専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 12の医療・福祉分野の国家資格など  養成課程の一部を共通化の方針

学会ニュース

12の医療・福祉分野の国家資格など  養成課程の一部を共通化の方針

[2017.4.20]

 厚生労働省は、保育士、介護福祉士、看護師など12の医療・福祉分野の国家資格などについて、養成課程の一部を共通化する方針を固めた。

 保育や介護分野などへの労働力の移動を容易にすることで、人手不足が懸念されている福祉人材を確保するのが狙い。今年度中に有識者らによる検討会を発足させ、2021年度から順次実施する予定で、12の有資格者を合わせると500万人ほどという。

 

 医療・福祉分野の資格を取得するには、国が指定した専門学校や大学などで学ぶ必要があり、養成課程は資格ごとに異なる。このうち、同省は、社会福祉、保健、心理学など、学習内容の一部の教科や実技を再編成。職種横断的な「共通基礎課程」(1年程度)とし、それに加え、資格ごとの「専門課程」を学べば、それぞれの資格を取れる仕組みに改める。

 例えば、介護福祉士の資格を持つ人(約141万人)が新たに保育士(約131万人)の資格を取るには現在、基本的に2年間の課程を修了する必要がある。新しい仕組みにより、共通基礎課程を修了した介護福祉士は、1年程度で保育士の資格も取れるようになる。

 保育ニーズの高まりや高齢化に伴い、保育士は今年度末までに約9万人、介護福祉士など介護人材は25年に約38万人不足すると推計されている。都市部では、人材が集まらず、定員の上限まで高齢者や園児を受け入れることができないケースも出ている。

 ただ、人手不足が社会問題となる中、介護や保育など分野ごとに人材を確保するのは限界があるため、同省は、複数の資格を取りやすくすることとした。

 

 

新着学会ニュース
日本救急医学会からのお知らせ「人血小板濃厚液の使用時の安全確保措置の周知徹底」に関して

[2017.12.12]

全文見る

日本救急医学会からのお知らせ「人血小板濃厚液の使用時の安全確保措置の周知徹底」に関して

 日本救急医学会が「人血小板濃厚液の使用時の安全確保措置の周知徹底」に関して発表した。    厚生労働省より周知依頼がありましたので、お知らせいたします。 …

地理情報システム(GIS)活用で医療ケア必要な子を救う

[2017.12.12]

全文見る

地理情報システム(GIS)活用で医療ケア必要な子を救う

 医療的ケアが必要な子どもが増える中、滋賀医科大小児科の底田辰之助教が、地理情報システム(GIS)を活用した医療情報地図を開発中だという。子どもの医療データの…

日本感染症学会からのお知らせ「抗インフルエンザウイルス薬の使用上の注意に関する注意喚起の徹底」に関して

[2017.12.11]

全文見る

日本感染症学会からのお知らせ「抗インフルエンザウイルス薬の使用上の注意に関する注意喚起の徹底」に関して

日本感染症学会が「抗インフルエンザウイルス薬の使用上の注意に関する注意喚起の徹底」に関して発表した。    抗インフルエンザウイルス薬投与後の異常行動の発…

臓器移植 の海外渡航の患者支援 厚労省が保険給付検討

[2017.12.11]

全文見る

臓器移植 の海外渡航の患者支援 厚労省が保険給付検討

 国内で臓器提供が受けられず、医療的緊急性から海外渡航して移植手術を受ける患者に対して、厚生労働省は9日、患者が全額自己負担している医療費のうち、日本で治療し…

日本癌学会からのお知らせ「公益財団法人三菱財団平成30年度助成金公募」に関して

[2017.12.8]

全文見る

日本癌学会からのお知らせ「公益財団法人三菱財団平成30年度助成金公募」に関して

日本癌学会が「公益財団法人三菱財団平成30年度助成金公募」に関して発表した。   【第49回(平成30年度) 自然科学研究助成】 ①総額  約3億円(1件2千万円以…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「12の医療・福祉分野の国家資格など  養成課程の一部を共通化の方針」(2017年4月20日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
循環器科専門医 男性(39歳) 循環器科専門医 男性(39歳)
これまでは先ず勤務があり、その合間に家庭と自分...
放射線科専門医 43際 男性医師 放射線科専門医 43際 男性医師
新居からの通勤が便利な中規模の急性期病院に転職...
病理科専門医 男性(40代) 病理科専門医 男性(40代)
施設ごとに仕事の仕方はありますし、各スタッフの...
外科専門医 39歳 男性 外科専門医 39歳 男性
症例数が多くやりがいのある病院でとても充実して...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ