専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本周産期・新生児医学会からのお知らせ「「献血血液の研究開発等での使用に関する指針」の一部改正」に関して

学会ニュース

日本周産期・新生児医学会からのお知らせ「「献血血液の研究開発等での使用に関する指針」の一部改正」に関して

[2017.8.10]

日本周産期・新生児医学会が「「献血血液の研究開発等での使用に関する指針」の一部改正」に関して発表した。

 

 献血血液の研究開発等への使用については、「献血血液の研究開発等での使用 に関する指針」の一部改正について(平成 27 年3月 19 日付け薬食発第 0319 第 4号厚生労働省医薬食品局長通知)の別添「献血血液の研究開発等での使用に 関する指針」(以下「指針」という。)に基づき実施されているところです。

今般、下記のとおり指針の一部を改正することとしましたので、貴管内医療 機関及び市町村において血液製剤の安全性向上等の研究に携わる者に本指針改 正について周知願います。

 

                  記  

1.改正の趣旨 今般、「献血血液の研究開発等での使用に関する指針」について(平成 24 年 8月1日付け薬食発 0801 第1号厚生労働省医薬食品局長通知)の施行後5年が 経過することから、指針の規定に基づき、薬事・食品衛生審議会薬事分科会血 液事業部会運営委員会において、献血血液等の研究開発等への使用状況等を踏 まえた指針の見直しについて検討を行った。この検討の結果を受け、指針につ いて所要の改正を行う。

 

2.主な改正内容

(1) 適用範囲について 一般に販売されている血液製剤は指針の対象としないことを明記した。

(2) 献血血液等を研究開発等に使用できる者について 指針の対象となる献血血液等を疫学研究へ使用する場合について、これま では、採血事業者、血液製剤製造販売業者、国若しくは地方自治体が設置す 別紙 る研究機関により実施される研究又は公的補助金を受けて実施される研究 に限定して使用できることとしていたが、限定しないこととした。ただし、 指針の対象となる献血血液等の数量が限られている場合は、公的補助金を受 けて実施される研究又は行政上必要な検査等について優先的に使用するこ ととした。

(3) 関連法令の遵守について 再生医療等の安全性の確保等に関する法律(平成 25 年法律第 85 号)をは じめとしたインフォームド・コンセントに関連する法令(以下「再生医療等 安全性確保法等関連法令」という。)の対象となる研究開発等を実施する場 合においては、再生医療等安全性確保法等関連法令におけるインフォーム ド・コンセントに係る規定を遵守することを明記した。

(4) 「個人情報の保護に関する法律」(平成 15 年法律第 57 号)(以下「個情 法」という。)の改正に伴う見直しについて 個情法の改正に伴い、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」(平 成 26 年文部科学省・厚生労働省告示第3号)、「ヒトゲノム・遺伝子解析研 究に関する倫理指針」(平成 25 年文部科学省・厚生労働省・経済産業省告示 第1号)等の医学系研究に関する倫理指針(以下「関連倫理指針」という。) の改正が行われたことから、匿名化の定義の削除等、所要の改正を行った。 また、関連倫理指針の対象とならない研究開発等を実施する場合のインフォ ームド・コンセントの手続を追記した。

(5) 献血血液等の研究開発等への使用に係る手続の明確化について 献血血液等の研究開発等への使用状況及び研究成果の定期的な報告につ いては、年度毎に行うことを明記した。また、前年度から継続して献血血液 等の提供を希望する場合は、原則として、公募期間中に変更・追加申請書に 必要な資料を添付して申請することを明記した。

(6) その他 研究開発等に使用される可能性がある検体として、献血血液、血液製剤、 製造に伴って副次的に得られる残余血液等が含まれることから、これらを 「献血血液等」といい、指針名を「献血血液等の研究開発等への使用に関す る指針」に改めるとともに、前文等について記載整備を行った。

 

3.施行日 本通知は、平成 29 年8月1日から適用する。

 

その他詳細に関しましては、HPの該当ページよりご確認ください。



Image from 日本周産期・新生児医学会

新着学会ニュース
日本救急医学会からのお知らせ「人血小板濃厚液の使用時の安全確保措置の周知徹底」に関して

[2017.12.12]

全文見る

日本救急医学会からのお知らせ「人血小板濃厚液の使用時の安全確保措置の周知徹底」に関して

 日本救急医学会が「人血小板濃厚液の使用時の安全確保措置の周知徹底」に関して発表した。    厚生労働省より周知依頼がありましたので、お知らせいたします。 …

地理情報システム(GIS)活用で医療ケア必要な子を救う

[2017.12.12]

全文見る

地理情報システム(GIS)活用で医療ケア必要な子を救う

 医療的ケアが必要な子どもが増える中、滋賀医科大小児科の底田辰之助教が、地理情報システム(GIS)を活用した医療情報地図を開発中だという。子どもの医療データの…

日本感染症学会からのお知らせ「抗インフルエンザウイルス薬の使用上の注意に関する注意喚起の徹底」に関して

[2017.12.11]

全文見る

日本感染症学会からのお知らせ「抗インフルエンザウイルス薬の使用上の注意に関する注意喚起の徹底」に関して

日本感染症学会が「抗インフルエンザウイルス薬の使用上の注意に関する注意喚起の徹底」に関して発表した。    抗インフルエンザウイルス薬投与後の異常行動の発…

臓器移植 の海外渡航の患者支援 厚労省が保険給付検討

[2017.12.11]

全文見る

臓器移植 の海外渡航の患者支援 厚労省が保険給付検討

 国内で臓器提供が受けられず、医療的緊急性から海外渡航して移植手術を受ける患者に対して、厚生労働省は9日、患者が全額自己負担している医療費のうち、日本で治療し…

日本癌学会からのお知らせ「公益財団法人三菱財団平成30年度助成金公募」に関して

[2017.12.8]

全文見る

日本癌学会からのお知らせ「公益財団法人三菱財団平成30年度助成金公募」に関して

日本癌学会が「公益財団法人三菱財団平成30年度助成金公募」に関して発表した。   【第49回(平成30年度) 自然科学研究助成】 ①総額  約3億円(1件2千万円以…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本周産期・新生児医学会からのお知らせ「「献血血液の研究開発等での使用に関する指針」の一部改正」に関して」(2017年8月10日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
眼科専門医 男性(42歳) 眼科専門医 男性(42歳)
新規クリニックではないので、もともと患者さんも...
循環器内科専門医 男性(35歳) 循環器内科専門医 男性(35歳)
症例の増える土台はあるので、今後に期待していま...
内科専門医 女性 35歳 内科専門医 女性 35歳
連絡も頻繁にして頂き、私の状況を良く理解した上...
総合内科専門医 男性(39歳) 総合内科専門医 男性(39歳)
転居もスムーズに行き、新しい生活が始まり張り切...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ