専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 精神疾患の治療開発に期待 人間の注意力、訓練で向上

学会ニュース

精神疾患の治療開発に期待 人間の注意力、訓練で向上

[2017.8.10]

 認知機能に関わる脳の各領域のつながりを訓練で調整し、注意力を向上させることに、関西文化学術研究都市の国際電気通信基礎技術研究所(ATR、京都府精華町)などが7日までに人の実験で成功した。

精神疾患や認知症の治療法の開発につながる成果という。

 グループは山下歩研修研究員、ATR認知機構研究所の今水寛所長など。

 脳の活動を細かな部位ごとに見ることができる機能的磁気共鳴装置(fMRI)で、注意力の持続や抑制に関わる二つの領域「左一次運動野」「左頭頂外側部」を調べた。

 実験は20代男女30名に行った。

安静な状態で頭の中で右手の指を動かす想像を繰り返し、二つの領域の活動が連動しないときに得点が増える。4日間の実験後、連動性は低下し、別の実験で注意力の持続性が向上したことを確かめた。

 連動したとき得点が増える逆の実験では、注意力の持続性が低下した。脳のつながりを調整することで、注意力を向上させたり、低下させることができた。

 

 これまでの研究で、同様の実験の学習効果は2カ月以上維持されるという。

 脳の各領域のつながり状態は、自閉スペクトラム症(ASD)や統合失調症などの精神疾患や、認知症に関係していると考えられている。ATRは「脳のどのつながりが重要か分かれば、治療法が開発できる可能性がある」とし、臨床応用に向けては「倫理の専門家や医師とともに慎重に進め、社会の理解を得たい」としている。

新着学会ニュース
日本救急医学会からのお知らせ「人血小板濃厚液の使用時の安全確保措置の周知徹底」に関して

[2017.12.12]

全文見る

日本救急医学会からのお知らせ「人血小板濃厚液の使用時の安全確保措置の周知徹底」に関して

 日本救急医学会が「人血小板濃厚液の使用時の安全確保措置の周知徹底」に関して発表した。    厚生労働省より周知依頼がありましたので、お知らせいたします。 …

地理情報システム(GIS)活用で医療ケア必要な子を救う

[2017.12.12]

全文見る

地理情報システム(GIS)活用で医療ケア必要な子を救う

 医療的ケアが必要な子どもが増える中、滋賀医科大小児科の底田辰之助教が、地理情報システム(GIS)を活用した医療情報地図を開発中だという。子どもの医療データの…

日本感染症学会からのお知らせ「抗インフルエンザウイルス薬の使用上の注意に関する注意喚起の徹底」に関して

[2017.12.11]

全文見る

日本感染症学会からのお知らせ「抗インフルエンザウイルス薬の使用上の注意に関する注意喚起の徹底」に関して

日本感染症学会が「抗インフルエンザウイルス薬の使用上の注意に関する注意喚起の徹底」に関して発表した。    抗インフルエンザウイルス薬投与後の異常行動の発…

臓器移植 の海外渡航の患者支援 厚労省が保険給付検討

[2017.12.11]

全文見る

臓器移植 の海外渡航の患者支援 厚労省が保険給付検討

 国内で臓器提供が受けられず、医療的緊急性から海外渡航して移植手術を受ける患者に対して、厚生労働省は9日、患者が全額自己負担している医療費のうち、日本で治療し…

日本癌学会からのお知らせ「公益財団法人三菱財団平成30年度助成金公募」に関して

[2017.12.8]

全文見る

日本癌学会からのお知らせ「公益財団法人三菱財団平成30年度助成金公募」に関して

日本癌学会が「公益財団法人三菱財団平成30年度助成金公募」に関して発表した。   【第49回(平成30年度) 自然科学研究助成】 ①総額  約3億円(1件2千万円以…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「精神疾患の治療開発に期待 人間の注意力、訓練で向上」(2017年8月10日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
泌尿器科 男性 53歳 泌尿器科 男性 53歳
以前の病院では定年後の再雇用制度がなく、不安な...
産婦人科専門医 女性 38歳 産婦人科専門医 女性 38歳
今の仕事にはやりがいを感じています。 不妊症治...
放射線科専門医 女性(30代) 放射線科専門医 女性(30代)
環境に慣れてきました。専門医を取得してまだ数年...
産婦人科専門医 女性 (45歳) 産婦人科専門医 女性 (45歳)
仕事や結婚式の準備で自分では中々探す時間も取れ...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ