専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本周産期・新生児医学会からのお知らせ「「献血血液の研究開発等での使用に関する指針」の一部改正」に関して

学会ニュース

日本周産期・新生児医学会からのお知らせ「「献血血液の研究開発等での使用に関する指針」の一部改正」に関して

[2017.8.10]

日本周産期・新生児医学会が「「献血血液の研究開発等での使用に関する指針」の一部改正」に関して発表した。

 

 献血血液の研究開発等への使用については、「献血血液の研究開発等での使用 に関する指針」の一部改正について(平成 27 年3月 19 日付け薬食発第 0319 第 4号厚生労働省医薬食品局長通知)の別添「献血血液の研究開発等での使用に 関する指針」(以下「指針」という。)に基づき実施されているところです。

今般、下記のとおり指針の一部を改正することとしましたので、貴管内医療 機関及び市町村において血液製剤の安全性向上等の研究に携わる者に本指針改 正について周知願います。

 

                  記  

1.改正の趣旨 今般、「献血血液の研究開発等での使用に関する指針」について(平成 24 年 8月1日付け薬食発 0801 第1号厚生労働省医薬食品局長通知)の施行後5年が 経過することから、指針の規定に基づき、薬事・食品衛生審議会薬事分科会血 液事業部会運営委員会において、献血血液等の研究開発等への使用状況等を踏 まえた指針の見直しについて検討を行った。この検討の結果を受け、指針につ いて所要の改正を行う。

 

2.主な改正内容

(1) 適用範囲について 一般に販売されている血液製剤は指針の対象としないことを明記した。

(2) 献血血液等を研究開発等に使用できる者について 指針の対象となる献血血液等を疫学研究へ使用する場合について、これま では、採血事業者、血液製剤製造販売業者、国若しくは地方自治体が設置す 別紙 る研究機関により実施される研究又は公的補助金を受けて実施される研究 に限定して使用できることとしていたが、限定しないこととした。ただし、 指針の対象となる献血血液等の数量が限られている場合は、公的補助金を受 けて実施される研究又は行政上必要な検査等について優先的に使用するこ ととした。

(3) 関連法令の遵守について 再生医療等の安全性の確保等に関する法律(平成 25 年法律第 85 号)をは じめとしたインフォームド・コンセントに関連する法令(以下「再生医療等 安全性確保法等関連法令」という。)の対象となる研究開発等を実施する場 合においては、再生医療等安全性確保法等関連法令におけるインフォーム ド・コンセントに係る規定を遵守することを明記した。

(4) 「個人情報の保護に関する法律」(平成 15 年法律第 57 号)(以下「個情 法」という。)の改正に伴う見直しについて 個情法の改正に伴い、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」(平 成 26 年文部科学省・厚生労働省告示第3号)、「ヒトゲノム・遺伝子解析研 究に関する倫理指針」(平成 25 年文部科学省・厚生労働省・経済産業省告示 第1号)等の医学系研究に関する倫理指針(以下「関連倫理指針」という。) の改正が行われたことから、匿名化の定義の削除等、所要の改正を行った。 また、関連倫理指針の対象とならない研究開発等を実施する場合のインフォ ームド・コンセントの手続を追記した。

(5) 献血血液等の研究開発等への使用に係る手続の明確化について 献血血液等の研究開発等への使用状況及び研究成果の定期的な報告につ いては、年度毎に行うことを明記した。また、前年度から継続して献血血液 等の提供を希望する場合は、原則として、公募期間中に変更・追加申請書に 必要な資料を添付して申請することを明記した。

(6) その他 研究開発等に使用される可能性がある検体として、献血血液、血液製剤、 製造に伴って副次的に得られる残余血液等が含まれることから、これらを 「献血血液等」といい、指針名を「献血血液等の研究開発等への使用に関す る指針」に改めるとともに、前文等について記載整備を行った。

 

3.施行日 本通知は、平成 29 年8月1日から適用する。

 

その他詳細に関しましては、HPの該当ページよりご確認ください。



Image from 日本周産期・新生児医学会

新着学会ニュース
日本皮膚科学会からのお知らせ「医療用ヘパリン類似物質製剤の美容目的処方等に関連する問題」に関して

[2018.2.20]

全文見る

日本皮膚科学会からのお知らせ「医療用ヘパリン類似物質製剤の美容目的処方等に関連する問題」に関して

日本皮膚科学会が「医療用ヘパリン類似物質製剤の美容目的処方等に関連する問題」に関して発表した。    第一報(10/16付け)、第二報(10/31付け)に続き、第三…

痛み・副作用の少ない最先端がん治療 重粒子線センターが大阪に来月開院

[2018.2.20]

全文見る

痛み・副作用の少ない最先端がん治療 重粒子線センターが大阪に来月開院

 がんの新しい放射線治療を行う「大阪重粒子線センター」(大阪市中央区)が3月に開院するのを前に、16日、内部が公開された。  重粒子線は放射線の一種で、従来の…

日本専門医機構からのお知らせ「2018年2月16日以降の専攻医登録スケジュールに」関して

[2018.2.19]

全文見る

日本専門医機構からのお知らせ「2018年2月16日以降の専攻医登録スケジュールに」関して

日本専門医機構が「2018年2月16日以降の専攻医登録スケジュールに」関して発表した。    5道府県(東京都・神奈川県・愛知県・大阪府・福岡県)につきましては、…

専門医局の2月1日~15日までの診療科別医師募集情報はコチラ!

[2018.2.19]

全文見る

専門医局の2月1日~15日までの診療科別医師募集情報はコチラ!

専門医局の2月1日~15日までの診療科別医師募集情報はコチラ!     ●内科:198件  (総合内科:37、呼吸器:36、消化器:26、循環器34、血液:7、…

「耐性菌」の広がりを抑えるために 使用しない病院に報酬支払いへ

[2018.2.19]

全文見る

「耐性菌」の広がりを抑えるために 使用しない病院に報酬支払いへ

 厚生労働省は誤った使い方によって薬が効かなくなる「耐性菌」の広がりを抑えるために、医師が乳幼児の風邪や下痢に抗生物質を使用せずに適切な説明をすれば、医療機関…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本周産期・新生児医学会からのお知らせ「「献血血液の研究開発等での使用に関する指針」の一部改正」に関して」(2017年8月10日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
消化器内科専門医 男性 45歳 消化器内科専門医 男性 45歳
スキルを磨ける職場を得られたと喜んでいます。
乳癌学会専門医・マンモグラフィー読影認定医 (女性 40代) 外勤アルバイト 乳癌学会専門医・マンモグラフィー読影認定医 (女性 40代) 外勤アルバイト
1ヶ月程度が経過しましたが、お話通りの勤務内容で...
血液専門医 女性(30代後半) 血液専門医 女性(30代後半)
常勤復帰に最初は不安もありましたが、スタッフの...
女性医師 内分泌・糖尿病・代謝内科 28歳 女性医師 内分泌・糖尿病・代謝内科 28歳
常勤医として健診クリニックへの転職をする前に、...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ