専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本腎臓学会からのお知らせ「第3回腎臓病療養指導士講習会」に関して

学会ニュース

日本腎臓学会からのお知らせ「第3回腎臓病療養指導士講習会」に関して

[2017.5.19]

日本腎臓学会が「第3回腎臓病療養指導士講習会」に関して発表した。

 

 日本腎臓学会では、日本腎不全看護学会、日本栄養士会、日本腎臓病薬物療法学会と共同で、標準的なCKDの保存療法を現場に浸透させることを目的に腎臓病療養指導士制度を立ち上げました。「腎臓病療養指導士」は、職種横断的な、CKD療養指導に関する基本知識を有すると認められる医療者に付与される資格で、対象は看護師、管理栄養士、薬剤師の3分野の方々です。

 

第1回目および第2回目の講習会に登録できなかった方々が多数おられたことを踏まえ、今回、下記の日時で第3回腎臓病療養指導士の講習会を実施することとなりましたので、ご案内申し上げます。

なお、本講習会の受講は、今後行われる予定の腎臓病療養指導士認定試験の応募要件の一つとなります。
 

                         記

 

【第3回腎臓病療養指導士認定のための講習会】
●日時:平成29年8月20日(日)10時~16時
●場所:東京医科歯科大学 M&Dタワー2階 鈴木章夫記念講堂
●参加費用:10,000円(テキスト代込):当日支払い
●募集人数:300名

※応募期間は2週間です。(5月22日午前10時~6月5日午後3時)
※応募者多数の場合には、職種の比率等を考慮し、日本腎臓学会腎臓病療養指導士創設に関する合同委員会で決定のうえ通知させていただきます。(参加確定の方には6月末までに通知いたします。)
※今回応募された方で第3回目講習会に参加登録できなかった方は、来年度の講習会に優先的に参加枠を割り振ります(但し、受講を保証するものではありません)。
※第1回目および第2回目の講習会に参加された方々は今回3回目の講習会には登録できません。

5月22日午前10時から日本腎臓学会のホームページ上にて応募を開始いたします。
腎臓病療養指導士認定のための講習会ホームページ

第3回腎臓病療養指導士講習会[PDF]

会場案内図[PDF]


【お問合せ先】
(一社)日本腎臓学会事務局 丸山まで:maruyama@jsn.or.jp
TEL: 03-5842-4131 FAX: 03-5802-5570


一般社団法人日本腎臓学会
理事長 柏原直樹
腎臓病療養指導士創設に関する合同委員会
委員長 要 伸也



Image from 日本腎臓学会

新着学会ニュース
日本リハビリテーション医学会からのお知らせ「指導医資格更新」に関して

[2017.9.26]

全文見る

日本リハビリテーション医学会からのお知らせ「指導医資格更新」に関して

日本リハビリテーション医学会が「指導医資格更新」に関して発表した。    「指導医の認定に関する内規」第5条で定めるとおり、指導医資格の更新には実績報告及び…

日本神経学会からのお知らせ「WCN2017・第58回日本神経学会学術大会 会場での認定更新単位登録をお忘れの先生方への対応」に関して

[2017.9.25]

全文見る

日本神経学会からのお知らせ「WCN2017・第58回日本神経学会学術大会 会場での認定更新単位登録をお忘れの先生方への対応」に関して

日本神経学会が「WCN2017・第58回日本神経学会学術大会 会場での認定更新単位登録をお忘れの先生方への対応」に関して発表した。    9月16日土曜日~21日木曜日…

新専門医制度 総合診療科のプログラム作成間に合わず登録開始日遅れる

[2017.9.25]

全文見る

新専門医制度 総合診療科のプログラム作成間に合わず登録開始日遅れる

 9月21日、日本専門医機構は東京都で記者会見を行い、来年(2018年)4月に運用開始を予定している新専門医制度の専攻医登録開始日が、9月1日に公表していた今年10月1日…

日本麻酔科学会からのお知らせ「2017年度支部学術集会単位反映の一部講習名誤り」に関して

[2017.9.22]

全文見る

日本麻酔科学会からのお知らせ「2017年度支部学術集会単位反映の一部講習名誤り」に関して

日本麻酔科学会が「2017年度支部学術集会単位反映の一部講習名誤り」に関して発表した。    9月1日,2日開催の2017年度支部学術集会の単位データについてマイペー…

エイズ感染者 九州で過去最多

[2017.9.22]

全文見る

エイズ感染者 九州で過去最多

 福岡県を中心に、九州でエイズ患者やエイズウイルス(HIV)感染者が増えている。東京や大阪など都市部を含め全国的には減少か横ばい傾向にあるだけに、九州の増加が…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本腎臓学会からのお知らせ「第3回腎臓病療養指導士講習会」に関して」(2017年5月19日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
小児科医 男性(38 歳) 小児科医 男性(38 歳)
前職と職務内容が近いのですが、異なるタイプの病...
呼吸器内科専門医 男性 43歳 呼吸器内科専門医 男性 43歳
入職3か月後に内科部長に昇進し、現在は病院の診...
放射線科専門医 男性(36歳) 放射線科専門医 男性(36歳)
勤務を続けながら転職活動をするのは大変でしたが...
消化器科 男性医師 (51歳) 消化器科 男性医師 (51歳)
条件についても申し分なく、何よりもこちらの病院...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ