専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本結核病学会からのお知らせ「第172回関東支部学会 演題募集」に関して

学会ニュース

日本結核病学会からのお知らせ「第172回関東支部学会 演題募集」に関して

[2017.4.20]

日本結核病学会が「第172回関東支部学会 演題募集」に関して発表した。

 

第172回日本結核病学会関東支部学会・第226回日本呼吸器学会関東地方会
合同学会を下記の通り開催いたします。 多くの方々のご参加をお待ちしております。

 

【開催概要】

●会期:2017年9月2日(土)
●会場:つくば国際会議場
       〒305-0032 茨城県つくば市竹園2-20-3
●会長:舩山 康則 (筑波学園病院)

 

【募集演題】

初期研修医ならびに医学生の発表を積極的に受け付けております。

 

【発表形式】
 PCプレゼンテーションのみ(Windows/ Microsoft PowerPoint) 
 メディアはUSBメモリでご用意ください。
 動画は必ずWindows Media Player形式とし、データは作成したPC以外で動作を確認してからご持参ください。

 

【COI】

筆頭演者はCOIの申告と開示が義務付けられます。下記についてご対応の徹底をお願いいたします。

1.演題登録時にUMIN画面で申告
2.発表スライドのTOPにてCOIを開示

 

【演題申込要領】

全ての演題は、インターネットによるオンライン登録のみとします。本文内容は200字以内です。

 

【問い合わせ先】

第172回日本結核病学会関東支部学会・第226回日本呼吸器学会関東地方会 合同学会 
運営事務局 (株)サンプラネット 
坪井 千明、植原 駿太
TEL:03-5940-2614
E-mail:tb172@sunpla-mcv.com

 

【演題募集期間】

2017年4月19日(水)~6月7日(水)



Image from 日本結核病学会

新着学会ニュース
日本内科学会からのお知らせ「平成31年度(2019年度)開始プログラムの新規申請受付を開始」に関して

[2018.2.23]

全文見る

日本内科学会からのお知らせ「平成31年度(2019年度)開始プログラムの新規申請受付を開始」に関して

日本内科学会が「平成31年度(2019年度)開始プログラムの新規申請受付を開始」に関して発表した。    平成31年(2019年)4月から開始される内科領域の研修プログラ…

初の適正使用指針案 厚労省が高齢者の薬処方見直し

[2018.2.23]

全文見る

初の適正使用指針案 厚労省が高齢者の薬処方見直し

 何種類もの薬を併せて飲むことが多い65歳以上の高齢者に副作用などのトラブルが出るのを防ぐため、21日、厚生労働省は医師や薬剤師向けに薬の適正使用を求めた初の指…

日本核医学会からのお知らせ「放射線治療診療手技コードへのパブリックコメントご意見応募のご案内」に関して

[2018.2.22]

全文見る

日本核医学会からのお知らせ「放射線治療診療手技コードへのパブリックコメントご意見応募のご案内」に関して

日本核医学会が「放射線治療診療手技コードへのパブリックコメントご意見応募のご案内」に関して発表した。    近年、厚生労働省も医療行為集計の迅速化のためコ…

飲み込む音で誤嚥を判定 ウエアラブル機器製品化へ

[2018.2.22]

全文見る

飲み込む音で誤嚥を判定 ウエアラブル機器製品化へ

 筑波大学人工知能研究室は食べ物の飲み込み(嚥下)が正しくできているかを人工知能(AI)で判定するウエアラブル機器を2018年度中に製品化するという。4月にベ…

日本アレルギー学会からのお知らせ「 保健文化賞、マンスフィールド-PhRMA研究者プログラム、日本学術振興会賞、慶應医学賞」に関して

[2018.2.21]

全文見る

日本アレルギー学会からのお知らせ「 保健文化賞、マンスフィールド-PhRMA研究者プログラム、日本学術振興会賞、慶應医学賞」に関して

日本アレルギー学会が「 保健文化賞、マンスフィールド-PhRMA研究者プログラム、日本学術振興会賞、慶應医学賞」に関して発表した。    日本アレルギー学会に寄…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本結核病学会からのお知らせ「第172回関東支部学会 演題募集」に関して」(2017年4月20日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
麻酔科専門医 男性 32歳 麻酔科専門医 男性 32歳
現在は、週4.5日勤務で月3~4回の当直勤務となり...
形成外科 女性医師 38歳 形成外科 女性医師 38歳
美容形成外科は未経験なので毎日が新鮮で日々勉強...
循環器内科 男性(38歳) 循環器内科 男性(38歳)
求めていた環境に勤めることができ、満足しています。
血液内科 男性医師 38歳 血液内科 男性医師 38歳
精力的に気持ちよく働かせて頂いております。

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ