専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本精神神経学会からのお知らせ「国際学会発表賞(募集要項)」に関して

学会ニュース

日本精神神経学会からのお知らせ「国際学会発表賞(募集要項)」に関して

[2017.8.8]

日本精神神経学会が「国際学会発表賞(募集要項)」に関して発表した。

 

「国際学会発表賞」は日本精神神経学会の国際交流活動の活発化を目的として、国際学会で優れた発表活動をする若手会員の個人発表及びシンポジウム組織の演題を若干数選考し、授与する賞とする。

 

●対象:2017年1月1日から2017年12月31日の間に、海外・国内で開催される国際学会での口頭発表(ポスター発表は対象としない)

 

●賞金:

【個人発表部門】
 10万円(5件まで)

【シンポウム組織部門】
 30万円(2件まで)

 

●条件:

【個人発表賞】

  • 学会参加時に40歳未満もしくは精神科医10年目未満である
  • 申請は1名、1件とする(個人発表、シンポジウム組織の両方には応募できない)
  • 他からの助成を受けていない
  • 国際学会において口頭発表を行った場合に申請が可能である。(ポスター発表は対象外とする)
シンポジウム組織発表賞】
  • ・学会参加時に40歳未満もしくは精神科医10年目未満である
  • ・申請は1名、1件とする。(個人発表、シンポジウム組織の両方には応募できない)
  • ・他からの助成を受けていない
  • ・国際学会においてシンポジウムのコーディネーターを務めた場合に申請が可能である
    (シンポジストとして発表することは要件としない)
●応募方法:

下記「国際学会発表賞申請書」を用いて、推薦を得たうえで、日本精神神経学会事務局まで、Eメールにて送付ください。

推薦者情報の記入は必須です。
併せて、発表学会のプログラム等、発表したこと(もしくは発表すること)が証明できるものの写しも送付してください。

 

●書類送付先:日本精神神経学会事務局 国際委員会担当
E-Mail:jimu-kokusai@jspn.or.jp 

 

●締め切り:2017年9月30日

●選出:日本精神神経学会 国際委員会で選出を行う。

 

●受付のお知らせ:国際学会発表賞申請書受付後、5営業日以内に日本精神神経学会事務局から、受付完了メールを送ります。
国際学会発表賞申請書を送付いただいてから、2週間経過しても受付完了メールが届かない場合は、下記までお問い合わせください。

 

●問い合わせ先:

日本精神神経学会事務局 国際委員会担当
E-mail:jimu-kokusai@jspn.or.jp

なお、事前のお問い合わせがない場合は、提出期限を過ぎてからの応募受付は応じかねますので、ご了承ください。

 

 

 

 



Image from 日本精神神経学会

新着学会ニュース
日本皮膚科学会からのお知らせ「医療用ヘパリン類似物質製剤の美容目的処方等に関連する問題」に関して

[2018.2.20]

全文見る

日本皮膚科学会からのお知らせ「医療用ヘパリン類似物質製剤の美容目的処方等に関連する問題」に関して

日本皮膚科学会が「医療用ヘパリン類似物質製剤の美容目的処方等に関連する問題」に関して発表した。    第一報(10/16付け)、第二報(10/31付け)に続き、第三…

痛み・副作用の少ない最先端がん治療 重粒子線センターが大阪に来月開院

[2018.2.20]

全文見る

痛み・副作用の少ない最先端がん治療 重粒子線センターが大阪に来月開院

 がんの新しい放射線治療を行う「大阪重粒子線センター」(大阪市中央区)が3月に開院するのを前に、16日、内部が公開された。  重粒子線は放射線の一種で、従来の…

日本専門医機構からのお知らせ「2018年2月16日以降の専攻医登録スケジュールに」関して

[2018.2.19]

全文見る

日本専門医機構からのお知らせ「2018年2月16日以降の専攻医登録スケジュールに」関して

日本専門医機構が「2018年2月16日以降の専攻医登録スケジュールに」関して発表した。    5道府県(東京都・神奈川県・愛知県・大阪府・福岡県)につきましては、…

専門医局の2月1日~15日までの診療科別医師募集情報はコチラ!

[2018.2.19]

全文見る

専門医局の2月1日~15日までの診療科別医師募集情報はコチラ!

専門医局の2月1日~15日までの診療科別医師募集情報はコチラ!     ●内科:198件  (総合内科:37、呼吸器:36、消化器:26、循環器34、血液:7、…

「耐性菌」の広がりを抑えるために 使用しない病院に報酬支払いへ

[2018.2.19]

全文見る

「耐性菌」の広がりを抑えるために 使用しない病院に報酬支払いへ

 厚生労働省は誤った使い方によって薬が効かなくなる「耐性菌」の広がりを抑えるために、医師が乳幼児の風邪や下痢に抗生物質を使用せずに適切な説明をすれば、医療機関…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本精神神経学会からのお知らせ「国際学会発表賞(募集要項)」に関して」(2017年8月8日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
外科医 男性医師40歳 外科医 男性医師40歳
念願の麻酔科専門医の資格が取得できる環境。 勤...
総合内科専門医 男性42歳 総合内科専門医 男性42歳
土日休みなのに収入はこれまでの倍近いという、条...
皮膚科 女性医師 38歳 皮膚科 女性医師 38歳
週3日で夜勤もなく帰りには夕飯の買い物もでき、願...
内科専門医 37歳 女性 内科専門医 37歳 女性
小さいお子さんをお持ちの先生がいらっしゃり(院...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ