[2018.7.18]

全文見る

専門医局の7月1日~15日までの診療科別医師募集情報はコチラ!

専門医局の7月1日~15日までの診療科別医師募集情報はコチラ!     ●内科:216  (総合内科28、呼吸器:37、消化器:36、循環器35、血液:5、腎臓…

日本救急医学会からのお知らせ「第12回 DSTC募集開始」に関して

[2018.7.17]

全文見る

日本救急医学会からのお知らせ「第12回 DSTC募集開始」に関して

日本救急医学会が「第12回 DSTC募集開始」に関して発表した。      この度、 IATSIC公認 DSTCTMコースを開催いたします。 2017年よりIATSIC認可のもと、日…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「精神疾患の治療開発に期待 人間の注意力、訓練で向上」(2017年8月10日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
泌尿器科 男性 53歳 泌尿器科 男性 53歳
以前の病院では定年後の再雇用制度がなく、不安な...
総合内科専門医 男性42歳 総合内科専門医 男性42歳
土日休みなのに収入はこれまでの倍近いという、条...
消化病専門医 男性(40歳) 消化病専門医 男性(40歳)
希望にかなり近い職場で、積極的にやらせていただ...
乳癌学会専門医・マンモグラフィー読影認定医 (女性 40代) 外勤アルバイト 乳癌学会専門医・マンモグラフィー読影認定医 (女性 40代) 外勤アルバイト
1ヶ月程度が経過しましたが、お話通りの勤務内容で...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ