専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本医学放射線学会からのお知らせ「必須講習会・指導医講習会」に関して

学会ニュース

日本医学放射線学会からのお知らせ「必須講習会・指導医講習会」に関して

[2017.5.17]

 日本医学放射線学会が「必須講習会・指導医講習会」に関して発表した。

 

【開催予定】

2017年

  • ●医療倫理
    2017年6月10日(土)10:50~11:50(予定) 第451回日本医学放射線学会関東地方会定期大会(開催地:神奈川県立かながわ労働プラザ(Lプラザ)[神奈川県横浜市])

  • ●指導者講習会
    2017年6月10日(土)10:00~11:00(予定) 第451回日本医学放射線学会関東地方会定期大会(開催地:神奈川県立かながわ労働プラザ(Lプラザ)[神奈川県横浜市]) 

  • ●指導者講習会
    2017年6月11日(日)8:30~9:30(予定) 第185回日本医学放射線学会九州地方会(開催地:久留米シティプラザ[福岡県久留米市]) 

  • ●指導者講習会
    2017年11月11日(土)(予定) 第317回日本医学放射線学会関西地方会(開催地:ホテルエルセラーン大阪[大阪府大阪市])

 

【必須講習会開催許諾・講師推薦依頼に関して】
 必須講習会を企画された場合には、開催許諾ならびに講師推薦について教育委員会にご依頼いただきますようお願いします。

申請に際しては、「必須講習会書式1」をダウンロードし、ご利用下さい。

 

【指導者講習会開催許諾・講師推薦依頼に関して】
 指導者講習会を企画された場合には、開催許諾ならびに講師推薦について放射線科専門医制度委員会にご依頼いただきますようお願いします。

申請に際しては、「指導者講習会書式1」をダウンロードし、ご利用下さい。



Image from 日本医学放射線学会

新着学会ニュース
日本アレルギー学会からのお知らせ「 保健文化賞、マンスフィールド-PhRMA研究者プログラム、日本学術振興会賞、慶應医学賞」に関して

[2018.2.21]

全文見る

日本アレルギー学会からのお知らせ「 保健文化賞、マンスフィールド-PhRMA研究者プログラム、日本学術振興会賞、慶應医学賞」に関して

日本アレルギー学会が「 保健文化賞、マンスフィールド-PhRMA研究者プログラム、日本学術振興会賞、慶應医学賞」に関して発表した。    日本アレルギー学会に寄…

医師偏在の度合いを示す指標を導入 少数区域勤務に動機付け

[2018.2.21]

全文見る

医師偏在の度合いを示す指標を導入 少数区域勤務に動機付け

 政府が今国会に提出予定の医療法と医師法の改正案の全容が18日わかった。 医師が少ない地域で勤務した医師を厚生労働相が認定し、認定を受けた医師を病院経営の責任…

日本皮膚科学会からのお知らせ「医療用ヘパリン類似物質製剤の美容目的処方等に関連する問題」に関して

[2018.2.20]

全文見る

日本皮膚科学会からのお知らせ「医療用ヘパリン類似物質製剤の美容目的処方等に関連する問題」に関して

日本皮膚科学会が「医療用ヘパリン類似物質製剤の美容目的処方等に関連する問題」に関して発表した。    第一報(10/16付け)、第二報(10/31付け)に続き、第三…

痛み・副作用の少ない最先端がん治療 重粒子線センターが大阪に来月開院

[2018.2.20]

全文見る

痛み・副作用の少ない最先端がん治療 重粒子線センターが大阪に来月開院

 がんの新しい放射線治療を行う「大阪重粒子線センター」(大阪市中央区)が3月に開院するのを前に、16日、内部が公開された。  重粒子線は放射線の一種で、従来の…

日本専門医機構からのお知らせ「2018年2月16日以降の専攻医登録スケジュールに」関して

[2018.2.19]

全文見る

日本専門医機構からのお知らせ「2018年2月16日以降の専攻医登録スケジュールに」関して

日本専門医機構が「2018年2月16日以降の専攻医登録スケジュールに」関して発表した。    5道府県(東京都・神奈川県・愛知県・大阪府・福岡県)につきましては、…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本医学放射線学会からのお知らせ「必須講習会・指導医講習会」に関して」(2017年5月17日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
乳癌学会専門医・マンモグラフィー読影認定医 (女性 40代) 外勤アルバイト 乳癌学会専門医・マンモグラフィー読影認定医 (女性 40代) 外勤アルバイト
1ヶ月程度が経過しましたが、お話通りの勤務内容で...
内科専門医 女性 35歳 内科専門医 女性 35歳
患者一人一人に時間をかけて診察するスタイルは、...
脳神経外科専門医 男性 58歳 脳神経外科専門医 男性 58歳
前職より年収が100万円さがりましたが、待遇改善さ...
消化器内科専門医 男性 45歳 消化器内科専門医 男性 45歳
入職1日目にある患者の話をきっかけに内科部長と外...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ